小学校教員、臨床心理士の華丸先生連絡帳

成果を明確に出せる人になれるブログです。教え子も、有名大や最優秀賞受賞などの夢を叶え手応えを感じている中堅教員です。 自身も大学院を出て臨床心理士、文科省海外派遣、受賞多数、研究費獲得、大手出版社での出版経験を持つ。 教員の仲間を博士号取得の高みに到達させつつあります。 華丸先生の近況は、金融庁推進の積み立てNISAを自身が体験した上での金融教育(投資教育)の展開を推進中。

成果を明確に出せる人になれるブログです。
教え子も、有名大や最優秀賞受賞などの夢を叶え手応えを感じている中堅教員です。
自身も大学院を出て臨床心理士、文科省海外派遣、受賞多数、研究費獲得、大手出版社での出版経験を持つ。
教員の仲間を博士号取得の高みに到達させつつあります。華丸先生の近況は、金融庁推進の積み立てNISAを自身が体験した上での金融教育(投資教育)の展開を推進中。

カテゴリ: 授業のコツ

参観で子供に手紙を書かせる手順

手紙をノートに下書きさせる

1行ごとに文を開けてかかせます。

書かせたノートを持って来させる
子供と話をしながら、詳しく聞いていきます。
その内容をこの空いている1行に追記してあげます(子供によっては自分でメモをさせていきます)

文章を読ませる

ゆっくりと大きな声で読ませて予定時間(だいたいは1分になります)で読めるか確認させます。
読める自信がある子供が出てきたら個別に聞きます(このときはあまり周りの子に聞かれない様にするとサプライズ感がでます。しかし、無理をせず)

1分で読める様になれば、お手紙下書きに書かせます。
書き方の例は先生で示して、手紙のバランスをよく書かせます。

誤字・脱字の最終確認

下書きのバランスと誤字脱字を確認します。赤でいれます
おっけーであれば、本書きをさせます

清書

1時間ほどかけて、ていねいに書き上げさせます。字のバランスが悪い子は、先生が薄く鉛筆でかいてなぞらせます。

ここまでは最低限指導しておきましょう。

 手紙を書かせる授業は、国語の1年間のまとめを発表しようといった内容と被せて指導することができます。つまり、指導時間が確保できるということです。
その上で、子供たち一人一人から一番ネガティブだったこと(悲しい、悔しい、嫌など)といくつか一番ポジティブ(よかった、嬉しい、楽しい)ことを聞いておきます。

感動させるお手紙にするとき


 はじめ
お父さん、お母さん
今日は参観に来てくれてありがとう。

なかの1つ
・・のとき、・・・なことがあってお母さんを困らせてしまったね。あのときは言えなかったけどごめんね。

なかの2つ
お父さんと一緒にいたときに一番楽しいことは、なんといっても・・・です。
(お母さんのこともいれる、バランスをとります)
・・な家にうまれて僕は幸せです。

終わり
お父さん、お母さんこれからもよろしくね

文章の構成としては、子供とお家の人だけが知っているストーリーを情景豊かに書いていくことが大切です。
言葉で発表してしまうとどうしても消えてしまいますが、文章にするといつでも読み返すことができる。
あのときのあの情景が思い浮かぶほど詳しく書くと、一生物になりますよ。


 参観が近づいてきました。2分の1成人式や学習発表で手紙を書かせることがよくあります。そのときのコツや注意点を教えましょう。

子供の家庭の実態をおさえておく

一番大切なことです。お父さんだけ、お母さんだけ、祖父母だけなど家庭環境は様々です。
ですから、みんなちがっていい!家庭環境もみんなちがうもの、離婚は珍しいことではないという話は十分にしておきます。その上で、無理のない範囲で書きやすい保護者の方への手紙を書いてみませんか?とやんわりと声かけをします。
なやむ人は先生に聞いてね(相談してね)。と声かけをしてから手紙の指導を始めます。

 お世話になったことを書かせると泣かせる手紙になりやすい
1週間に1度ほど生まれた時のこと、3歳までのこと、4−6歳までのこと、1年ー6年までと家庭へのインタビューなどを通じて少しずつ書き溜めていきます。

インタビューで書いてきた内容は発表したい子は、発表するように声かけをする
強制的に言わなくていいということは十分に伝えておきましょう。
「言いたくないな」と思っている子供もいます。
しかし、発表することで「あるある」とうなずく子供も増えて、「こんなこと書いてみたいな」となる子供もいます。

信頼関係が築けていない学級の場合

小学校の学校生活のことだけに限って書かせるようにします。この場合ですと、家庭環境まで触れないので安全度が高くなります。

小さいときは文章で書き表すことができなかった子供たちも2年生以降になると親への感謝、お世話になったことを文章化することが大切となります。
これにより、客観視(メタ認知)する力もつきます。
また、保護者の方にとっても子供たちの成長を知る機会となることでしょう。
お手紙を書かせて読ませるとなると困難やハードルは高くなります。
しかし、子供の自分のルーツや生きてきたことについて振り返る時間を持ち文章にすることは大切な教育です。
指導は、10年ほど前と比べて相当難しくなりました。
無理をなされず

ブログ記録用資産総決算。ご家庭での算数教育に家庭科教育に使えます。

 金融教育を教えるためには、自分自身が収入と支出、蓄え、節約、最後に投資を実行する必要があります。本円グラフは、フェイク(偽り)の値です
家庭科の教科書によく載っている例と同義です。
計算は小学校で習う割合で十分対応できます。生きた算数教育としてお小遣いを使って家計簿管理・投資割合などのバランス管理を行ってみてはいかがでしょうか?

生活防衛資金を含めた総資産の把握

家計簿が大切なことは、知られていますが、投資教育の上では今自分がどのぐらいリスク資産を取っているのかが分かることは大切です。
リスク資産と無リスク資産のグラフを毎年末に記録すれば、自分が今どれぐらいリスクを取っているのかが分かると思います。生活防衛資金も含めての金額となります。生活防衛資金とは緊急時に使えるお金です。投資には使わないとされるお金で、おおむね4ヶ月から2年ほどの資金を現金で持つことが多いようです。

子供に生活防衛資金を教えるなら

友達と遊んでいて、お菓子を買いに行こう!となったときに必要なお金。
晩御飯もない。保護者の方もいない。そのようなときに使うお金。
家族が入院した。電車ででかけるときのお金。
イメージがピンとくる生活防衛資金を考えましょう。例えば、交通費プラス食事分を残しておくように教えるのは大切です。
2018年6月末日
2018年6月28日 総資産ダミー

確定拠出年金がおそらく1.1%でNISAが0.4%でしょうか。国債が63.7%に生活防衛資金が34.8%ということで、無リスク資産が98.5%の状態です。
例えば、1年投資をし続けるとどうなるか
2019年12月31日
2019年12月29日総資産ダミー

確定拠出年金がおそらく2.2%でNISAが1.4%でしょうか。国債が61.7%に生活防衛資金が34.7%と国債比率が下がっています。依然として、無リスク資産が96.4%です。貯金や無リスク資産が当たり前から、あまりにも貯金・無リスク資産に偏っていることに気がつきました。

意外!可視化することで投資比率が異常に低いことがわかる

 リスク資産を投資信託とすると、先進国債券、国債も含んだ割合になります。これを除外すればもっと投資割合は減ります。リスク資産が1.5%から3.6%に倍増した!そういう問題ではないことがわかります。50%投資しようとすれば毎年1.5%増加するなら約33年かかります。22歳で働いて50歳に到達したときにようやくリスク資産が50%になる。これは非合理です。一般的に投資は、一括投資をして長期運用したほうがリターンが安定し、積立よりよくなることが多いものです。
 投資のしっかりした本ですと、はじめにリスク資産を多くして、年齢を重ねたり収入が減るリタイアなどに際しては、債券などリスクの低いものの割合を増やします。

・年齢を重ねる=投資できる年数が限られてくる
・収入が減る=暴落時の仕込みができにくくなる。取り崩す必要がでてくる。景気悪化の時期に増えるので、損失拡大の可能性がある。
グラフや経済を基本に子供のお小遣いでいろいろこのグラフですと統計について考察できます。

生活防衛資金を抜くと見えてくる姿

 生活防衛資金を抜くとグラフが変わります。
2018年6月末日
2018年6月28日防衛資金なしダミー
2019年12月31日
2019年12月生活防衛資金抜き資産ダミー
1年半でリスク資産が2.3%から5.6%に増加しています。
すごいのが国債が1年半たっても94.5%となっている点です。 
94.5%も国債ではほぼ貯金と変わらないでしょう。リスク資産5.6%が90%下落しても、全体資産としては、5%も影響を受けない。生活防衛資金を確保したままで投資の割合を見る視点も大切ですね。
グラフを半年から1年に1回作成して見ることで、自然と自分の生活について見直す姿勢がうまれます。大切なことですね。

まとめ

本記事では、小学生の子供が学ぶ算数の知識と社会の知識を使って自分の貯蓄を考えるという意味で、参考例をあげてみました。高校から急に投資信託について学んでも、家計簿と投資の割合をグラフで考察できなければ、身につきません。高校の家庭科で10時間投資について教えることはまず考えにくいですから。せいぜい1時間の2ページ(おおむね6ページ進むとみれば20分)。
学問には、積み上げが大切です。
節約、貯蓄、あまりでどうしてもなら投資。投資は余裕資金で慎重に行う。高校を出ると自己責任が一気にのしかかります。生活を狂わさない投資について指導することこそが大切です。

謝辞
グラフの描画については、モッティーさんのツールを利用しています。

九九は算数力の根幹

 読み・書き・計算とよくいいます。算数の九九は小学2年生でもっとも山場といえます。しかし、学習指導要領や教科書通り、または昔ながらの方法に固執すると子供が見えなくなることがあります。
 九九は算数力の根幹です。子供が九九の式をみて答えが自然と浮かぶことがひとつの大きな目的になります。式をみて答えが自然と浮かぶことを自動化といいます。この自動化を優先することで、子供の自信(自己効力感)と自己有能感、そして保護者に安心を与えることができるのです。
この点から、教師の教え方ではなく、子供の立場から考えて指導することが大切です。
今回は、子供の立場から考えた九九の指導についてまとめます。

入学前に九九を覚えてもいいじゃない

ドラ九九は長年愛されてきた九九です。これを2歳から流して、3歳で歌えるようにする方法があります。今なら、youtubeで九九の歌でお気に入りがあれば、それが一番です。
九九の歌で覚えてしまう。次に学校で九九の意味を学ぶ。これは映画でいうサスペンス型。サスペンス型の授業といえるでしょう。しかし、九九に問題解決型学習を強要するとミステリー型の学習になります。

九九はミステリー型は、子供の九九暗記の取りこぼしの危険が高まります

九九を問題解決型学習で教えると、1のだんから9のだんまで1時間から2時間かけて指導することが多いものです。めあてもズバリ「・のだんの九九を覚えよう」に近い目標が立てられています。
九九で苦しいのは6・7・8・9の段です。ここを見通しを含めて1時間で覚えることは不可能です。理解するにしても見通しはいつもどおりの「・ずつふえる」「・を足すと、・を引くと」知らない九九でも求めることができる。図示する。このあたりで同じパターンの見通しとなります。
問題解決学習を教えるなら、いい流れです。しかし、子供の将来を見通したときに、九九の単元では確実に
九九を覚える>問題解決学習のはずです。
6・7・8・9に1時間以上増やしたい。しかし、どうしても2学期の後半の単元となり九九の定着ができない子供が生まれます。当たり前です。覚える時間が足りないのだから。
この授業のパターンの場合は、
1・2・3・4・5の段の1・2・5の段を定着させ、3、4で苦労して6・7・8・9の7のだんのあたりでナナとシチの言い方の混同で答えが間違え大混乱のパターンがお決まりです。
7かける7が29がシチシチシジュウクというと1かける7で7とこたえていたり、49が29や19になったりします。問題解決学習で進めた結果、九九学習に手間取った子供達が脱落し、自己効力感を失うのは明白です。2年生にそのような体験をわざわざさせる必要はないと思います。

九九はサスペンス型の学習過程がよい

 学校で習うときに、九九覚えた状態が一番子供にとってベストです。
映画でいうところの、サスペンス作品の流れです。
答えがわかっていながらも、その過程を追っていく流れです。
サスペンスとしての九九の学習過程の場合は、暗記する時間が九九の習い始めから終盤まで覚える時間に当てることができます。既に覚えている子供達にとっては、九九に詳しくなる、九九博士になろう!といえば、どんどん授業に引き込むことができます。
前述の見通しの・ずつへるが理解していれば、例えば5の段の場合
5かける1は5、では5かける0は?
「5減るから0です。」
ではさらに、0より少ない数をマイナスをつけて表現することを説明します。
5かける−1となるとどうなるだろう。と問いかけます。
そうすると「−5です」これを続けてマイナス9のだんまでの指導ができます。
0を中心とした対称的な数字の配列に美しさを感じ、もう中学1年生で習うことまで分かるようになったねと声かけをすれば、大喜び間違いなしです。
苦手とする子供達にも十分な時間も与えることができますし、展開を高度に運ぶこともできます。
九九を覚えた後に、同じような見通しが9回続く授業の法則性に気がつき、算数が好きになる子供も続出します。授業の型ということもあります。

覚える力が弱い子供ならば、九九を覚えるのは半分で良い

どのような指導をしていても、九九を覚えきれない子供は一定数存在します。
継次処理が苦手なタイプのお子さん、数唱が苦手なお子さん、聴覚、視覚優位も遠因にあります。
この場合は、中国式九九がよいかと思います。

1番簡単な1のだんは9つ覚えて2のだんは8つ
最難関の6・7・8・9の段になると覚える式は4・3・2・1つと減っていきます。
この場合は、子供のやる気も維持します。また九九の想起には時間がかかることがありますが、確実な答えにつなげることができます。
真面目に順番通りに、全て教えようとする教師の姿勢ではなく、子供の特性をしっかり把握して指導を組み合わせるのがいいのです。
しかし、この中国式の九九は想起にどうしても時間がかかります。
九九を正確に速く、流暢に解かせることが大切になります。

絵になる百マスはあり!

百マス計算は陰山英男さんがオススメする学習方法です。経験的にも100問をおおよそ3分前後で解けるようになると3年生でのあまりのないわり算では高得点をとる子供が続出します。
ひき算も百マスで鍛えておくとあまりのあるわり算でも高得点をとる子供が増えます。
百マス計算を一人の教員が40人近く見ることは1回4000問見ているのと同じで厳しいものがあります。そこで、私は絵になる百マスを使います。答えを塗り分けていくと絵が浮かび上がります。
絵が浮かび上がると、子供はますます次の百マスに取り組みたくなるようです。
全体の正誤の傾向は全体をざっとみて絵の仕上がりを見て確認ができます。

百マスは繰り返し九九を想起し書く動作である

7のだんのように、ナナをシチと読むことによる数字の混同があることは、先ほどお伝えしました。この混同を避ける方法が、九九を唱えながら、式と答えを書くことです。
近い効果が見込めることが、百マス計算で答えを書いていくことです。自分の勘違いやいい間違いを何度も直す経験をすることで、九九の数唱から書く力へと変わっていきます。
経験上、視覚支援・聴覚支援よりも強力なツールといえます。

九九ビンゴは苦手とする子供にも優しいが力はあまりつかない

ひとつのだんの九九を九マスに書き、ビンゴをする。苦手とする子供には楽しく取り組めますが、1時間あたりの効率は最悪です。最終的には、数唱に近い形で式と答えを覚えなくてはいけないので、興味・意欲づけのために九九ビンゴだけということは難しい。

九九かるたもバラ九九を言わせるよりはあり

指導方法の組み合わせで、バラ九九と九九かるたを併用することがあります。得意な子供や勝ち抜いた子供は、1つ数字の少ない班へ移動。あまりとれなかった人は1つ数字の多い班へ移動。これにより対戦が進むにつれて、得意な子供は得意な子供と、苦手な子供は苦手な子供と同じレベルで競い力を高め合うようになります。しかし、これも九九の式と答えを覚えての話です。

算数の九九の教え方は、子供に合わせた上記のような方法を組み合わせて、苦手とする子供を作らない方法を十分に練ることが大切です。
単調にいつも通り、同じウエイトで同じ指導を繰り返すのは自分が子供なら苦痛です。
あなたはどうでしょうか?
いつも、工夫のある授業で惹きつけられる授業をする先生と学習指導要領というルールに基づき、そこを中心とした子供のない世界。大人受けはするでしょうが、九九を覚えきれない子供はわり算で苦しむことになります。
どうか、子供にとって最善の方法で指導を行なってください。


















 

↑このページのトップヘ