小学校教員華丸先生の連絡帳-投資教育と金融教育重点中-

教員である幸せ しばらくは投資記事に重点

小学校でこの時期することや投資、科学、健康、生活に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

カテゴリ: 教員採用試験

研修講師の見方

研修を頼まれることがあります。統括指導主事の先生に教えてもらったコツ。
統括指導主事なんていうと教育委員会の大ボスのような気もしますが、私たちを支えてくれるスタッフと考えてください。私たちを側面から支援してくれるポジションです。
研修をする側からの見方がわかれば、受講生も受講するポイントが見えて得をすると思うので記事にしておきます。

研修講師ははさまれます。


2点の板挟み
  1. 伝えないといけないこと(受講生にとって本当に必要なこと)
  2. 伝えたいことがある。
これがズレないように教える。つまり苦手な料理を食べさせるようにストーリーを描けという教えです。
そのためには、戦略が必要になります。

戦略とは何をねらうのかである!

言語活動の大事さを体感させる。などと決めておきます。
そのためには?戦術が必要である!

誰もがびっくりするネタを持ち出す。 


インパクトがあるほうがいいですよね。例えば、テレビ番組 わらってはいけない科学からひっぱるなら、こんな場面をみせます。




これが言語活動の充実の具体例


その次に、なぜこの現象が起きたかの話し合いをさせます。
そして、話し合いを発表させます。
説明するためにメモをとりましょう。
聞き直しをしていきましょう。
そこで、ご概念や本当はどうなのか、などを話し合い活動により深めていきます。


これであれば戦略を保って(ねらいが達成されて)展開します。
もしもこの現象だけを見せれば、テレビでみたものだ!などの意見が飛び交うだけになり言語活動の充実がありません。

戦略を立て(受講者のレベル・対象)
戦術を考えて(若い子向けの実験か、誰にでも受けるものか、しっとりくるものか)
伝え方を考える(間の取り方など)


言語活動の充実についてというねらいのもとであれば、この展開は子どもに行なったとしてもバッチリになります。
(子どもに慣れさせておくと研究授業がうまくいきますが、難易度は高めの展開例です。)
















 

みなさん自分の武器って何かありますか?

特に、若手教員のみなさん。
あなたたちの武器は何ですか??

そう、それはズバリ・・若さです。 


子どもたちはどんなことを期待しているのか。
 

「遊んでくれるかな?」「楽しく色んな話できるかな?」  


ベテランの先生は技術などが素晴らしいです。なので、若手のみなさんは親しみやすさを武器にしてください。休み時間に遊んでくれる先生は子どもたちにとってもとても魅力的です。

外遊びが苦手でも来てくれるだけできっと大喜び。
中でおしゃべり、それもまたいいですね。

簡単なことだけれど、これで子どもたちとつながることができます。
毎日は難しくても、少しでも子どもたちと遊んであげてください。


 
 

クラスに不器用な子っていませんか? という私も不器用な方ですが。笑

4年生や5年生では図工で版画などで彫刻刀を扱うことがありますね。
彫刻刀を不器用な子たちが扱うことは冷や冷やします。怪我をするのではないかと・・


そう。小学校現場で働いていると怪我の恐れがある場面がたくさんあります。
体育や図工、理科など。


もちろんこちらも気をつけてはいますが、どうしても起こってしまうことがあります。
そのときの対応はどうしていますか? 


私は、もちろんかすり傷くらいならば驚くことはないですが、消毒や絆創膏を貼ったりと丁寧に対応するようにしています。
少し大きな傷や打撲はできるだけ保健室に連れて行くようにしています。私は医者でも看護師でもありません。素人判断で保健室に連れて行かず、そのまま家に帰すと、お家の人が「どうして保健室に連れて行ってくれなかったんだ」と思いかねません。


保護者にはどこから連絡しましょうか。
まずは首から上の怪我は連絡します。特に顔などは傷が残ってしまうと大変ですしね。
また、捻挫など生活に少し支障をきたす場合も連絡をします。

もちろんですが、病院に連れて行く場合も連絡をします。
勝手に病院に連れて行くと、「そんなことまでしなくていい」と言われる場合もありますので、
注意が必要です。


「まあいっか」が命取りになります。ひょんなことから信頼を失うと、その後の学級経営にも関わるので気をつけたいですね。
 

学年通信のイラスト お金もかからないすぐに貼り付けることができる方法

よくある学級通信のイラスト
 

  1. 職場にある古いイラスト集をはりつける(歴史的なあのぼんやりした?イラスト集)
  2. 自費で購入したCD付きイラスト
  3. 切りはり・お手製
ベストはお手製です!これは好みが分かれます。

いらすと屋は商用利用OKで手間いらずです。

いらすと屋はインターネットで公開されているイラスト集です。
すばらしいのは、登録の手間がいらず(これは重要!)、商用利用可能です。
つまり、インターネットでコピーして学級通信にはりつけることができます。
説明はこちらをご参考に。


サイズも小さいのでワードが重たくなることもあまり心配がいりません。

今までの方法と何が楽になるのか。

  1. インターネットでいらすと屋の中で検索をかけてそのまま、コピーして貼り付けることができる。
  2. 実際の紙のイラスト集を切り取りしてはりつけるというあの地味な作業がいらない。
  3. イラスト集と比べて重たくない。
  4. でも、手書きや最新のイラスト集のほうが見栄えはいいと思います!

その他ご紹介としては、以下のものが有名です。

足成
フォトAC

上2つの私個人が感じている
問題は、メールアドレスのことや利用規定が細かいことです。
これであれば、私はお金を払ってイラストCDを買いますね・・・。
しかし、お金を出したくない人にとってはいいサイトだと思います。
以上は個人の感想であり、使用をすすめるものではありません。
使用にあたっては規約をよく読まれて自己責任でお願いします。 

 
メニューを書いておきます。

始めに本日の時間配分についてお話します。

担任の紹介             3分)

保護者の方の自己紹介         10分)

学級経営方針                      5分)

学習指導                 5分)

生活指導                 10分)

連絡                                   5分)

終わりの言葉                      3分)

PTAの学級役員さんがいらっしゃったら、紹介して
ありがとうございますと一言添えると良いでしょう。 

以前紹介した記事をもとに繰り返して効果が見られる面白作文を実行しましょう。
データもすべてこの記事にあります。

だいじなことは、ルール作りをさせるなど明確な意思をもつ(これは時間を守らせるためにしたい。言葉遣いを教えたいなど子どもにいっていいと思います。)。
面白く学んで欲しいと伝える。
繰り返して、ルールをこまめに指導する。
自分の行動を直接注意されるわけではなく、ゲーム上のルールとして進むので子どもも理解しやすい。また周囲の子が何より「それは、先生のいうとおり(確かに先生の言う通りにしないと面白くないよ。)の状況が自然にできます。」
誰だって楽しみたいのです。
先生だって、楽しんでいきましょう。

 

こんにちは。華丸です。

春休みに次の学年をイメージすることは大切です。
若いやる気のある先生は、もうすでにおそらく自分がその学年であることを見越して行動をしています。
自分が受け持つのが違う学年なら?
用意した資料を、あげればいい!
春休みにしっかり遊んでと考えることも大切です。
一方で、このように頑張っている先生もいることに感動しました。

4年(以上)の担任の場合、大きい活動は代表委員会そしてクラブ活動です。

代表委員会って何?子どもにどう説明する?先生はどう動く?

概論

代表委員会の活動は、4年生の中から2人ほど学級を代表する委員として選びます。
学校がこういう方向になって欲しいという意見を学級レベルから意見を吸い上げるための人ですね。
だから、話せて聞ける子どもが望ましい。
でも、人前に出ることに挑戦したいと考える子どもも育てたいところですね。
「できるからさせる」よりも「取り組んでみたい子どもに取り組ませる。」のが学校です。
ちなみに、代表委員会の子どもはその学年の放課後に参加する必要があったり、授業の合間に抜け出したりなど負担がありますので、習い事などに細かいお家の場合はご家庭と相談になりますね。

子どもに伝えるイメージ

4年生になると学級でみんなの意見を学校全体に届けるお仕事があります。それが代表委員です。
みんなが帰る時間に1時間だけ残る日がでます。
でも、学級を代表する大事なお仕事です。お話したり、聞いたりすることがあるのでそういうことが得意な子が楽にはできます。
でも、話すのが苦手でも頑張ってみたいと思う人は自分が上手になるかもしれないチャンスです。頑張ってみたいと思えば挑戦してみましょう。


委員会活動

5・6年になると学校全体のために行う活動として委員会活動があります。これは、学校の美化を担当する委員会であったり、保健の委員会であったりと様々な活動があります。
支援する先生は、全教職員になることが多いです。そのため、委員会のある時間は1−6年まで授業がなく、担当の委員会でお仕事をします。

大事なこと

・委員会活動の時間はどの学年も授業がない(再確認)
・放課後に子どもを残すことはできません。帰らせてから参加します。

1・2・3年の先生であれば、そもそも授業がないので帰らせればそのままいけますので、準備などはこの先生方がされるのが適当です。
4年の先生は忙しいと思います。子どもを帰らせながらドタバタと参加になります。
5・6年の先生であれば、委員会活動のあるそれぞれの教室に移動させます。

委員会活動ノートを取りに行かせて、過去の活動を参考に進めながら新しく取り組みたいことを入れていくことが定石です。

学校の用語でわからないことがあれば是非聞いてください。










 

 4月の国語の学習は音読をテーマとした教材が多いですね。
4月に学習参観がある場合は音読発表会をするのが楽かもしれません。

子どもには、すぐに音読ができる子どもももたつく子どももいます。先生や友達には言えないけど、文字が読めない・漢字が読めない子もいます。そんな子のことも考えた音読の授業。


音読の単元のはじめに

  1. 鉛筆をもちます。
  2. 音読をします(CDでもよい)ので、読めない字や読むことが上手になりたい人は少しでも気になった漢字にはふりがなをうちます。
そうすると、全員が文章のリズムを感じながら、読めない文字や自信のない字にふりがなをふることで、家庭の音読で保護者のかたに叱られることも減ります。

音読2回目

1.文章理解を得るためには何度も聞くことが大切です。次のめあては、
2.黒板にめあてと書いて、話を聞いた感想を書こう。とします。
3.そうすると、登場人物の気持ちや自分ならどうするか・この文章がいいたいことは何かなどめあてにもちながらお話を聞くことができます。
4.子どもから3.の話が出ない場合は、黒板に例えば3.のようなことを意識して聞いてみようと書いておくといいでしょう。

そして感想を書かせる。これで1時間は効率的に進みます。
感想はなかなか書けない場合もありますから、その場合は書かせる時間を取ってからすぐにそれぞれに発表をさせて書いていないことでも発表していいよといいます。さらに、友達の話を聞いて「なるほど」と思ったことや「新たに浮かんだ考え」を発表してみよう。というと記述では難しい子どももがんばって発表することができます。
発表が苦手な子どもは書いて表現することができますね。


まだ時間があれば、気に入ったところを視写(文章を見て書く。)させるといいでしょう。

簡単だけど、子どもの立場ではふりがなを気にせずにうてることや初読で感想を書くよりは楽です。





 


 
カバンの中身にいれておくといいもの

封筒・はがき・切手
お礼状やメールでは返しにくい外部の人などと連絡のやりとりがすぐにできます。

筆記用具とメモ帳
管理職対応や保護者などのお話の備忘録に使えます。

クリップ・ふせん
書類を一時的にはさみこみたいときや、後で読む・コピーをとるなどのときが多いのでおすすめです。

クリアフォルダ 
書類を折り曲げない
移動中に書類の整理をしたいときに便利です。

本・雑誌 
勤務後に保護者の方がこられることが多いので、待ち時間などに読む。
付せんなどをしておくと目印になってあとで読み返すことができます。

ノートパソコン
写真の整理をしたり、支障のない範囲で書類を隙間時間に作成することができるので便利です。

スマートフォン 
写真を撮影する。予定をみる。時間つぶしをするのには役立ちます。

このリストを硬質ファイルにはさんでカバンの中に入れておきます。
時間のあるときに、カバンの中にあるか確認しておくといざというときに便利です。
 

年度初めって学級開きに気が取られがちですが、
大丈夫ですか??


配布・回収書類がとっても多いですよ・・・


今頃、職員室では年度初めに配る書類を整理している事かと思います。
そこには個人情報が書かれた書類も多いと思います。
初日の三時間はやることが多く、ついついミスをしがち。

単なる学年便りならなくしても印刷すればいいから大丈夫。
しかし、保健や住所などの書類は教師がなくしたら大問題ですよ!!
 確実に子どもの手元に渡るように、まずは全員分あるか確認しましょう。

どのように配るかも大切です。1つ1つ配るのもいいですが、何か封筒にまとめて配ることが良いかと思います。その際も、確認は大切です。

配られたら、子どもたちは「何かな〜」と広げだします。悪気はないので、「それはなくしたら大変だからすぐにしまおうね」と伝えましょう。もしくは、配布書類を子どもにもチェックしてもらう、ダブルチェックもできますが、書類まみれになり、なくしそうでオススメとはいえません。 


では、次は回収です。2日目が回収日になるものも多いかと思います。
 その際に、集め方を工夫すると後の仕事が楽になります。

書類によって出席番号順だったり、男女別の出席番号順だったりと順番が指定されていると思います。
子どもから回収する際に、出席番号順に集めます。
やり方としては、個人情報を見られることがとても気になる場合は出席番号順に一人一人持ってきてもらう。(少し時間がかかります)
もしくは、5の倍数の出席番号の子が回収する。(5番なら1〜5番の子の書類を集める、10番なら
6〜10番といったように)

こうすることで、後で並べ替える必要がなくなります。

その際に必ず教師はチェック表を用意しておき、忘れをチェックします。その場でやるのです。
後で確認はオススメできません。提出していない子たちが「本当に忘れたのか・教師に渡してどこかにまぎれたのか」どちらか判断しかねます。

個人情報のある書類が紛失することは大きな問題です。
また出だしから、保護者の方と一悶着。なんて嫌ですよね。そうならないためにも、確実に書類は配布・回収をしたいですね。そのために、「いつ配布するのか、いつ回収するのか」を計画を立てて時間を決めておきましょう。
 

さて、始業式が近づいてきましたね。
今年も色んな教室であらゆる学級開きが行われると思います。

みなさんはどんな学級開きをしていますか?
今日は何をしたらいいかわからない人にここはというポイントを伝えます。

大切なのは、
①クラスのルールを伝える。
②なんだか良さそうな先生だと思ってもらう。

ことです。

まずは「①クラスのルールを伝える」から。
 初日は結構バタバタしますよね。教科書など配るものが多かったり、集めるものもあり、
時間がかかります。しかし、 子どもとコミュニケーションを取ることはあります。そこで、私は初日から、クラスのルールを伝えていきます。

配りものを確実に配るために私は教師の自己紹介は後にして、配りものを先にします。こちらはご自由に。私は忘れっぽいので。笑


まず配ることが必然と多くなるので、配り方を指導します。前から後ろに順番に子どもたちが配布物を送っていくのですが、ほっておくと片手で適当に渡そうとします。しかし、それでは、渡される側の子の目に当たる危険もあります。
そこで体を向けて、両手で渡すことを指導します。


おそらくここで、配布物について説明することがあると思います。そこで子どもたちから質問ががあるでしょう。その時は、聞く姿勢を作ることや挙手をさせるチャンスです。手をあげていたら褒めて伝えます。「◯◯さんのように質問があったら手をあげてくださいね。」など。説明途中で話に入ってきて質問をしだしたら「説明が終わってから、手をあげて質問をしてね」と伝えます。となりと話しだしたら、「周りの人が聞こえなくなるよ。先生が話をしているときは、静かに聞きます。」や「手はひざに」などと伝えます。

同時に丁寧な話し方も指導できますね。
「なあ先生これって◯◯でええん?」というように、ついついタメ口で話しちゃう子や試し行動をする子もいます。すぐにピシッと伝えます。「先生もていねいな言葉を使うようにしています。君たちも頑張ってみようね」や「社会に出たら丁寧な言葉を使わないといけないよ。練習をこの教室でしよう」など伝えて指導します。

これらの聞く・話す・配ることは毎日子どもたちが行う動作なので、
初日からルールを浸透させていきたいですね。



さて、今度は自己紹介をどうするかについて伝えます。








 

掃除係の中にチェック係がいるとお得なこと

子どもたち自身が掃除の方法や自分の掃除の方法を確認することができます。
教師の掃除確認を補うような役割にもなります。
掃除チェック係の
はじめの数分は、手薄なところの掃除や教師の手伝いをお願いします。
その次に、掃除チェックを各場所で見にいくこと、掃除が雑なところを教えてもらいます
(子ども同士で注意をするともめるので、みていってもらう)。
掃除時間中に注意をしてもいいが、その子どもが責められるとかわいそうなので、同じ場所で
掃除が雑なことが続けば重点的に見に行くなどの方法に切り替えるなどの作戦を立てるためのざいりょうになります。
くれぐれも掃除終わりに、誰が掃除していないかなど責めないことが大切です。
掃除の方法や教師がこまめに見て掃除の仕方を声かけしていくことが大切です。


トイレ掃除チェック表(エクセル





 


入学式




入学式のその後に! 

入学式も半日で終わって、やっと一息。いよいよ学級のお仕事ができそうですね。あっ、会議が・・・
そんな1日が続きますよね。
学年の仕事は4月1日から3日の記事をご参考にください。

会議でメモ

・分からない言葉などには、蛍光ペンでコピーそして、縮小印刷して手帳にはさみます。手帳の作り方
 は本ブログにありますので、ぜひご利用ください。
・基本的には質問はせずに終わってから聞きましょう。企画会で十分に練られている話だと思います。
 意見がどうしてもあるときはもちろんいいと思いますが、主宰は校長で決定権も校長になっていま
 す。はじめからもめることは勧めません。

やっと学級のお仕事

重複しますが、時間割
時間割の決め方は、専科や少人数の先生の授業や体育などの特別教室や場所を必要とする割り当てが決まってから決めます。
午前中に集中させる教科をいれることをおすすめします。

・給食当番を決めましょう。

 ルールはしっかり伝えます。配膳中の立歩きなどはさせてはいけません。ここがいい加減だとトラブ
 ル続出です。
・指導要録をわけます。
・子どもの教科書を教室に運んでおくと大慌てしませんが、これは職場によってはダメですから確認し
 ましょう。
・子どもの名前を覚えます。
・指導用教科書を2週間分はコピーして持ち帰ります。
・配布プリントがすぐに配れるように準備しておきます。



ひとつずつ終わらせていきましょう。慌てずひとつずつこなしましょう。
子どもたちむけの楽しい挨拶も用意しています。ブログで探してみてください。
明日はぴっぴちゃん。最近では名刺。他にもたくさんありますよ。私は手品も用意しています。
どうすればルール説明ばかりではない楽しい学期始まりが演出できるかが勝負ですね。



IMG_6549


ふわふわぴっぴちゃんで学級開き

楽しい始まりにするには、この先生はちょっと違う面白さがあるなぁと知的な好奇心を刺激してあげるといいと思います。不思議なうごきをするぴっぴちゃんを作ってみましょう。(インスタグラム動画ありです。)
子ども達とせっかくの出会いです。持ち上がりでも、初めてでも出会いを工夫すると先生も子どももとっても楽しくなります。 

用意するもの

ふわふわぴっぴ


はさみ
うすーい発泡スチロール(100円均一などで包装用のできるだけ薄い発泡スチロール)
シール(おもさを調整することにつかいます。)


やり方

IMG_6550

  1. はば14cm全長6cmの鳥の形を下書きする。(子ども全員に作らせる場合は型紙を作っておくと便利です。)
  2. 水性マジックで鳥の形をなぞる(油性だと発泡スチロールがとけてしまいます。)
  3. はさみで切る。
  4. 丸テープを頭から半分はみだすようにして表裏に重ね貼りをする。
  5. 完成です。
  6. 完成です。
IMG_6549




学級開きの数日後にという方法もあります!

学級開きでの声かけ
  1. 先生になついている鳥を今日はもってきました。
  2. 名前はぴっぴちゃんです。といいながら、鳥を飛ばす。
  3. ぴっぴちゃんは先生のいうことをとってもよく聞くので、右に行けと念じれば右にいきます。(少しだけ羽の先をおる)。
  4. そうすると、右に飛ぶ(練習しておきます。)
  5. みんなもお話が聞けるよい子に育ってくださいね!という。
  6. みんなもぴっぴちゃん作ってみませんか?
  7. 4月▲日から後に作ってみましょう。

  8. お家でも見せてあげてくださいと声をかけておくと、学校での楽しい1日を家庭に伝える効果が狙えます。


以下は頭の片隅にいれておくこと

子どもに新学期すぐに作らせるかどうかは学級の様子を観察してからでもよい。
失敗した子どもには先生のぴっぴちゃんを大量に作りあげる。
 
インスタグラム動画はこちら

今やっとくと後で幸せになることをしておくといいですね。



入学式準備



入学式準備は1日ずっとかからない! 

入学式準備は午前中で終わることが多いですね。そうなると午後にできるのは、学年の仕事か学級の仕事。学年の仕事が優先ですが、終わっているときには学級の仕事をしましょう。
学年の仕事は4月1日から3日の記事をご参考にください。

学級レシピ 確認しておくこと。 

・指導書を確認しましょう。4月分はコピーしておくと便利ですよ。
・机・いすの大きさや数はあっていますか?あっていなければ、教務主任の先生に伝えます。
・給食当番表を作りましょう。円盤のあのよくあるやつか、一人一役にするかです。私は一人一役派
 です。全員が分担場所を決めて掃除をすることは大事です。
・タブレットやスピーカー・テレビは映りますか?動かない場合は、視聴覚主任の先生に相談です。
・教室の掃除をしましょう。
・音読の用紙を決めよう。
・計算ドリルと漢字ドリルをみる。漢字小テスト問題を作ろう。
・背面掲示として詩や作りもの(チューリップなどの掲示)をするならしましょう。よく分からないと
 きは行事予定を書くのもいいと思います。
・朝の会・先生がいないときにどうするかを書いた紙を作成しておきます。出張のとき便利です。
・児童の名前を覚えましょう。

これは、明日になるかもしれませんが。
・時間割を考えていきましょう。
・給食当番を決めましょう。





準備不足のために書類に追われて
子どもの顔もろくにみれず
子どもに対して叫んで
声をからして
参観に家庭訪問そしてゴールデンウィーク

こうならないために書いています。

めんどうですが、最後まで読んで実行していただくと、次のように変わる可能性がグーンっとアップします。変わる部分をカッコにしています。
準備が(そこそこ)できていて、
書類処理も(まずまずできる。)
子どもの顔もみて、(遊ぶ時間ができる。)
子どもに対して(叫ばないで叱るなど)
の指導もあるけど
(落ち着いて指導できるから)
声をからさずに
参観(の後の懇談会で、「学校が楽しい」と保護者から子どもの声が聞けて
に家庭訪問では、(「先生で喜んでいる。」と言われて
そしてゴールデンウィーク(声を枯らさずに楽しく息抜きと5月の段取りをしておく)に変えてみせます。
ついてきてください!


条件は、ご自身がブログを読むぐらいの元気があること。
子どものために頑張れる場合は
最終部分を手帳にメモをしてやってみる気持ちがあることです。


それでは、前振りからです。

新任のかたなどは辞令式で1日・入学式の準備・入学式で2日の合計3日間
辞令式はないから3日あると思っていても、会議が続々と入ります。
年度当初は確認事項が多いため、仕事が通常よりずっと多く事務作業が最優先されます。
となると1週間のうちで実質2日しか準備はできないとイメージして段取りを組みましょう。

新任さんは1日しか実質時間がないですね(笑)。今すぐとりかかれば2日になります。
私は1日しか時間がないなら去年と同じようなことをしてしまいそうです。

少し辛めに書きます。
でも、これって先生のさじ加減ですよね。春休み散々遊んでいる人が子どものために急に何かって笑かします。
ベテラン?関係ありません。
目の前の子どもは成長や個性もあるので同じではないからイメージや対応は同じにはならない。だから、子どもに合わせて計画を考え直します。つまり時間はベテラン・新任に関わらず半端じゃないほどの時間がいります。

もうひとつスパイスを与えます。
人間は思っているほど能力に違いはありません。
カリスマ教師に付き合うセミナーではなく、目の前の受け持つ子どものために時間をとろう。
(勉強をしたいなら本。本当に勉強をしたいなら、実践論文ではなくエビデンスのある論文を読みましょう。)
イメージができると、その隙間をねらって仕事ができます。

終わらない場合は・・・、土日ですよね。
そうすると子どもに出会うためにかける時間がどうしても削られます。
前振りはここまで
本題です。

お待たせしました!
以下を読むと
準備がそこそこできていて、子どもの顔もみれて、子どもに対して遊んだり叱ったりもほどほどに楽しめて、その様子を参観のあとの懇談会で朗らかに伝えて、家庭訪問でも「学校が楽しい」の言葉がもらえる可能性があります。
その結果、あなたの気持ちのやる気スイッチがブーストされます。そうすると勤務時間が長いなどの心ではなく、リミッターを外したスーパーサイヤ人状態になり楽しく仕事ができます。
良し悪しはありますが・・・。

準備に使える日の2日目のシュミレーション

・まずは、1日目の仕事もれがないかの確認です。
□教材使用届は事務・教務の方に渡せているか。
□学年通信を教頭に渡しているか。

・仕事の質を高めるための確認
□校外学習・校内行事をもう一度みてみよう。(もれとイメージのためです。)
□家庭から学校への連絡方法を記した紙(家庭状況調査表などいいかたはいろいろ)を学級にわけます。


・やっと教室です(遅い人は3日目以降になりますよね・・・)
□教室の掃除(意外とほこりが・前任のかたのごみが・・・)
□名簿の名前を教室でよんでみる(イメージが高まりうまくいきます)
□番号シールをはりましょう。
□子どもの困りごとを確認していきます。(アレルギー、持病、苦手なこと)
□困りごとをどのようにサポートするか考えて学年主任と話したり、保健室の先生とお話しします。
□マグネットに名前をはりつけます。
□学級のチェック表(子どもの名簿とチェックできる表)を戸棚に忍ばせます。
□荷物をいれます。
□名前をもう一度よんで覚えます。

ひとつずつ終わらせていけば、いいのです。
翌日から入学式準備が入ることが多いです。その担当が何かを確認しておくといいですよ。
そして次々と繰り広げられる会議に時間が奪われることでしょう。
降り注ぐ仕事をイメージしてその隙間で確実に上記を実行しましょう。 
余裕があれば、本ブログの昨日の記事や記事を読んでいただければ始業式の準備から実際の仕事の流れやイメージがつかめますよ!頑張って! 
1日目の段取りは過去記事(こちら) 

職員室の机の上を片付けておきます。他の先生が書類が山積みになったとしても必ずしておきます。
机の上も雑巾掛けしたり、ごみ箱のごみを捨てたりすることも社会人としては常識ですが、教師はしないのでしておくとポイントがあがります。1年間だけでもいいので続けてみると助けてもらえます。
保護者への電話の連絡もれがないか確認します。
机の上をかたづける。(何もない状態)
雑巾掛け・ごみを捨てる。
保護者への連絡もれがないかをふりかえる。
学年の先生に「何かお手伝いすることはないですか?」と聞く。たまには、「何か面白い学級経営などの方法はないですか?」と聞く。
貴重品はロッカーなど鍵のかかるところにしておく。
挨拶をして元気よくかえります。
帰宅が最後の方になった時は、管理職の先生に「遅くなってしまってすいません。」と謝っておきましょう。


できることはした 

でも、寝れない。
遊んでしまった。
寝れない。
準備もしたけど気になって
寝れない。
なんだろう、結果は同じですが文脈の違い。
まずは、気持ちを落ち着かせましょう。
3秒ほど大きめに息をすって、5秒ほど息をはきましょう。それを3セット。


はい!それでは、レシピの登場です。

緊急レシピ 1発目をまず気持ちよくスタート 

新任・転任の先生の場合
他の先生と角がたたない挨拶をして気持ちよくスタート
この記事の台本の通りでも大丈夫です(こちら)。

もともとの赴任の学校の場合
気持ちよく、「今年もよろしくお願いします。」
管理職・用務員さんなどに欠かさずに。

これで、大きめの心理負担になるイベント 印象のよい挨拶完了です。

さらに気持ちを落ち着かせる言葉です。

人間は思っているほど能力に違いはありません。
カリスマ教師に付き合うセミナーではなく、目の前の受け持つ子どものために時間をとろう。
つまり、明日から時間を見つけて、子どもの名前を覚える授業計画を立てていければいい始業式になります。これは子どもが分からない今ではなく、子どもなどが分かる明日からする仕事です。

土日をどうつかうかは自分次第です。
子どものために時間をつかうのもいいですし、自分の休息のためにつかうのもいいでしょう。
得られる結果は同じでも、文脈は違いますね!
つまり、これも今日からではなく3ヶ月以上思う心持ちなのです。

どんな学校か不安

こちらの記事をどうぞ(こちら

もう一度、別の段取りをイメージしましょう。
新採のかたには特にいいイメージになります。
赴任先に挨拶をするときの新任・転任の1日(こちらの記事
1分ほどで読めますが、特に後半を手帳にメモしておきましょう。
 

黄金の3日間より大事なことがある4



今からなら、100円均一にも買い出しに行ける! 

4月から思うように動けない日がたくさんでます。

緊急レシピ もうブログ読んでもよく分からない。 

今日は遊びにいって、そのついでに100円均一で無駄遣いをいっぱいしましょう。実際使わなくても何かものがあると安心しますよ。使わない場合は、周りの先生におすそ分け。自分を追いつめないことも大事です。

準備不足のために書類に追われて
子どもの顔もろくにみれず
子どもに対して叫んで
声をからして
参観に家庭訪問そしてゴールデンウィーク

こうならないために書いています。

めんどうですが、最後まで読んで実行していただくと、次のように変わる可能性がグーンっとアップします。変わる部分をカッコにしています。
準備が(そこそこ)できていて、
書類処理も(まずまずできる。)
子どもの顔もみて、(遊ぶ時間ができる。)
子どもに対して(叫ばないで叱るなど)
の指導もあるけど
(落ち着いて指導できるから)
声をからさずに
参観(の後の懇談会で、「学校が楽しい」と保護者から子どもの声が聞けて
に家庭訪問では、(「先生で喜んでいる。」と言われて
そしてゴールデンウィーク(声を枯らさずに楽しく息抜きと5月の段取りをしておく)に変えてみせます。
ついてきてください!


条件は、ご自身がブログを読むぐらいの元気があること。
子どものために頑張れる場合は
最終部分を手帳にメモをしてやってみる気持ちがあることです。


それでは、前振りからです。

新任のかたなどは辞令式で1日・入学式の準備・入学式で2日の合計3日間
辞令式はないから3日あると思っていても、会議が続々と入ります。
年度当初は確認事項が多いため、仕事が通常よりずっと多く事務作業が最優先されます。
となると1週間のうちで実質2日しか準備はできないとイメージして段取りを組みましょう。

新任さんは1日しか実質時間がないですね(笑)。今すぐとりかかれば2日になります。
私は1日しか時間がないなら去年と同じようなことをしてしまいそうです。

少し辛めに書きます。
でも、これって先生のさじ加減ですよね。春休み散々遊んでいる人が子どものために急に何かって笑かします。
ベテラン?関係ありません。
目の前の子どもは成長や個性もあるので同じではないからイメージや対応は同じにはならない。だから、子どもに合わせて計画を考え直します。つまり時間はベテラン・新任に関わらず半端じゃないほどの時間がいります。

もうひとつスパイスを与えます。
人間は思っているほど能力に違いはありません。
カリスマ教師に付き合うセミナーではなく、目の前の受け持つ子どものために時間をとろう。
(勉強をしたいなら本。本当に勉強をしたいなら、実践論文ではなくエビデンスのある論文を読みましょう。)
イメージができると、その隙間をねらって仕事ができます。

終わらない場合は・・・、土日ですよね。
そうすると子どもに出会うためにかける時間がどうしても削られます。
前振りはここまで
本題です。

お待たせしました!
以下を読むと
準備がそこそこできていて、子どもの顔もみれて、子どもに対して遊んだり叱ったりもほどほどに楽しめて、その様子を参観のあとの懇談会で朗らかに伝えて、家庭訪問でも「学校が楽しい」の言葉がもらえる可能性があります。
その結果、あなたの気持ちのやる気スイッチがブーストされます。そうすると勤務時間が長いなどの心ではなく、リミッターを外したスーパーサイヤ人状態になり楽しく仕事ができます。
良し悪しはありますが・・・。

準備に使える日の2日目のシュミレーション

・まずは、1日目の仕事もれがないかの確認です。
□教材使用届は事務・教務の方に渡せているか。
□学年通信を教頭に渡しているか。

・仕事の質を高めるための確認
□校外学習・校内行事をもう一度みてみよう。(もれとイメージのためです。)
□家庭から学校への連絡方法を記した紙(家庭状況調査表などいいかたはいろいろ)を学級にわけます。


・やっと教室です(遅い人は3日目以降になりますよね・・・)
□教室の掃除(意外とほこりが・前任のかたのごみが・・・)
□名簿の名前を教室でよんでみる(イメージが高まりうまくいきます)
□番号シールをはりましょう。
□子どもの困りごとを確認していきます。(アレルギー、持病、苦手なこと)
□困りごとをどのようにサポートするか考えて学年主任と話したり、保健室の先生とお話しします。
□マグネットに名前をはりつけます。
□学級のチェック表(子どもの名簿とチェックできる表)を戸棚に忍ばせます。
□荷物をいれます。
□名前をもう一度よんで覚えます。

ひとつずつ終わらせていけば、いいのです。
翌日から入学式準備が入ることが多いです。その担当が何かを確認しておくといいですよ。
そして次々と繰り広げられる会議に時間が奪われることでしょう。
降り注ぐ仕事をイメージしてその隙間で確実に上記を実行しましょう。 
余裕があれば、本ブログの昨日の記事や記事を読んでいただければ始業式の準備から実際の仕事の流れやイメージがつかめますよ!頑張って! 
1日目の段取りは過去記事(こちら) 

4月3日
今年は3日はじまりですね。ついにいよいよ教壇に立つときがきました。

といっても、まだまだ準備期間。
まず新任さんは赴任式を行います。大きな市町村なら教育センターなどで、
そこから配属先に行き、新しい職場の方々と出会うわけですね。

そこで、大切なのは同じ学年の先生との関係です。
これが失敗すると本当に1年間が地獄のよう。
しかも大学から上がり立てだと、勝手もわからないから粗相をしがち。

なので、とりあえず赴任したら。
愛想よくしておきましょう。
 緊張すると顔が真顔になりますので、できるだけにこやかに対応しましょう。

すぐにクラスを決めるはずです。もしくは決まっていたり。決まっている場合は仕方がないですが、
決まっていないのであれば、自信なさげにしておこう。
訳がわからないので、何でも「はいはい」言っていると後悔します。クラスももちろん何か分担を決めるときは、率先して取りにいくんじゃない、待つ
どうしても茨の道進みたいなら、止めませんが、やはり初めての社会人で初めての職場で初めての学年ならば、安全に行くことが大切です。崩壊させたら周りも迷惑ですしね。


さて、分担などで待ちの姿勢を貫いた分、どこかで挽回しないと。

4月の初めは補助教材を決めたり、準備をしたりバタバタします。
決め事は訳が分からないと思うので、力にはなれませんが、
プリントなどを刷ったり、作り物をしたりはすぐできるはず
とくに輪転機の使い方などは早めにマスターすると楽なので、率先して
「何かお手伝いできることはありますか」と聞きましょう。

少し自信はなさそうだけれど、よく気が回って一生懸命だね
という評価をもらえればいいですね。


そして、できるだけ質問をしておくこと。
「よく何を質問したらいいかわからないんです」と新任は言うが、
教える側も「新任さんが何がわかっていないのか、わからない」のである。
なので「何を順番にしていったらいいですか?」とシンプルに聞けばいいと思います。実は4月のこの1日1日がとても大切な準備期間。やれることはやっておくべきです。


初日の印象は大切なので、頑張ってください。
そして、初日が終わったらとりあえずゆっくり寝てください。4月はとにかく忙しいので。








 

黄金の3日間より大事なことがある

黄金の3日間より前にしておくこと

4月の初出勤から準備をしておくとなんとなく準備するよりグッと3日間がスムーズに進みます。
新人・転任の方は挨拶の用意をしておきましょう。(本ブログ内に挨拶の方法をのせています。)

学年の仕事をメインに行います。 

チームワークで行えるように、まずは学年の仕事がメインとなります。学級の仕事は、日曜日までに用意する。できていない場合は、学年の仕事が終えてから行います。

学年便りを作ろう(作業時間1時間程度)

学年便り4月号は新任であっても「やりたいです」といいましょう。
理由は2つ
1つ 作っているうちに月の行事が頭に入ってくるからです。これは大きいです!
私は黄金の3日間よりもこの始業式の準備こそが大事だと考えています。
教師はカリスマ教祖が正しいのではなく、誰でも準備さえすればできる職業です。
全国を飛び回る先生が自分のクラスをしっかりみれるかどうか?
これは、物理的に無理です。
毎日時間をかけてみれる人と子どもの見方を身につけてしか真に子どもをみているとはいえません。だから、まずは自分で作りますといいましょう。

2つ ワードや書式に戸惑いがあったとしても学年で教えてもらえる余裕があります。
もし始業式直前に用意なんてことになると子どもの様子なんてみてられませんね。
管理職の方に確認いただきOKを頂ければ、学年分と10部程度多めにすっておきます(保存用・学級掲示用・管理職にお渡しする・転入生が急に来たとき・紛失した子どものために多めに用意)

仕事の大枠のわりふり

・会計と学年主任はわけます。
・研究授業は、元気であればぜひ引き受けましょう。
 不安がある場合は、正直に伝えることが大切です。
 新任からしばらくは、新任指導の中に研究授業が入ることが多いので「はい」と返事をしておけばいいでしょう。
・担当教科・領域を決めます。
 教科主任とその構成する人であることが多いでしょう。得意な教科や領域を選ぶことをおすすめします。まんべんなく仕事をするほうが後々力がつくのでぜひなんでも引き受けてみましょう。
・年間の校外学習を確認します。
遠足・社会見学・林間・修学旅行、様々なことがあります。
予算執行の関係ですぐに出さないといけないものがありますので
子どもの交通費の確認のために団体割引の有無・療育手帳などの旅費無料を確認して団体乗車人数と例年の教員等の付き添いの人数をみて各種移動手段(鉄道会社など)に連絡をします。

会計のこと

副教材・図工教材の選定を行います。
ドリルや図工の教材をどれにするか決めます。
とっても工夫されている教材もありますから、しっかり選んでみましょう。
昨年度の購入物品をみれば、参考にはなります。ただし、学年の実態によって簡易なものや難しいものに変わるので、学年の状態については、前担任から引き継いでから教材の選定を行いましょう。
図工は、作品展用として昨年度と同じものを選ばないほうがいいと思います。保護者の方が呆れます。

植物の種などで買うもの

4月にすぐ届いてほしい種など(4月から種をうえるといい植物)
・マリーゴールド
・ホウセンカ
・つるなしインゲン
・アサガオ
・ヒョウタン
・カボチャ
学年にもよりますが、このあたりは買っておくといいでしょう。

校務分掌・教科領域ですぐに買う必要がある・変更しておくもの

例えば,酸素ボンベ・気体検知管などは消費が大きく、理科担当であれば確認して数がなければすぐに発注が必要です。

学年でつかうノートを決める(教科ごと)

教科ごとに去年の学年便りなどを参考に使うノートを決めておきます。
昨年度のノートは自習ノート用に使ってねと伝えておくといいと思います。
ノートがもったいないとよくもめますので・・・。
見開き2ページを1時間ですすめるという構成が多いです。


学年名簿を作って印刷をします。

ゴム印でもいいですし、パソコンでうっても構いません。チェックリストを作っておくと、テストの確認などですぐに使えて便利です。そして、名前はうちながら覚えていきます。家に名簿を持ち帰ることができにくいので(持ち出し簿などに記録する。)、できるだけ仕事場で覚えましょう。


これが、学校の教員が初出勤で「思っていたのと違う(リアリティショックといいます。)。」と感じる理由のひとつです。学級の仕事何もしてない・・・。もしもこのブログを4月2日の日曜日までにみていれば大丈夫。イメージができて来ます。
そうでない場合は、過去の記事をみておくと段取りが立ちますよ。
頑張って!

 

学級開きの前後にすること
  1. 子どもの机・イスの数が教室に入っているか確認しましょう。
  2. 子どもの名前の読み方にふりがなをうっておきましょう。
  3. 児童名簿をエクセルなどで作り、たくさん用意しておきましょう。
  4. 配慮を要する子どもについて特別支援・保健・前担任の先生と話をしましょう。
  5. 掲示物の作成をしましょう。4月のチューリップなどですね。
  6. 学年通信を用意しましょう。
  7. 時間割表を作成します。
  8. 靴箱・ロッカー等に番号などをふりましょう。
  9. 掃除道具の不足を補充しましょう。
  10. 給食用具の確認をしましょう
  11. 教師用教科書等に欠けがないかみましょう。
  12. 教科書・配布物は子どもの数だけあるかみましょう。
  13. 子どもの名前と顔を覚えよう    
   3日間で指導すること
  1. 学級での生活のルールをつくりましょう。    
  2. 給食当番を決めましょう。
  3. 学習ルールの指導をしましょう。  
  4. 手を挙げて、当てられてから立つなどの発表の仕方を指導しましょう。 
  5. かかり活動を決めましょう。     
  6. 朝の会・帰りの会をどうするか決めておきましょう。    

 

教室掲示に全員がも守るルールをいれておきましょう。

ユニバーサルデザインが流行り、ついつい教室の掲示をしない理由にも使われているような気がします。ルールを掲示しておくことは、視覚優位の子ども・話が聞けない子どもには有効です。
配置場所は教室の後ろがいいとは思いますが、気が散らない範囲で掲示物をはりましょう。
また、筆箱の中身なども掲示しておくといらないものをもってきたときの指導がしやすくなります。

 掲示してもいいもの

・時間割表  ・給食のめあて  ・給食献立  ・給食当番表

・学習のルール(発表の仕方やハンドサイン)  ・学級目標  ・掃除分担表

・今月の生活目標  ・児童会目標  ・学校だより  ・学年だより  ・学級だより

・保健だより  ・給食だより  ・避難経路  ・係り活動のポスター

・児童の作品(図工や書写など)

 

 

筆箱の中身

 

・鉛筆5~6本(削っておく)  ・消しゴム  ・赤鉛筆  ・定規

(・蛍光ペンなどの色ペン<マークやラインをひく用>

 

 

お道具箱の中身

 

・のり  ・はさみ  ・三角定規  ・コンパス  ・分度器  ・セロハンテープ

・色鉛筆  ・鉛筆削り

初日編


準備
早めに出勤します。(1時間前から30分前。待つつもりで)
どの人が早く出勤しているかをみておくといいです。
見かけた人には、挨拶をします。
今日から、●小学校に赴任しました▲です。宜しくお願いします。どこで待たせていただければいいでしょうか?と聞きます。

朝来たら、先生方の机をふいてみる

・最初に雑巾掛けをして1学期でも1月でも続けるとつながりができます。
・ごみ箱のごみを捨てる。このあたりも、用務員さんに任せっきりよりは手伝ってみて反応をみてください。「必要ない。」と言われればやめておけばいいと思います。
この2つで、だいたいの職場の状況がつかめます。
教えてもらいやすい状況がうまれるのはこのような下準備が大切です。
「いつもありがとう」
そう言われると、ポイントアップですね。
「いつも手伝ってくれるから、これあげる。」
このあたりが出てくると芋づる式に仕事を教えてもらえます。





 

aisatsu1_ohayou


教師の挨拶は短く簡単に

職場の状況がわからないまま、学生のノリで挨拶をすると危険がいっぱいです。
当たり障りのない挨拶を覚えてからアレンジしてみましょう。
そうすれば、立派なあなたのオリジナル挨拶です。
たくさんの人が転勤してきた・新任教師として赴任してきた場合は50−100字程度です。
これ以上足すと1・2人にやっかまれます。
実録 本当にあった、挨拶でやっかまれた例
例えば、大学名・・・。自慢・格下?と思われると面倒です。
ご指導・ご鞭撻ください・・・お金もらう同じ立場なのに?となる人もいます。
ご迷惑をおかけするかもしれませんが・・・自分でハードルを下げているだけで周りは迷惑と思う人も。
何もわかりませんが・・・やめてくれとなる人も

言葉を扱うお仕事なので、厳しい人が多いです。私はブログの文章も思いつくままで気にしないタイプですが、最初から嫌なことを言われないためには言葉少なめ!
学校の先生はお話が長いので
大事です。

子どもの前

一言編
○○です。
今年から、○小学校のみなさんと勉強を教えて運動も外遊びも一緒に遊びたいと思います。
楽しく明るくがんばりましょう。

子どもには、活発で休み時間遊んでくれるの?とキラキラを与える短い挨拶。

私の一言の場合。

今年から、○小学校でがんばる○○といいます。みなさん前にならえをしましょう。
そのうち左手を下げて右上をそのままあげます。
(教師は左上を肩より上にあげて)、それでは「エアー握手」。
みなさんとたくさん握手で触れ合いたいと思います。
よろしくお願いします。

私の別バージョン

長めでもよい場合
一言に何か足しておく
今年から、○小学校のみなさんと勉強を教えて運動も外遊びも一緒に遊びたいと思います。
楽しく明るくがんばりましょう。
私は、一輪車が得意なので(できるだけ授業や休み時間にできること)、休み時間の時間があるときは
一緒に勝負しましょう。よろしくお願いします。

私の別バージョンの場合

今年から、○小学校にきました○○といいます。私は実験が大好きなので実験をします。
(手品の場合もあり)
空気砲・ぴょんコプター・ピッピちゃんなどをします。
楽しく学べるようにみなさんもしっかり話しを聞いて勉強しましょう。
よろしくお願いします。 
わからないことがあれば、3月中ならおこたえできることもツイッターで聞いてみても大丈夫。
以下のボタンを押してフォロワーになっていただけると嬉しいです!


その時期にしておくと後で相当楽になるためには読者になると更新が友達のようにラインメッセージで短く届きます。見逃さないのでとっても便利ですよ。以下のボタンを押してぜひぜひ読者になってください!

 

もう内定済みだけど出勤している人向けには以下の記事が役立ちますよ。

ざっくりと今からイメージしておくとスムーズに進むことができる記事は以下の記事です。

ゴールデンウィークに入ったときもそうですが、新学期に次のことに気が付いたらすぐに対処がいります。

先生になったはいいけれど、どういうキャリアパスがあるか知りたいという人は以下の記事



今回は学生時代に頑張った事について説明します。

私は民間企業の面接も何社も受けましたので、
この質問は本当に何度もされました。
もちろん、教員採用試験で聞かれる内容でもあります。

よく集団面接などでこの質問を全体にされたとき、
周りの人たちが素晴らしい学生時代の栄光を話されていて、呆気にとられたのを今でも覚えています。

みなさんは学生時代に何をしていましたか?
「え、特に頑張ったことない・・」
そう思ったあなた!
じゃあ質問です。
周りの学生がみんなもの凄く頑張ってすごいことを成し遂げていますか??
正直、そんなにいない。

じゃああの素晴らしい学生たちはどこから湧いてくるのか・・
みんな自分の学生時代にやったことを何とかピックアップして作品として仕上げてくるのです。

極端なこといってすみません。言い換えると、学生さんってみんな何かしら頑張っているんですよ。
普段の授業やゼミ、バイト、サークル、部活動など
どれでもいいので、一番頑張れたなってことをピックアップするんです。
そして、大切なのはその経験からどんなことを学んだかです。


例えば、私は部活動での経験を使いました。

私は学生時代に◯◯部での活動に力を入れました。
そのときに一番悩んだことは、部員のモチベーションをあげることでした。
一斉に檄を入れても、それでモチベーションが上がる人もいれば、下がってしまう子もおり、
様々でした。そこで、休憩時間など部員をよく観察して、その人がどんな性格かをよく観察して、
声かけをしました。その結果、部長からも「いつもよく周りを見て盛り上げてくれてありがとう」と感謝されました。私はこの経験から、周りをよく見て観察することの大切さを学びました
教員も、子どもの人となりを掴む必要があります。子どもたちの行動をよく観察し、その子に応じた指導や支援を行っていきたいとおもいます。


このように、教員になってもそのことを生かすことを最後に添えることで、
この人は経験からよく学習し、その学んだ事を生かそうとする人だという印象を与えるのです。

さあ、みなさんも是非、これまでの学生生活を思い出して作ってみてください。










 

さて今回は志望動機についてです。


教員採用試験での志望動機は2つのポイントがあります。
1. どうして教員になりたいのか
2.どうしてこの自治体なのか

です。

教員の志望動機は結構考えやすいですね。よくあるのが、恩師との触れ合いの経験をもとにして、私も恩師のように◯◯できる教員になりたいと思った。
などの理由です。
経験をもとにすることはいいことですね。


では、どうしてその自治体なのか。
地元であるなら、地元の教育に力を添えたいで十分です。
地元でない場合はどうするのか。
少しでも何か縁がある場合は、それを理由にすることは大切です。

それでも縁もゆかりもない自治体を受けることもあるでしょう。

私の場合はその自治体が出している教育方針をよく読みました。
そこから共感できるポイントを引き出しておくのです。
そして、私は◯◯な教育をしていきたい。教育方針にも◯◯とあるように◯◯県ならば、それが実践でき、◯◯県の教育のために頑張りたいと思った。

この理由をしっかりと述べることで違和感はなくなるはずです。
ポイントは
自分の教育方針と重なるその自治体の教育方針がないか
です。
自治体を受けるにいたり、その自治体の実践なども調べておくことは大切です。

あなたの熱意をしっかりとぶつけてください。







 

今日は自己PRについて説明します。

PRでは
①私にはこんな良い所がありますよ。 
②その良い所が活きた場面はこんなときですよ。
③私を採用するとこんな使い方ができますよ。

ということを伝えます。

そこで
「私は○○な人間だ」 
ということを理解しておく必要があります。 

前回に繋がるのですが、この◯◯には長所を入れるといいでしょう。 
正直いって、長所の文章とあまり変わりません。

例えば、コツコツとやることが得意な人だとすれば、

「①私はコツコツと取り組むことができる人間です
私は昔、◯◯の販売のアルバイトをしていました。アルバイトを始めたときは、周りの方の作業スピードや接客が素晴らしくて、器用でない私はかなり足手まといでした。しかし、自分にできることをコツコツとやろうと、接客では「笑顔で明るく」対応して、挨拶を忘れないなど基本を心がけて頑張りました。その結果、今では「◯◯さんはいますか」とお客様から尋ねてもらえるほど信頼関係を築くことができています
私は教師になっても先輩たちから教えてもらう基本を常に忘れずにコツコツと取り組みます。そして、一歩ずつ確実に成長し、子どもや保護者、また職場の仲間から信頼される立派な教員を目指したいです。」


こんな人間だ
その裏付けとなる経験
そして働きぶりを想起させる仕事像

これらを入れることで自己PRはまとまります。

では次回は志望動機について説明しますね。
 


1. 新しい職場までの時間を調べよう。約束の時間の10分前までにつくようにします。
Yahoo路線図・駅すぱーとなどを導入しよう。
駅すぱあと
 https://itunes.apple.com/jp/app/yisupaato-chengri-huane-nei/id463431091?mt=8
 下はQRコードです。
qr20170214101951166

アドレスは、http://transit.yahoo.co.jp
 以下はQRコード
qr20170214101547728

 
2.メモ帳とボールペンはポケットにいれておきます。携帯は電源オフにします。

2. 正門前は、インターホン(職員室・入口)で用件を伝えます。
「はじめまして、●●と申します。内示で校長先生と面談があり伺いました。」
3. 通りすがりの先生には「こんにちは」と挨拶をしましょう。気合いを入れすぎず明るい声で挨拶をします。
4. 校長室に入るときは、「失礼します。はじめまして、●●と申します。」
5. 学校長が、席をすすめてくれます。基本的にはしたがいますが、指示がない場合は、手前入口近くに座るのがいいでしょう(下座に座ります。)。
6. 内定通知書や内示の書類があれば、渡します。
7. 帰り際に、職員の方とあったら「こんにちは。」と挨拶をしてください。教師ではなくても子どもでも誰にでもしましょう。
8. 帰り道は、お店(100円均一ショップ)や駅までの道順・帰りまでの時間を記録しておきます。そうすると、多忙で頭が回らないときにも帰り道にこれをしようなどと決めることができます。


そろそろ異動の時期が近づいてきました。

今、接している子どもたちと別れることは寂しいですが、 
新しい子どもたちと出会うことは楽しみでもあります。


そこで、もし配属先や転勤先に訪問することがあるならば、
そのときにやっておいた方がいいことを載せておきます!


・管理職の印象を知る。→優しい上司がいいですね。
・休業中ならば他教員の出勤状況も見ておく。 →休日残業多いかも・・・
・校内の案内をしてもらい、廊下や教室なども見ておく。→あるはずの設備がなかったりも・・
・もし、校内の案内を管理職でなく、一般教員がしてくれるならば、
 子どもや親の雰囲気を聞くこともできる。もちろん教員間の雰囲気も。→これが一番気になります。笑
・校区にあるものを見ておく。→その町の雰囲気を知ることは大切ですね。
 

もらえるならもらうもの
・年間行事予定
・4月の行事予定
・教室配置


こうするだけで、準備がしやすくなり、予定が立てやすくなります。
是非ご参考に! せっかくの訪問を無駄にしないようにしましょう。




 

今日は自己分析の1つともなる。長所と短所について説明します。


日頃、道徳などで小学生相手に「自分の良い所を見つけよう」という授業をすることがあります。
その授業をするなかで思う事は、短所の方が見つけやすいということです。
子どもたちも短所はわかるけど、自分の長所を見つけることが難しそうです。

そこで長所と短所をどのように見つけるかです。

1つは前回紹介した自己分析の中で、自分の性格などが見えてくると思います。
その性格が長所に近いはずです。

たとえば、私ならば小学生から1つのスポーツを続けてきました。
そのことから、継続力があるという長所を導きだしました。

また、長所を裏返せば短所とよく言います。私は継続力があるため、1つのスポーツをずっと続けてきましたが、その反面、新しいスポーツに挑戦することをしませんでした。そこから短所は新しいことに飛び込むことが苦手と導きだせます。

 2つめは他人に自分の長所や短所について聞く事です。これは面接などの質問で「周りの人からどういう人間だと言われますか?」と聞かれることがあるので、聞いておくと良いでしょう。
家族や友人などできるだけ色んな人に聞くといいでしょう。 

では、これらを使って長所や短所を見つけると、複数でてくるかと思います。けれども、面接で伝えるのは1つでいいので、使いやすいものを1つ決めておくといいでしょう。

長所については、ただ回答するだけでなく、
①.その長所が今まで活きた場面
②.その長所を生かしてどのように仕事をしていくか

を用意しておきます。

たとえば、継続力が長所ならば、
「私の長所は継続力です。①これまで1つのスポーツを小学校から今までずっと続けてきました。もちろん嫌になることもありましたが、あきらめずに最後まで続けて結果を残そうと今も頑張っています。 ②その継続力を生かして、教師になったらどんな子たちとも粘り強く向き合い、その子たちがよりよく成長していけるように、指導・支援をしていきたいです。


このような回答を用意しておくとその人柄がイメージできてよいと思います。


また、短所については、
その短所を克服するためにどのようなことをしているかを用意しておきます。
たとえば、新しいことに飛び込むことが苦手ならば
「私の短所は新しいことに挑戦することが苦手なところです。その短所を少しでも克服するため、今はいくつものサークルや大学などに顔を出して、新しいスポーツをしたり、色々な人と出会うことで、様々な考えに触れる練習をしています。将来はこの短所を克服して、挑戦することを楽しめる教師になりたいと思います。」

短所はありますが、そのことを理解しつつ、そのための対策を取っていますよ。ということを伝えるのです。
 

長所と短所はエントリシートなどに書く場合もありますので、早めに用意しておきたいですね。


さて次回は、自己PRについて説明します。
 

このプロアクティブ(事前対処)の何がお得か


先々まで,お助けしてもらえる仲間ができて仕事のサポーターとして助け合えるようになります。準備できている人といい印象を与えることを自然と行える流れです。

教師の仕事は授業ができること?
違います!わずか2割程度でしょうね。
印象がよいことと、職場の人間関係が6割以上
になります。
見えていない仕事のところで人間関係が想像以上に大事になります。
いくらいい実践をしていても、手伝ってもらえないなどは日常的です。
ポイントを下げると嫌がらせのオンパレードで、学級経営と職場の人間関係の両方に支障をきたします。ですから、
職場のみなさんと接触する初日に準備と挨拶がしっかりしている印象をもたせると、着任時の最初のスタートがすてきになります。
最低限しておくこと
忘れ物などでポイントを下げない。

まずは、A4ノートの4ページ目に以下のチェックリストをはっておきます。

初対面からポイントが上がる服装
安くてもいいですから、地味目のスーツとシャツにクリーニングをかけておきます。ノータックで2つボタンがいいとは思います。色味だけはリクルートスーツでもいいので派手さがないものを選びましょう。最悪ズボンの折り目とシワがないこと
スーツ(上下)・靴下(黒で新しいもの)・シャツ・ハンカチ・ティッシュ・カバン(黒目のビジネスバッグが好ましい。)
散髪にもいってきます。髪型は若いサラリーマンがしているような髪型としていしておくといいと思います。
☆ 部屋の片隅にそのままセットして忘れ物がないようにしておきます。また、上記を印刷しておいておくとその場で忘れ物がありません。

 
もちもの
ノート2種類(A4のノートを手帳にしていきます。メモ帳)
手帳
鉛筆
消しゴム
定規
下敷き
ボールペン
印鑑(シャチハタではないもの)
朱肉
クリアファイル(紙の書類をはさみます。)
内定通知書などの提出書類(クリアファイルにはさみます。)

まずは印刷してノートにはさんでおくことです。

時間をお金で買う意識は大事です。

内示の挨拶の後が始まれば以下の用意をします。そして、時間を浮かすための準備を始めます。

 ファイル(プリントをとじる)やクリアファイルを3冊ずつかっておく(支給もされますが、ラベルをつけておけば時間短縮になります。)。
机の上は散らかっていきますので、ファイルなど事前準備しておくと最初から散らかることは減ります。
□A4ノートに職場近くの100円均一・ファミレス・ファストフード店の店のリストをはっておく。閉店時間と電話番号と場所
□印鑑などを買っておく。一生使うことになりますのでそれなりのものを買っておくといいです。忙しければインターネットで買いましょう。

時間をお金で買う方法

インターネットショッピングを利用しましょう。

クレジットカードをお持ちでない時は代引き手数料のない(やすい)店で買いましょう。


スーパーなどのインターネット通販
食べるものも外食で時間を浮かしたり、スーパーのインターネット通販で購入しておくこともあります。



 
 

今日は自己分析について説明します。

よく「自己分析が嫌い」などという言葉を耳にします。
たしかに自己分析って何したらいいかわからないし、面倒なことではあります。

しかし、どうしても面接で自分についての質問は聞かれますし、自分のある程度のカラーを見つけておくことは、働きだす上でも大切なことかと思います。

では自己分析はどのようにやっていくのか。
私は小さいときから今までの自分の人生のなかで、転換期だったり何か決断をしたり、大きな出来事があったときに注目し、そのときに「なぜ自分はそのような行動を取ったのか」という問いを繰り返して自分像を掘り下げていきました。

例えば、中学校の部活に入ったという過去についても、
「どうしてその部活に入ったのか」
「強いチームが良かったから」
「どうして強いチームが良かったのか」
「何かをやるならばダラダラするのでなく、一生懸命やりたいから」 
 というように、そうすると自分は一生懸命に物事に取り組みたい人間だと少し自分像が見えてくるわけです。

自分を幼少期から振り返ってみると、自分の意外な性格が見えてきます。その中で、自分の長所や短所も見えてくるわけです。 

自分の過去を振り返る際には、自分グラフ(人生の折れ線グラフ)を使うこともいいですね。
わかりやすい説明をしているブログさんがあったので、下にのせておきます。
自分グラフについて


では次回はよく聞かれる質問である長所と短所について触れたいと思います。 

3月になり、来年度が近づいてきました。
来年度の教員採用試験を受けられる方はいま試験の対策を頑張っているかと思います。

教職教養や専門教科 
小学校なら全科とたくさん対策本が書店に並べられており、きっと読者の方も何かしらの対策本で
勉強されていることかと思います。


しかし、最近は人物重視 と言われており、面接試験の配点が高い傾向にあります。
さて、面接ではどのようなことを聞かれるのでしょうか。


・志望動機
・自己PR
・どんな教員を目指すのか
・学生時代頑張ったこと
・模擬授業
・模擬児童生徒対応(ロールプレイ)
・集団討論

などですね。これらが大まかに聞かれる質問内容です。
では、これらの質問内容に答えられるように回答を準備しておく必要があります。
そのために大切なことの1つとして自己分析があるのです。

自己分析とは自分とはどんな人間で、どのような性格であるか、長所や短所はどんなところか
ということを分析します。

でも・・「自己分析ってなにやるの?」と思いますよね。自分のことなのに自分が一番わからない。
私も学生の時にそう思っていました。
 
次回、自己分析の方法をお伝えしたいと思います。 

来年度の学校の仕組みづくりとしての共通理解があるといいですね。



ニューヨーク市職員との会議の様子です。

○小学校スタンダードが流行っていますね。
 学校で規則を取り決めることですが、どうしてもハンドサインなどもめやすいですね。
教員の主体性を損ないそうですが、力が足りない教員にはよい仕組みです。
私はあり!とも思います。

海外では、どうでしょうか?
ヨーロッパの教員は一般的に(北欧など)、高学歴かつ学問に基づく主体的な授業展開です。
アメリカ型の教員は、低所得傾向があります。高学歴?というより、ティーチャーズカレッジ・州により相当ばらつきがあります。

ヨーロッパの教員は学問と主体性で展開できそます。
アメリカ合衆国はスタンダードいりそうですね。
あなたはどちらのタイプですか?どちらのタイプの教員に教えて欲しいですか?
子どものために!教員はみんな口にします。具体的に自分がお金を払って血の汗をかくことしてますか?=自分のリミッターをはずして学んでいますか?

小学校教員は短大卒も多く、そこから大学院まで学びを進める方もいる一方、そうでない人もいますね。立場いろいろですが、教え子を伸ばす行動をとることが大事ですね。


さて、州政府がサポートしてくれるスタンダードはこのような感じです。

ニューヨーク州スタンダードはこれだ!小・中・高(ニューヨーク市の全生徒対象)
・学校が求めるもの
・生徒の権利
・懲罰についての規程など
 罰を与えるのは生徒を教育するよい機会と考えています。
  自分の行動に責任をとらせる。
(懲罰の種類)
 問題行動をおこした生徒を引き受けている専門の学校への転校
(もとの学校にもどるためのプログラムもあり)
問題行動=よい生徒になるためのスキルが欠如
復帰のための計画
自分で考えさせる。
教師の一方的な指導でなく、よく話し合って方向性を探る。

あると助かるスタンダードです。

新任採用校が決まるまでに用意しておくこと

民間経験がある人も、新卒の方も新社会人ですね。
新しい職場に内示の挨拶にいくまでにしておくといいことを書いておきます。

  1. 内示通知書(ない場合もあります。)
  2. お土産(職場が2クラス規模なら30個ぐらいの菓子折り4クラスなら60個程度の小包装のお菓子。相当の余裕をみて持っていきます。
  3. スーツをクリーニングしておく。くつ・ネクタイ・シャツも大丈夫ですか?
  4. 筆記用具(蛍光ペン・付せんの大きいもの・小さいもの)
  5. 行事予定の書類持ち帰り用のクリアケース(書類をはさむ透明のものです。)
  6. 新しいA4ノートメモしておくこと
メモもしくは、書類からはっておくこと
校長先生のお名前
校長先生が期待していること
職員名簿
4月の行事予定表
よくわからない言葉には、蛍光ペンで印を入れて聞きましょう。
担任や、一緒に組む予定の先生のお名前・年齢・お人柄など(これは記入せずに覚える。)
関わる予定の子どもの様子
ご挨拶まわりチェック表(初勤務日の場合もあります。)
  • 各教員(校長・教頭・副教頭・教務・主任の先生はどなたですかときくことを忘れずに)
  • 管理作業員さん(用務員)
  • 給食調理員さん
  • 事務職員さん
  • その他ご挨拶にうかがうべき人はいませんかと聞きます。

教室の案内をお願いしてみましょう。
勤務が始めると大忙しになって1学期は寄り付かなかった教室や気がつかなくて利用できなかった
という状態になることがあります。
教室の案内の言葉がけが難しければ、校内をまわりたいので、校内配置図をいただけませんかなどと聞いてまわります。
そして、教室の位置や特別教室(理科室・パソコン室など)の位置を確認しておきます。
特に死角になる場所は印をつけておきます。(階段の踊り場・隠れ場所になりそうなところ)

その他 自分の疑問点・感想・しておくべきことをリストにしておきます。学年が始まればみんな走り出して余裕がなくなります。ぜひ、早いうちにお話をしておきましょう。
職場に余裕がなさそうであれば、深入りな質問はしないことです。
それぞれ事情があるやもしれません。

こういった内容の手帳を作ります。
今回はこれをA4の用紙に貼り付けておくといいでしょう。
 

次は2次試験です。

2次試験は
  ・教科に関する科目(記述試験)
  ・教職に関する科目(実技試験)
  ・口述試験
の3つです。
私は中学校の免許を持っているので口述試験は免除でした。


まず教科に関する科目から
私がおすすめする教科は体育です。
なぜなら、指導要領解説編の内容を丸暗記しておけば回答できる記述問題だからです。
その他の教科ではその教科に関する専門的な知識が必要な記述問題も含まれいています。 
それでは対策もしにくいです。なので私は体育をおすすめします。

次に実技試験ですが、
図工は鉛筆水彩画
体育はサッカーのリフティング・バスケットボールのシューティング
体操の後転・側転・開脚前転・倒立前転 
音楽はピアノの弾き語りだと思います。

私は図工と体育を選択しましたので、
図工は絵画教室に通いました。鉛筆水彩画というのは、デッサンをしてから水彩絵の具で色をのせます。
絵画教室で教えてもらいましたが、大切なのはデッサンです。あとは淡く色をのせるだけです。


体育はサッカーとバスケは公園などで練習をしました。
バスケットゴールがある公園なども探せば見つかります。
体操は体操の個別教室に通いました。

実技対策はある程度練習期間が必要となります。

3次試験も免除であったため、私はこれでなんとか合格しました。
成績開示はしていないですが、体育は失敗しまくったのに合格したので、驚きました。

働きながら免許を取得されたい方は是非チャレンジしてみてください。








 

続きです。

教職に関する科目2の教科の選択をする際に、
必ず過去問を見てください。文科省のホームページにあります。
文科省 小学校教員資格認定試験について

選択のポイントは
 ・その教科についての一般知識があるか。
 ・指導要領の内容が覚えやすいか。
の2つです。

私は2次試験の実技で体育と図工を選択したので、
体育・図工をまず選択しました。


残りの教科を選択する際に、考えたのは「どのようにして6割を取るか」です。
私は対策のしにくい教科の知識問題は置いておき、指導要領の問題を全問(10問)正答して、残り2問を知識問題で取ることを目標にしました。
そこで、指導要領解説編のページ数の少ない教科や指導要領の内容が、学年間の系統性がわかりやすくて、覚えやすいものを選択しました。

残りの教科で選択したのは、生活・家庭・音楽・国語です。


対策ではひたすら指導要領解説編の内容を覚えました。
教科によっては解説まで覚えずに済みます。例えば、国語や音楽などは解説編の内容ではなく、指導要領の内容を問われることばかりなので、覚える量が少なくて済みます。
図工は指導要領解説編の内容の問題が少なくてしんどい教科ですが、
この教職に関する科目2は選択した6教科の合計が6割を超えていたら良いため、他でカバーすることができました。


次は2次試験の科目選択の話をします。
この2次試験も選択が大事なカギとなります。



  

IMG_6145-1

これをしておくと後で幸せになること



4月の担任の内示が出たところから急に忙しくなります。
内示より前でもするべきことは決まっています。
それであれば、できることを少しでも進めておくと、確実に楽になります。
そして4月の1時間は学級経営を成功させるためにも貴重な時間です。

ロッカーにはるシールを作ろう




新学期に入ると地味に忙しいことがあります。
そこで、机やロッカーにはることができる。
番号カード作りを始めましょう。
学年の最多の学級数分作成しておきます。
使わなくてもその学年の担任の先生にあげると喜ばれます。

1番簡単なのは、番号シールを購入しておくことです。
買わなくてももちろんつくれます。
 

用意するもの

はさみ
ビニールテープ(たての 幅は2−3センチ 程度) ネームシールでもよい。
マジック
下敷き ネームカード保存に使えます。


方法


  1. ビニールテープを5センチ程度に切る。
  2. 下敷きに45枚程度はる。特別支援の子どもの数によって変わりますが最大の人数に近い数になります。
  3. ビニールテープの上に番号シールを貼っていく。番号シールはパソコンでシールを印刷したり、手書きで行ったりします。
  4. これを3セットは作っておく。教室内ロッカー、靴箱、傘箱で使います。

気をつけておくこと

下にビニールテープをしておくと、学級が変わるときに外すことが簡単にできますよ。
名前入りは、靴隠しや物隠し、プライバシーの面で危険です。

子どもに切ったビニールテープを渡して、マジックで書かせることも楽でいいです。しかし、その時間騒がしくなります。



採用されたり、担任であることが決まれば少しずつ今やっとくと後で幸せになることをしておくといいですね。




前回は小学校教員資格認定試験の概要について説明しました。
では今回から対策について説明します。

まず大切なのは情報収集です。
書籍がないので、インターネットに頼りました。
また、mixiなどで検索するとコミュニティがあり、その過去の投稿を振り返り情報収集できます。


試験の合格基準は簡単です。正答が6割を超えていること。 
1次試験は
   教職に関する科目1
   教職に関する科目2
以上の2つです。

教職に関する科目1は要するに教職教養です。
教育原理,教育心理学,特別活動,生徒指導等教職に関する専門的事項とされています。
これらは、教員採用試験の教職教養の問題と同様なので、教採用の対策本で十分です。
しかし、このテストの正答が6割を切ってしまうと不合格なので、抜かりなく対策する必要があります。
20問中12問正答すればセーフです。

次の教職に関する科目2は
国語・算数・理科・社会・生活・家庭・体育・図工・音楽
の中から6教科選んで受験します。ただし、体育・図工・音楽のうち2つは必ず選択しなければなりません。また、選択の時の注意ですが、ここで2次試験の教科に関する科目3(実技試験)の教科を選択しておかなければなりません


そして、この教職に関する科目2は20問あります。10問が学習指導要領の内容を問う問題で10問が教科の知識を問う問題です。
学習指導要領の内容を問う問題については、学習指導要領解説編を買いました。
教科の知識を問う問題については対策しづらいのですが、教採用の小学校全科の対策本で勉強しました。


この教職に関する科目2の対策の仕方で、勉強の苦労度が変わります。
次回詳しく説明します。



 

みなさんはどのように教員免許を取得されましたか?


私の周りに聞いてみると、教育大学や免許取得可能な大学等で取得した。これが一番オーソドックスな方法です。また、社会人から免許取得をする際は佛教大学などの通信制大学で取得するパターンが次に多いかと。
しかし、知っていますか?小学校教員資格認定試験という裏技を!



私は学生の間に中学と高校の教員免許は取得しましたが、小学校の免許は「別にいいよなー」と思って、取りませんでした。私はそのまま民間企業に就職して働いていましたが、少しずつ昔あこがれていた教壇に立つという思いが強くなってきました。そこで、中学の恩師など色々な人に相談すると、「小学校の方がええぞ」、「小学校の方が受かりやすいぞ」とアドバイスをもらいました。それから中学・高校の部活動のしんどさを延々と語られました。学生のうちに行っていた高校への教育実習から「高校って生徒との距離感があるから、もっと近い距離感で教えたいな」と思っていました。周りに相談すると「それなら小学校!」と言われました。
私はそれを言われて「小学校いいなー」と思ったのも束の間、「あ・・小学校の免許持ってないや・・」と気づきました。



「取っとけば良かった・・」と後悔しつつ、調べていくと働きながら取得するには、通信制大学で取得とありました。そうしようと思ったのですが、これには大きなハードルが・・それは1ヶ月の教育実習です。「つまり、1ヶ月も仕事を休むってことか?会社にどう説明しよう?これって実質、会社辞めないと無理だ。どうしよう・・」
就職氷河期を生き抜いた私にとって、正規雇用を手放すことはリスクが高くて嫌でした。しれっと免許を取得して、しれっと採用試験受かって、次のステージを決めてから辞めたい。何とかならないのかと探していたら、この試験に出会ったのです。それが小学校教員認定資格試験です。


受験資格・・高卒で満20歳以上の人でその他大学に入学する資格を有するもの
つまり、大学に行かなくても受験可能です。小学校の2種免許になりますが、単位もいらず、試験にさえ合格すれば一気に免許を取得できます。
つまり、1ヶ月の教育実習に行かなくてよいのです!これは本当に助かります。働きながら取得できることに嬉しく思いました。 


 しかし、この試験はとても難しい試験でした。それは、圧倒的な情報量の少なさです。関連書籍もほとんどない。現職の先生も知らない人が多いです。よって対策が立てにくいことが一番の難点でした。そこで次回は私の体験談をもとにどのようにクリアしていったかをお伝えしたいと思います。特に社会人の方には本当に良い取得方法なので是非検討していただきたいと思います。以下に文科省のサイトにある要項を貼っておきます。
 
文科省 小学校教員資格認定試験について 

 

大学院で、すてきな校長に出会ったことがあります。
お会いしたときに、ご年齢は58歳でした。
SPSSという統計ソフトに苦労されながらも、見事分析されていました。

そして、彼女の経歴がすごい。

短期大学を出て小学校の教員になります。
2種免許から1種免許を取って終わりの方が多いのですが
彼女は、放送大学に入学してずいぶん長い期間をかけて卒業されました。
子育てもたいへんだったことでしょう。その上で
教頭をしながら大学で学びました。
そして退職間際にもかかわらず、大学院に入学して無事修了。

教頭をして学び続けた意思は尊敬です。
彼女の学校の校長室で、大学院生4人(うち3人は社会人)と研究談義で盛り上がったのも思い出。知的な盛り上がりは、年齢・世代を超えます。
職員室の雑談は好きですが、いつでもできます。でも、知識が基盤にある会話は大変刺激があります。

彼女の生き様は、立ち位置がどこであれ、がんばった人だけが得られる尊敬です。

いつかは来る退職や最後のときに、自分は家と職場と教育委員会でほとんどのときを過ごしたとする人生か
または
大学など社会・論文(世界の最先端)などと触れ合いながら、生きて行ったか。
私は後者がかっこいいと思うので頑張ります。
  

前の記事「君の頭は腐っている!」子どもに吐き捨てた教師の続きです。

以下は伝記からの作話です。
「君の頭は腐っている!」
これは、
エジソンが教師に吐き捨てられた言葉。

こんな言葉を我が子が言われたとき、学校に状況を聞いてください。
状況を聞かないと何がおきたか分かりません。
怒鳴りに行きますか?最後まで読むと考えが変わるかもしれません。

でも、担任に聞いて見てもどうだろうって疑問に思えたとき。
私なら、学年主任に相談することをおすすめします。

それでもわからなければ、すみやかに学校長などの管理職に相談です。

「君の頭は腐っている!」

びっくりする話ですが、モヤモヤして過ごすよりは教えてもらうほうが楽になりそうです。

伝え方のひとつとして
「子どもの質問が多いようなので、この子の個性をどう活かすとうまくいきそうですか?」と聞いてみるのも手ですね。

相談の中で言わないといけない言葉は、エジソン君が傷つくので「君の頭は腐っている」なんていわないで欲しい。とつたえることです。
(上記をすぐに伝えたいのですが、いきなりこれをいうと聞き手の先生も頭が真っ白になって、話が入りにくくなります。子どもがどうかという視点を伝えるのは必要です。)

何よりも
我が子が辛くない環境を整えていきましょう。

以下のエピソードはwikipediaのため信憑性があるともいいきれません。(以下斜字は引用です。https://ja.wikipedia.org/wiki/トーマス・エジソン)
エジソンのお母さんのとった行動
小学校の教師であった母から勉強を教わる。母は、好奇心旺盛のエジソンのために家の地下室に様々な化学薬品を揃え、エジソンはそこで科学実験に没頭

私の読んだ伝記では、さらにこの地下室でボヤを起こします。学校の授業ではなく、違う環境を与えることで解決をはかったのですね。でも、地下室なんて私の家にはありません。場所もないです。

そこで、私が学年主任であれば以下のようにします。

この担任の先生のエジソン君の伸ばし方を考えます。

ただし、この担任の先生は言動にでるほどの人なので、
言い回しや子どもの捉え方がたくさんできるようにしていきたいですね。
担任の先生が、いい方向で子どもを見ることができるように声かけを頑張ります。
人間ですから、私自身がめげそうなときは周りに相談します。
また、保護者に対しては博物館や科学館などの施設の紹介と興味のある専門家を紹介して学校にとらわれない指導を目指して見たいですね。


立ち向かうというよりも、
本筋である子どもを伸ばす行動をとりましょう。
子どもファーストですね。

始業式始まりましたか?冬休み明けに子どもに話をすることを
自然と自分なりにアレンジできるような内容を記事にしました。

若い人から、始業式のお話することを聞きました。
このように、書いておくと客観視できていいですね。
真面目な学校の先生という印象を与えられそうですね。
学校始めに読めるように記事をコピーして印刷しておきましょう。
自然に自分なりに読み替えてアレンジできると思います。


お金や出かけるときのルールを守れましたか?
何より楽しみましたか?
今日から3学期です。この3学期、学校生活を送る中でお願いが2つあります。

3学期が終わると1つ学年が上がりますね。
6年生は中学生に、5年生は最高学年の6年生に
というように、みんな1つ上の上級生になります。上級生ということは、下の学年の子たちのお手本となる必要があります。みんなはお手本になれていますか?
 
休み明けだから生活リズムも整えようね。
 
クラスのルール、学校のルール守れていますか? 今これを聞いてヒヤッとした人いませんか?
大丈夫。今からがんばればいい。そのがんばりを先生たちは見ています。
春には1つ学年が上がるんだ、そういった思いをもって、みんな一人一人がルールを守って、上級生としての行動をとってくれることを期待しています。

最後に、
みんな自分のクラスを見渡してください。
学年が上がり、担任の先生も含めて、そのクラス全員がまた一緒になることは、おそらくありません。みんなで一緒に勉強したり、運動したりするのも、3学期で最後。そう思うと寂しいですよね。
 
みんな3学期って早いよ。あっという間に終わってしまう。1年の中で一番短いんだ。だからこそ、クラスの思い出がギュッと詰まった3学期にしてください。クラスの子たちといっぱい遊んで、いっぱい勉強して、春になったとき、みんな一人一人が楽しかった思い出がたくさんできるように過ごしてください。みんなが楽しく過ごすためには、クラスの友達に優しくしてあげないとね。こんなことしたら怒るかな?立ち止まって考えよう。やり過ぎたらごめんな、すぐ謝ろう。これしたら喜ぶかな?どんどんやってあげよう。

春になって、思い残すことのないように、みんなが、あー楽しかったこのクラス!といえる、良い3学期にしてください。早速今日、20分休憩もあるので、休み時間にいっぱいクラスの子たちと話したり、外で遊んだりしてね。そしていっぱい優しくしてあげてね。先生からの一番のお願いです。

これでお話しを終わります。

この記事は、書き方・内容について弁護士相談にチャレンジしてOKとなった文章です(こちらの記事)。伝記から子どもへの声かけを考えていきます。教師側が持っておく語り方ですが教師という指導者(リーダー)の手の内を知ると、自分の仕事への応用も効きそうですね。
次回の記事は、自分の子どもが言われたときの対処方法を書きます。

「君の頭は腐っている!」子どもに吐き捨てた教師
Edison(エジソン)が担任の先生から言われた言葉です。
これを今日は題材に3つの視点からみていきます。状況を、点・面・空間で切り取ります。
点とは、一部の切り取り・言われたこととします。
面とは、教員と子どものやりとりと状況として
空間とは、やりとりを空の上から視る視点とします。


以下のエピソードはwikipediaのため信憑性があるともいいきれません。(以下斜字は引用です。https://ja.wikipedia.org/wiki/トーマス・エジソン)

点(一部の切り取り 言われたこと)
君の頭は腐っている
ひどい?ひどくない?
この君の頭は腐っているの1点で捉えると間違いなくひどいですよね。
この捉え方だけであれば、誰でもそう思います。ここで止まれば、
「こんな先生にならないようにね。自分なら言わないと決めれば思考停止できます。」でそこまでで終わります。(もちろん私はこんなひどいこといえないです。)

面(教員と子どものやりとりとして)
これをエジソン君が言われるには、やりとりと状況が何かあったのではないかと考えます。
いきなり教員がいうはずはない。
授業中には事あるごとに「なぜ?」を連発し、最終的に担任の先生から「君の頭は腐っている」と吐き捨てられ

このエピソードを小学生のとき伝記で読みました。
このときは、子どもながらひどいと思っていました。大人になるとここの状況が気になりました。

状況として授業中にことあるごとに「なぜ?」を連発し・・・毎時間、「なぜ?」を連発したときに自分がその教員当事者なら


困りますよ! 


なぜか!
他の子どもたちの時間を巻き込んで
、そのあいだはずっとエジソン君の「なぜ」につきあうから。
はじめは、「いい質問ですね」といって授業に子どもの意見を反映できますが、これを続けたら他の子ども達は公平に処遇されているといえませんね。

エジソン君にかかりっきりになると、他の子の考える時間と育つはずの才能を台無し(他の子どもの機会費用を奪っています。)にすることになりますね。

校長も退学をすすめるほどってなかなかすごかったんでしょうね。
でも、「困ります」で終わりならこの教員のレベルに近いかもしれません。
エジソンとその子ども達を伸ばす言葉を考えたいものですね。

空間から(やりとりを空の上から視る視点)・・・この考え方は今後、記事で紹介します。
 自分たちは関係ない?違いますよね。日常的に似た言動をみます。
教員が困って、自分の気持ちを楽にしたいために出してしまった言葉・・・。
職員室で教員同士で話すことがありますよね。
つまらない隠喩で例えば、学級の状態がサファリパークですねなど。
これはこのエジソンに吐き捨てた教員とあまり変わらないですね。
人前で言わない節度はありますね。
発言してしまう教員も辛いからいうのでしょう。
そこで終わるのではなくて、この言葉をレパートリーにいれてみましょう。


以下は手帳に書く。発言バリエーション

エジソンとその子ども達を伸ばす魔法の言葉
「いい意見だね。今は他のみんなに対して授業をする責任があるから、休み時間と放課後にもう一度話をしにきてくれますか?」

発言の意味 エジソン君と他の子ども達の公平性を保とう。エジソン君も大切にしていることを「いい意見だね。」にこめましょう。

エジソンとその子ども達を伸ばす魔法の言葉
「今日は、○時間目の休み時間の10分あげるから(リミット・セッティング)その時間で疑問点を説明してごらん?」
発言の意味 時間内で話をさせる練習になります。短く自分の説明ができることは、エジソン君にも周りの友達にもいいことが多そうです。

エジソンとその子ども達を伸ばす魔法の言葉
「あいにく、時間が取れそうにないから図書館で本を借りて調べたことをレポートにしてきてごらん。」

発言の意味
 
これを方便にして教師がみないことがあります。エジソン君の支え方としては、最低限のレベルとしてレポートに花丸をしたり、コメントをいれたりします。
読んでいてわからないときは、もう少し詳しく調べて教えてなどとエジソン君とのコミュニケーションツールとしてレポートを活用して、自学自習をうながすといいと思います。)


エジソンとその子ども達を伸ばす魔法の言葉
 「
そして、わかったことを帰りの会でみんなに5分で伝えてあげてください。」
発言の意味
自分の興味がわいたことを人にわかりやすく伝える。5分というリミット・セッティングも与える。これは、授業中に時間を無制限に与えられないことを子どもに隠喩(メタファー メタフォリカルアプローチといいます。)しています。帰りの会ですから、他の子どもも帰りたい気持ちがあります。そこを超えるだけの面白さ・発見がエジソン君から語られれば、話し手・聞き手の双方が幸せになると思います。
私の好きな言葉「自利利他」です(みずからのためにしたことが、人のためになる)。

そして、がんばったら結果にこだわらずにほめる。

結論
やりとりの中でひどい言葉で嫌な雰囲気になるよりも
周り全員を伸ばす言葉がきっとみつかります。
急に言われたり、考えがいっぱいになっていたりすると言葉が乱れます。
事前にこういった場面に対するプロアクティブ(シュミレーション・事前対処)しておこう。

次回記事は、
「君の頭は腐っている!」とわが子が教師に言われたらです。

新学期が始まって、また学校がはじまります。
まちにまった学校でしょうか?投票をしてみましょう!
待ちに待ったということであれば、いいですね。

前者であれば!
子どもも大人もしんどいので
まずは、フルエンジンでは仕事をしない。
新学期始めは学級経営上、緊急かつ大切なので臨時時間割変更が手です。
月曜日
1時間目 提出物確認(冬休みの宿題や提出物もさすがにここまで)や身辺整理(荷物忘れなどもそろそろもってこさせたいですね。色鉛筆・消しゴム・机の中の整理)ここで焦って授業をすると子どももしんどいでしょうね。
2時間目 これは国語・算数などしっかり勉強。国語なら音読教材が多いですよね。詩を読ませる。視写(詩などを書き写すことで静かにさせて事務作業)
3時間目 しっかり勉強あるいは、パソコン室や図書室など
4時間目 NHKの動画をみせる(パソコン室や図書室など)する。少し早めに給食の準備をしましょう(学期始まっての週明けの給食は、大混乱します。落ち着きのないクラスなら20分は取ろう。)
5時間目 図画工作などなければ書き方(落ち着かせましょう)
6時間目 1月の学活でしたいことなど。この日のこの時間にまじめにお勉強は危険です。
あとは野となれ花となれであれば体育。
宿題は少なめにしておきましょう。ゆっくり休む!でもいいかと思います。
保護者との信頼関係が取れていない場合は、音読・計算ドリル・漢字ドリルで少なめに出しましょう。

無理せず、よゆうをもって子どもに接することが大事!

friends_kids


若い人視点での学級びらきを聞いてみました。
学級経営が上手で子どもの心を惹きつける先生の方法です。

3学期ともなると、あまり気合を入れて学級開きをしない先生もいると聞きます。
ですが、子どもたちにとって、学校は楽しいな!と感じることは登校しぶりなどが起きやすい休み明け特に大切です。
生活指導で、冬休み状態の気持ちを切り替えさせることも大切ですが同時に学校は楽しい所だと思ってもらうためにも毎学期の学級開きは楽しくしたいなといつも思っています。

今回はあまり用意せずにできるものを集めてみました。
以下手帳にコピーして貼り付けましょう。 

①冬休み先生クイズ
先生が冬休みにしたことをあてる

例えば
旅行にいきましたが、どこにいったでしょう?
1.沖縄 2.ハワイ 3.宇宙
1つだけ、絶対にないだろうというものを選択肢に入れます

例題
おもちを何個食べたでしょう
初詣でお賽銭をいくら入れたでしょう
年賀状は何枚きたでしょう
先生の実家は何県でしょう


②サイン集め
連絡帳のサインを先生じゃなくてみんなにもらう。
新年なのでもらうときに
あけましておめでとう!今年もよろしく!
と言ってサインをし合う。
途中で〇〇くんはもう〇個サインもらってるよ!というと盛り上がります。

③新年王様じゃんけん大会
中学年までならじゃんけんだけで盛り上がります。はじめは先生が王様になり、みんなとじゃんけん。先生とのじゃんけんに最後まで勝った人が、次の王様です。王様が何人か交代していくまで続けてもいいですし、あいこ勝ち、負け勝ちなどルールを変更しても面白いです。

④冬休みバスケット
何でもバスケットの冬休み版です。みんなイスだけ用意して円になり、1つだけイスを抜き、はじめは誰かが鬼になります。鬼はお題をいいます。ルールとしてこのお題はかならず、「冬休みに」とつけるなど冬休みに関係のあることしかダメです。
冬休みにおもちを食べた人
おせちが好きな人
冬休みに風邪を引いた人
お年玉を親に取り上げられた人
お雑煮は味噌味の人

配慮としてお年玉の金額を聞いたりするのは止めようといいます。また、お年玉をもらってなさそうな子がいたら、お年玉のネタ自体禁止してもいいと思います。お金のことだし聞くのを止めようと理由を伝えて。
「冬休みバスケット」と言えばみんな移動します。共通点も見つかって面白いと思います。

これらは何も冬休みに限ったものでなく、夏休み明けにも使えます。

それに加えて
僕は初めの20分休憩はできるだけ一緒に遊びます。そのクラスの実態に応じて出来るだけみんなができる遊びをしてあげればいいですね。
何よりも初日に、楽しかったなぁ学校!と思ってもらうことが、次の日からも3学期からも子どもたちが楽しく登校できる基盤となりますので、是非使ってみてください。

eto_tori_shinnen_aisatsu_man


新学期のご挨拶
手帳にはっておくと便利ですね。
□新学期の挨拶
1.冬休みは楽しかったですか?私は〜をして過ごしました。
〜は友達に会ってご飯を食べました。が月並み
食べ過ぎて○kg増えました。の驚き系
百人一首で家族で○位でした。などほんわか系。
いきなり実験!でひきつける。(紅茶の実験オススメですよ。5分でできる 簡単準備 4年だけでなくても、もののあたたまり方 空気
いきなりマジック!でひきつける。
海外旅行などご自身の豊かさを出すのは気をつけて発言します。
2.3学期は最後の学期なので、みんなといい思い出を作りたいと思います。(明日からみなさんに冬休みのことをスピーチしてもらいますのパターンもあります。)
3.それでは、早速明日、ゲームをしましょう(ドッジボールや子どもが好きなことをして、新学期の来たくない雰囲気から早速面白いことが始まるにおいをだしておく。)
4.冬休みにハガキを配っていたら(この記事を参照に)、答え合わせをして帰ります。これも子ども的には楽しみにしています。


 

準備



冬休みがおわりますね。
新学期にすることをコピーして手帳にはりましょう。
新学期にする準備編
□チェックリストの確認
□宿題の確認や提出物の確認をするチェックリストです。
□席替えの配置を考える。(新学期は気分が伸び伸びしてますから、静かになることを視野に作成)
□係当番決め(2学期までに作った係でいるもの・いらないものを考えておきます。子どもと決めることもできますが、学級に役立つ係の創設は提案できるといいですね。黒板消し係はへらそうなども)
□学級開きの挨拶案
□理科の実験の準備(はじまってからは提出物チェック地獄です。段取りは大事)
□教室整備(ほこりがたまっています。)
□油引き
□書類だな
□昨年度の落し物を処分してなければ処分
□雑巾を新しいものに交換(新学期すぐでも可)
□黒板にメッセージを書く(お好みで)
□学年打ち合わせ
□教科書を読んでおく。(何を教えるかイメージがつくと段取りがたちます。)
□学年通信作り(行事予定は参考になる。)

明日は、新学期のご挨拶案をかきます

 




ny教育庁

学校にこもって、小さくなるな!世界に出ろ!
冬休みにはいって、ひと息ですね。これまでの教員生活をふりかえって、ほとんどを学校と家の往復ではありませんか?教育は世界共通です。長期休暇は、世界に旅立って大きくなってみましょう。

数年前ニューヨーク州教育委委員会に行き意見交換しました。
教育は市政の影響を受けます。

歴代市長の評判
アメリカ合衆国は連邦政府と州政府の役割があり、教育制度は州政府の影響が大きいです(「つづきを読む」に連邦政府と州政府の教育の分担を書きました。)。
ですから、市長の考え方や評判は大事なのです。
現在のデブラシオ市長はわかりませんが、ジュリアーニとブルームバーグ元市長の評判を職員の方からお聞きできました。その前にまず市庁舎はかっこいい。ニューヨーク市教育課です。
顔写真に金属探知機のセキュリティチェックをおこなって入ります。


ジュリアーニ元市長の話は、彼らとの会話の中でよくありました。
割れ窓理論で有名ですね。検事あがりの彼は、治安の向上に貢献しニューヨーク地下鉄に乗れるようになったなど評判上々です。
ブルームバーク元市長は、
かれは金持ちだから、これが先立ちました。
リベラルで、オバマ大統領とも似ています。同性愛擁護傾向で渡米した頃はピンクリボン運動が盛んでした。通訳の方の息子さんが議員さんのカバン持ちでしたが、その話によると資金力・票の面で相当の影響力があることと人権擁護の観点からも大きな潮流になっていました。
教育課をアメリカなどでみられる個室から大部屋(職員室みたいな感じ)に変更され働きにくそうでした。
職員の生の声(オフレコもあり)は、価値がありますね。

渡米後の市長であるデブラシオ氏ですが反ブルームバーグ派です。
わからないので、CNNより(http://www.cnn.co.jp/usa/35039527.html)


つづきは、アメリカの教育制度です。興味のあるかたはどうぞ。続きを読む

↑このページのトップヘ