小学校教員華丸先生の連絡帳

小学校教育に籍を置き、本を出す、論文、研究、人を育てる実践をしています。金融教育(投資教育)の展開を推進中。

小学校教育に籍を置き、本を出す、論文、研究、人を育てる実践をしています。その他、小学校でこの時期することや科学、健康、生活、投資教育に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

カテゴリ: 教員の日常

臨床心理士資格更新の選択肢の1つ こころの健康会議

こころの健康会議のホテル予約が済んだのもつかの間、2月21日付けでこころの健康会議が中止されることになりました。

ツィッターやメールでお知らせしてくれると助かるのですが、気がつかない人がいると、宿泊費や移動費など大変なことになりますね。
 こころの健康会議は、たいへん勉強になるのですが旅費などがかさむため参加するには思い切りも必要になります。

どうなる臨床心理士資格更新間際の人

臨床心理士の資格更新の要件は、細かく規定されていて、教員免許更新の比ではありません。
そのため、更新期間に間に合わない方からするとわらにもすがる思いで申し込んだ人もいると思います。
しかも、抽選で選外になることも多い会議です。例えばオンライン講義や今回は免除という救済措置が必要だと思います
学会の中止も相次いでいますから、資格更新の要件として学会の参加も含まれる以上、考慮していただきたいと切に願います。
資格更新の認定ぎりぎりの方には気が気ではないでしょうが、窮状を訴えるべきだと思います。公認心理師と異なり、国家資格ではないので認定機関の方々の慈悲の心にすがるべし!と思います。
問い合わせが殺到しても対応に苦慮するでしょうから、待つのもひとつ。
みなさんが無理をして、辛い身体状況、精神的状況におかれませぬことを祈ります。

公認心理師試験の受験料なら返金されることもありましたが臨床心理士資格更新は?

公認心理師試験の場合は事情によって返金されます。


民間団体である臨床心理士資格更新のほうが柔軟であって欲しいのです。
しかし、どうしてなんでしょうね。心理師関係はお金や人の時間を奪っている行為について改善をしようとしない。みんなそんなにお金ありますか?
私はないですし、臨床心理士の資格が失効したときの救済措置のなさにも愕然とします。
海外の場合などは考慮されますが、国家資格や運転免許より厳しい基準=がんばっている私たちではないはず。

公認心理師のほうが臨床心理士より明確に責任と範囲が法的に認められています。

民間の基準<国家資格なのは間違いないです。しかし、法的に拘束されるのを嫌って私は、受験をやめました。しかし、民間団体である臨床心理士の団体は不明確や改善、金銭的な負担が膨大なこと。
考えて欲しいものです。


臨床心理士更新と教員免許更新

さすが、文部科学省です。素晴らしい制度設計で、価格もこなれています。ただ、更新研修が確定申告で認められていない模様なのは残念です。

確かに3万円かかりますが、近場からオンラインまで選べます。試験で認定する。それも10年に1回程度。これは臨床心理士資格更新と比べるとよく練られています。

教員更新免許講習の様子や方法などは、上記のようにお早めに申し込みましょう。
そうすると近場で受験できますよ。


もうすぐ年度末


もう2月も終わりが見えてきました。
今年度もあと1ヶ月くらいですね。今日は年度末に向けてやっておくことを紹介します。

1.学習系

○各教科の進度を確認して、履修漏れのないようにしましょう。
 2月のうちにある程度目処を立てておくと安心ですね

○ドリルや漢字ノートなども計画的に終わらせていきましょう。
 終わらなさそうなら、宿題ではなく学校でやる時間を取りましょう

○音読や音楽や体育の技能、鑑賞のテストなどを早めに終わらせましょう。
 成績をつけるためにそろそろ動き出すといいですね

○定着があいまいな学習範囲は復習をしていきましょう。
 進度に余裕があるなら、復習をして定着をさせましょう

○預かっているものやプリントは計画的に返しましょう。
 もう年度末なので早めに返しましょう

2.学級経営系

○年度末に向けて楽しいイベントを企画しよう。
 学年でお楽しみ会をしてもいいですし、楽しく終わりをむかえましょう

○もし転校する子がいたら、何かサプライズを用意しよう。
 内緒でお手紙をみんなで書くなど、きっと喜びます

○最後の学級の荒れがないか確認しましょう。
 指示がしっかり通るか、喧嘩が増えていないかなど最後の確認をしましょう

○次の学年への意識を持たせよう。
 次の学年ではこんなことをするよと説明をしたり、自覚を持たせましょう


3.校務編

○今年度の改善点が定まったら、資料を作り直すかメモを残しておきましょう。
 来年度になると忘れてしまうので、改善点が決まったらすぐに資料を作り直しておきましょう

○引き継ぎ用の資料を用意しておきましょう。
 異動の人もいると思います。次の担当の人が困らないように資料を作っておきましょう

○校務分掌で必要な備品を確認しておきましょう。
 年度はじめに予算などに計上できるように購入品を確認しておきましょう

年度末なので早め早めに

もうやり残しのないように早めに動きましょう。とくに作品や預かり物を返すなど、子どもや保護者に迷惑がかからないように計画的にしていきましょう。気持ちよく春休みに入れるように。


2005年ごろから15年続けてきた、教え子のためのマスク購入ができない

 毎年冬になると、咳をする子供に自費であげていたマスク。今回の騒動で購入ができなくなりました。
本ブログでも2017年に記事にしていました。


 教室での子供同士の距離は、パーソナルスペースとしてありえない距離感です。人間も動物です。このぐらい距離が詰められると疲れるという距離まで近づいて教室で何時間も過ごします。
 咳をする子供に、ハンカチで口元をおさえてからくしゃみをしましょうと言ってもそれは難しいものです。不意に出てしまう、コントロールがうまくできないのが子供です。
正直、家庭で衛生的なハンカチを毎日用意するのが難しいことも知っています。
 ですから、マスクをそっと渡すようにしています。
自腹で辛いですが、教室に何かが蔓延するのは防げると思います。
子供のくしゃみはなかなか飛びます。
体をかがめて子供と話をする私の顔にかかることも割とあります。

自分のマスクはまだあるけれど

 教師である私のマスクを分けています。しかし、教師である私が万が一くしゃみをしてしまい、何か感染の引き金になると思うと、最低限は確保する必要があります。
子供たちの抵抗力は弱いのです。
 私は、子供たちと近い距離で話をするタイプの教員です。
子供たちは、私の手を触ったり、体を触ったりします。


振り払うのではなく、そこに優しい言葉を添えて、そっと手を離す。
あるいは、笑って握り返して終わる。
小さい子供です。どうしても、そうして自分を落ち着ける必要があるのです。
いわば、私の体がライナスの毛布になっていることもあります。
こういった子供の濃厚な接触を手洗い、うがいで対処したとしても、自分がもしも感染していれば、子供が苦しむことになる。
そう考えると、自分は何十年続けてきたマスクを外すことはできません。
自分用については、アルコール消毒して再利用も考えていますが、素人判断はできません。
マスクが生産安定の目処が立つまでは慎重に考えざるをえません。

今回のお話は・・・ウィルスのお話ではありません 

私が毎年、何十年も続けているマスクの自費購入。エチケット指導について、マスクが買えなくなっている現状にほとほと困っている記事です。
冬の病について子供たちをどのように守るのか・・・。
一人の教師の限界を感じています。

 

↑このページのトップヘ