小学校教員華丸先生の連絡帳-投資教育と金融教育重点中-

教員である幸せ しばらくは投資記事に重点

小学校でこの時期することや投資、科学、健康、生活に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

カテゴリ:教員採用試験 > 小学校教員資格認定試験

無試験状態で59歳でも教員になれる方法のまとめ!

2017年3月5日ブログ(あと数年だけ!初心者でも高齢でも公務員になるために)で、勉強ができなくても心持ちだけで59歳でも教員になれることをお知らせしました。
そしてほぼ無試験でなる方法はこちら。(年齢制限なし、公務員でも給料高めに無試験状態でなる方法
そして、勉強の方法も!(公務員の待遇がうらやましい?無試験で手に入れる方法 レジェンドを超える勉強法 最終編

さらに地方でも、59歳で教員になれる地域が拡大!


 九州でも福岡、佐賀、熊本3県や北九州市の教育委員会などがこれまで39、40歳以下だった新卒・既卒の上限を49~59歳以下に緩和。
 受験者も約4割減った。

=2017/05/05付 西日本新聞朝刊=より引用(ヤフー記事はこちら


保護者の大雑把な傾向 都会の教員は、軽んじられやすく、地方の教員は尊敬の傾向

地方では、教員は教えを授けてもらえる人という感覚が残っているため、保護者が先生を立ててくれるところがあります。このため学級としては荒れにくい状況で、教える指導に専念しやすい。また、理不尽なクレームをいう保護者に対して、地域が暗黙の反応を起こし(地域にいずらくなるようです。)、守ってもらえる傾向もあるそうです。(全国の教員との交流から得た個人の見解です。)
しかし、地方なので山を2つこえて出勤は当然あります。
地域のためにという意識は大切です。
地方としては、給与は高く尊敬も集めやすいお仕事かもしれません。

都会では、教員の偏差値は国立大学で50台、私立では、30以下から50台しかも受験教科が2・3教科ということもあり、それを上回る学習歴を持つ保護者が多く存在します。
都会の保護者は社会人になっても学びに触れる機会や情報が多いのです。
教員の現状は、職場と家の往復で疲弊した状態でそれらの方々のニーズに応じた教育提案などが求められます。
また、地域のコミュニティが薄いので、学校に対して求めようのない部分まで求めてくる傾向もあります。
教員も地域に貢献する意識もまちまちといったところです。
企業人や出版社などとのコンタクトは得やすい方かもしれません。
都会の仕事としては、尊敬を集める仕事とはいえません。給与も都会水準と比べると低いと思います(短大卒の水準としては高待遇です)。

しかし、最近では地方と都会とのこのような温度差も悪いところどりで、なくなってきています。
子どもに向き合って頑張るという心持ちさえ変わらなければ、地方VS都会の感覚は超越できます。
保護者がどうこうというのも自分の子どもへの熱意に振り分けたほうが建設的です。

九州の地方都市では1000万円代でマンションが購入できます。大都市圏では同じグレード駅の近さで3000万円なんてこともよくあります。給与は地方の教員は若干安いかもしれませんが、それを上回る物価の安さが地方にはあります。

上記は私の個人的な見解にしかすぎません。
本ブログの読み方としては、現場にいるものの感覚・生々しさとして参考になる情報だと思います。
いろいろな情報を収集して、あなたにとって有益な情報に変えてみましょう。
(上記は個人的な見解であり、空想読み物としてご理解ください。)

今回は学生時代に頑張った事について説明します。

私は民間企業の面接も何社も受けましたので、
この質問は本当に何度もされました。
もちろん、教員採用試験で聞かれる内容でもあります。

よく集団面接などでこの質問を全体にされたとき、
周りの人たちが素晴らしい学生時代の栄光を話されていて、呆気にとられたのを今でも覚えています。

みなさんは学生時代に何をしていましたか?
「え、特に頑張ったことない・・」
そう思ったあなた!
じゃあ質問です。
周りの学生がみんなもの凄く頑張ってすごいことを成し遂げていますか??
正直、そんなにいない。

じゃああの素晴らしい学生たちはどこから湧いてくるのか・・
みんな自分の学生時代にやったことを何とかピックアップして作品として仕上げてくるのです。

極端なこといってすみません。言い換えると、学生さんってみんな何かしら頑張っているんですよ。
普段の授業やゼミ、バイト、サークル、部活動など
どれでもいいので、一番頑張れたなってことをピックアップするんです。
そして、大切なのはその経験からどんなことを学んだかです。


例えば、私は部活動での経験を使いました。

私は学生時代に◯◯部での活動に力を入れました。
そのときに一番悩んだことは、部員のモチベーションをあげることでした。
一斉に檄を入れても、それでモチベーションが上がる人もいれば、下がってしまう子もおり、
様々でした。そこで、休憩時間など部員をよく観察して、その人がどんな性格かをよく観察して、
声かけをしました。その結果、部長からも「いつもよく周りを見て盛り上げてくれてありがとう」と感謝されました。私はこの経験から、周りをよく見て観察することの大切さを学びました
教員も、子どもの人となりを掴む必要があります。子どもたちの行動をよく観察し、その子に応じた指導や支援を行っていきたいとおもいます。


このように、教員になってもそのことを生かすことを最後に添えることで、
この人は経験からよく学習し、その学んだ事を生かそうとする人だという印象を与えるのです。

さあ、みなさんも是非、これまでの学生生活を思い出して作ってみてください。










 

さて今回は志望動機についてです。


教員採用試験での志望動機は2つのポイントがあります。
1. どうして教員になりたいのか
2.どうしてこの自治体なのか

です。

教員の志望動機は結構考えやすいですね。よくあるのが、恩師との触れ合いの経験をもとにして、私も恩師のように◯◯できる教員になりたいと思った。
などの理由です。
経験をもとにすることはいいことですね。


では、どうしてその自治体なのか。
地元であるなら、地元の教育に力を添えたいで十分です。
地元でない場合はどうするのか。
少しでも何か縁がある場合は、それを理由にすることは大切です。

それでも縁もゆかりもない自治体を受けることもあるでしょう。

私の場合はその自治体が出している教育方針をよく読みました。
そこから共感できるポイントを引き出しておくのです。
そして、私は◯◯な教育をしていきたい。教育方針にも◯◯とあるように◯◯県ならば、それが実践でき、◯◯県の教育のために頑張りたいと思った。

この理由をしっかりと述べることで違和感はなくなるはずです。
ポイントは
自分の教育方針と重なるその自治体の教育方針がないか
です。
自治体を受けるにいたり、その自治体の実践なども調べておくことは大切です。

あなたの熱意をしっかりとぶつけてください。







 

今日は自己PRについて説明します。

PRでは
①私にはこんな良い所がありますよ。 
②その良い所が活きた場面はこんなときですよ。
③私を採用するとこんな使い方ができますよ。

ということを伝えます。

そこで
「私は○○な人間だ」 
ということを理解しておく必要があります。 

前回に繋がるのですが、この◯◯には長所を入れるといいでしょう。 
正直いって、長所の文章とあまり変わりません。

例えば、コツコツとやることが得意な人だとすれば、

「①私はコツコツと取り組むことができる人間です
私は昔、◯◯の販売のアルバイトをしていました。アルバイトを始めたときは、周りの方の作業スピードや接客が素晴らしくて、器用でない私はかなり足手まといでした。しかし、自分にできることをコツコツとやろうと、接客では「笑顔で明るく」対応して、挨拶を忘れないなど基本を心がけて頑張りました。その結果、今では「◯◯さんはいますか」とお客様から尋ねてもらえるほど信頼関係を築くことができています
私は教師になっても先輩たちから教えてもらう基本を常に忘れずにコツコツと取り組みます。そして、一歩ずつ確実に成長し、子どもや保護者、また職場の仲間から信頼される立派な教員を目指したいです。」


こんな人間だ
その裏付けとなる経験
そして働きぶりを想起させる仕事像

これらを入れることで自己PRはまとまります。

では次回は志望動機について説明しますね。
 

今日は自己分析の1つともなる。長所と短所について説明します。


日頃、道徳などで小学生相手に「自分の良い所を見つけよう」という授業をすることがあります。
その授業をするなかで思う事は、短所の方が見つけやすいということです。
子どもたちも短所はわかるけど、自分の長所を見つけることが難しそうです。

そこで長所と短所をどのように見つけるかです。

1つは前回紹介した自己分析の中で、自分の性格などが見えてくると思います。
その性格が長所に近いはずです。

たとえば、私ならば小学生から1つのスポーツを続けてきました。
そのことから、継続力があるという長所を導きだしました。

また、長所を裏返せば短所とよく言います。私は継続力があるため、1つのスポーツをずっと続けてきましたが、その反面、新しいスポーツに挑戦することをしませんでした。そこから短所は新しいことに飛び込むことが苦手と導きだせます。

 2つめは他人に自分の長所や短所について聞く事です。これは面接などの質問で「周りの人からどういう人間だと言われますか?」と聞かれることがあるので、聞いておくと良いでしょう。
家族や友人などできるだけ色んな人に聞くといいでしょう。 

では、これらを使って長所や短所を見つけると、複数でてくるかと思います。けれども、面接で伝えるのは1つでいいので、使いやすいものを1つ決めておくといいでしょう。

長所については、ただ回答するだけでなく、
①.その長所が今まで活きた場面
②.その長所を生かしてどのように仕事をしていくか

を用意しておきます。

たとえば、継続力が長所ならば、
「私の長所は継続力です。①これまで1つのスポーツを小学校から今までずっと続けてきました。もちろん嫌になることもありましたが、あきらめずに最後まで続けて結果を残そうと今も頑張っています。 ②その継続力を生かして、教師になったらどんな子たちとも粘り強く向き合い、その子たちがよりよく成長していけるように、指導・支援をしていきたいです。


このような回答を用意しておくとその人柄がイメージできてよいと思います。


また、短所については、
その短所を克服するためにどのようなことをしているかを用意しておきます。
たとえば、新しいことに飛び込むことが苦手ならば
「私の短所は新しいことに挑戦することが苦手なところです。その短所を少しでも克服するため、今はいくつものサークルや大学などに顔を出して、新しいスポーツをしたり、色々な人と出会うことで、様々な考えに触れる練習をしています。将来はこの短所を克服して、挑戦することを楽しめる教師になりたいと思います。」

短所はありますが、そのことを理解しつつ、そのための対策を取っていますよ。ということを伝えるのです。
 

長所と短所はエントリシートなどに書く場合もありますので、早めに用意しておきたいですね。


さて次回は、自己PRについて説明します。
 

次は2次試験です。

2次試験は
  ・教科に関する科目(記述試験)
  ・教職に関する科目(実技試験)
  ・口述試験
の3つです。
私は中学校の免許を持っているので口述試験は免除でした。


まず教科に関する科目から
私がおすすめする教科は体育です。
なぜなら、指導要領解説編の内容を丸暗記しておけば回答できる記述問題だからです。
その他の教科ではその教科に関する専門的な知識が必要な記述問題も含まれいています。 
それでは対策もしにくいです。なので私は体育をおすすめします。

次に実技試験ですが、
図工は鉛筆水彩画
体育はサッカーのリフティング・バスケットボールのシューティング
体操の後転・側転・開脚前転・倒立前転 
音楽はピアノの弾き語りだと思います。

私は図工と体育を選択しましたので、
図工は絵画教室に通いました。鉛筆水彩画というのは、デッサンをしてから水彩絵の具で色をのせます。
絵画教室で教えてもらいましたが、大切なのはデッサンです。あとは淡く色をのせるだけです。


体育はサッカーとバスケは公園などで練習をしました。
バスケットゴールがある公園なども探せば見つかります。
体操は体操の個別教室に通いました。

実技対策はある程度練習期間が必要となります。

3次試験も免除であったため、私はこれでなんとか合格しました。
成績開示はしていないですが、体育は失敗しまくったのに合格したので、驚きました。

働きながら免許を取得されたい方は是非チャレンジしてみてください。








 

続きです。

教職に関する科目2の教科の選択をする際に、
必ず過去問を見てください。文科省のホームページにあります。
文科省 小学校教員資格認定試験について

選択のポイントは
 ・その教科についての一般知識があるか。
 ・指導要領の内容が覚えやすいか。
の2つです。

私は2次試験の実技で体育と図工を選択したので、
体育・図工をまず選択しました。


残りの教科を選択する際に、考えたのは「どのようにして6割を取るか」です。
私は対策のしにくい教科の知識問題は置いておき、指導要領の問題を全問(10問)正答して、残り2問を知識問題で取ることを目標にしました。
そこで、指導要領解説編のページ数の少ない教科や指導要領の内容が、学年間の系統性がわかりやすくて、覚えやすいものを選択しました。

残りの教科で選択したのは、生活・家庭・音楽・国語です。


対策ではひたすら指導要領解説編の内容を覚えました。
教科によっては解説まで覚えずに済みます。例えば、国語や音楽などは解説編の内容ではなく、指導要領の内容を問われることばかりなので、覚える量が少なくて済みます。
図工は指導要領解説編の内容の問題が少なくてしんどい教科ですが、
この教職に関する科目2は選択した6教科の合計が6割を超えていたら良いため、他でカバーすることができました。


次は2次試験の科目選択の話をします。
この2次試験も選択が大事なカギとなります。



  

前回は小学校教員資格認定試験の概要について説明しました。
では今回から対策について説明します。

まず大切なのは情報収集です。
書籍がないので、インターネットに頼りました。
また、mixiなどで検索するとコミュニティがあり、その過去の投稿を振り返り情報収集できます。


試験の合格基準は簡単です。正答が6割を超えていること。 
1次試験は
   教職に関する科目1
   教職に関する科目2
以上の2つです。

教職に関する科目1は要するに教職教養です。
教育原理,教育心理学,特別活動,生徒指導等教職に関する専門的事項とされています。
これらは、教員採用試験の教職教養の問題と同様なので、教採用の対策本で十分です。
しかし、このテストの正答が6割を切ってしまうと不合格なので、抜かりなく対策する必要があります。
20問中12問正答すればセーフです。

次の教職に関する科目2は
国語・算数・理科・社会・生活・家庭・体育・図工・音楽
の中から6教科選んで受験します。ただし、体育・図工・音楽のうち2つは必ず選択しなければなりません。また、選択の時の注意ですが、ここで2次試験の教科に関する科目3(実技試験)の教科を選択しておかなければなりません


そして、この教職に関する科目2は20問あります。10問が学習指導要領の内容を問う問題で10問が教科の知識を問う問題です。
学習指導要領の内容を問う問題については、学習指導要領解説編を買いました。
教科の知識を問う問題については対策しづらいのですが、教採用の小学校全科の対策本で勉強しました。


この教職に関する科目2の対策の仕方で、勉強の苦労度が変わります。
次回詳しく説明します。



 

みなさんはどのように教員免許を取得されましたか?


私の周りに聞いてみると、教育大学や免許取得可能な大学等で取得した。これが一番オーソドックスな方法です。また、社会人から免許取得をする際は佛教大学などの通信制大学で取得するパターンが次に多いかと。
しかし、知っていますか?小学校教員資格認定試験という裏技を!



私は学生の間に中学と高校の教員免許は取得しましたが、小学校の免許は「別にいいよなー」と思って、取りませんでした。私はそのまま民間企業に就職して働いていましたが、少しずつ昔あこがれていた教壇に立つという思いが強くなってきました。そこで、中学の恩師など色々な人に相談すると、「小学校の方がええぞ」、「小学校の方が受かりやすいぞ」とアドバイスをもらいました。それから中学・高校の部活動のしんどさを延々と語られました。学生のうちに行っていた高校への教育実習から「高校って生徒との距離感があるから、もっと近い距離感で教えたいな」と思っていました。周りに相談すると「それなら小学校!」と言われました。
私はそれを言われて「小学校いいなー」と思ったのも束の間、「あ・・小学校の免許持ってないや・・」と気づきました。



「取っとけば良かった・・」と後悔しつつ、調べていくと働きながら取得するには、通信制大学で取得とありました。そうしようと思ったのですが、これには大きなハードルが・・それは1ヶ月の教育実習です。「つまり、1ヶ月も仕事を休むってことか?会社にどう説明しよう?これって実質、会社辞めないと無理だ。どうしよう・・」
就職氷河期を生き抜いた私にとって、正規雇用を手放すことはリスクが高くて嫌でした。しれっと免許を取得して、しれっと採用試験受かって、次のステージを決めてから辞めたい。何とかならないのかと探していたら、この試験に出会ったのです。それが小学校教員認定資格試験です。


受験資格・・高卒で満20歳以上の人でその他大学に入学する資格を有するもの
つまり、大学に行かなくても受験可能です。小学校の2種免許になりますが、単位もいらず、試験にさえ合格すれば一気に免許を取得できます。
つまり、1ヶ月の教育実習に行かなくてよいのです!これは本当に助かります。働きながら取得できることに嬉しく思いました。 


 しかし、この試験はとても難しい試験でした。それは、圧倒的な情報量の少なさです。関連書籍もほとんどない。現職の先生も知らない人が多いです。よって対策が立てにくいことが一番の難点でした。そこで次回は私の体験談をもとにどのようにクリアしていったかをお伝えしたいと思います。特に社会人の方には本当に良い取得方法なので是非検討していただきたいと思います。以下に文科省のサイトにある要項を貼っておきます。
 
文科省 小学校教員資格認定試験について 

 

↑このページのトップヘ