小学校教員華丸先生の連絡帳-投資教育と金融教育重点中-

教員である幸せ しばらくは投資記事に重点

小学校でこの時期することや投資、科学、健康、生活に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

カテゴリ:授業のコツ > 図画工作

そろそろ1年が終わるので、1年を振り返りたいなと思っています。
今回は図工について。

教え子に賞状をあげたい

syoujou

今年も図工のコンクールで子どもの作品が入賞しました。子どもたちは本当に頑張って取り組んでくれました。
賞状って結構もらったことない子は割といます。私も人生のうちにもらった賞状やトロフィーなんてほとんどない気がします。 やっぱりもらうと嬉しいですよね。学校の先生からもらうこともありますが、やはり何かしらのコンクールなどで入賞するのはとっても嬉しいです。学校において狙いやすいのは図工作品のコンクールだと思います。ではどう入賞まで導くのか。

細かさと丁寧さは必要 

 最低限かと思いますが、まず下絵がしっかりと細かく描かれていることや絵の具の塗りが丁寧であることは必要です。これは高学年になればなるほど、求められるなと感じます。図工は忍耐力を養う目的もあると言われています。下絵を細かくすればするほど、塗りは難しくなります。その子の能力に応じてアドバイスをしてあげたいですね。ここが徹底されていたら努力賞などはもらえることがあるなと感じます。

上の賞を目指すには?

まずはそのコンクールの傾向を知るべきだと思います。優秀作品はきっと何かしらの形で見ることができます。繊細なタッチが受けるのか、大胆なタッチが受けるのかはそのコンクール次第だと感じます。
加えて、上手だなと思う子の作品には躍動感があり、かつストーリー性があるなと感じます。躍動感を出すためには、例えば人物だと同じ動きをさせないことや、建物だと高さを見せるため、あえて下から見上げた構図で描かせたり、遠近法を使って勢いをつけるなども考えられます。

そして、ストーリーが伝わるように。特に人物を描くときは何をしているところかが伝わるように描いていきます。

塗り方はどうするか

oekaki_enogu_girl

これは好みによりますが、塗るものによっても塗り方を変えてもいいかなと思います。「ここは点々と塗っていこう。」「ティッシュをスタンプみたいにして塗ろう。」「絵の具を少し飛ばしてみよう。」などなど。味わいが変わるので面白いですよね。技法についてはいくつか紹介しておくと、子どもたちも自由に活用します。

用具は揃っているか  

子ども達の筆などは揃っているか、絵の具はあるかを確認しましょう。細かい所は小筆を使わないとどうしても難しいかなと思います。もちろん筆の先だけを使って頑張る子もいますが。
筆や絵の具も少しストックを残しておくといいでしょう。

題材はどうするか

これが一番悩みますね。コンクールに入賞させたいなら、そのコンクールでよく入賞している題材はいいのかなと思います。高学年は建物(寺社)などが多く、中学年以下は物語の絵などが多いイメージはあります。子どもたちが楽しんで取り組めそうなものがいいですね。個人的にはお祭りものが好きです。迫力がありますし、その地域のお祭りなどがあれば子どもたちも描きやすいですしね。

あくまで参考です。大切なのは図工を子どもたちが楽しむことですね。





 

作品展の指導で手いっぱいのところ・・・、こうすれば活かせる


上記のページ(こちら)には、題材の選び方と簡単な描き方を書きました。
9月の記事ですから、今からみると1ヶ月遅れになりますがそれでも役に立ちますよ。


さらに題材についてかいています。(こちら


以下は、所見書きにいかせます


図画工作 作品展で2度おいしくなる方法(前半)

図画工作で所見を書くことはなかなか難しい点もありますので、こちらの記事を参考にされると所見のしあがりをイメージしながら子どもをみることができますよ。


作品が完成すれば他の学年の作品を鑑賞する時間も鑑賞の評価として活かすことができますね。
こちらの記事では、鑑賞ワークシートもついています。
ぜひご活用ください。

少し忙しい時期ですが、こうした見通しをもって臨むととっても楽にすすみますよ。











 

2学期に入り、体育大会の練習など忙しい学校もあると思います。
もうやっていますか??

図工展の作品づくり。


余裕を持つために2学期が始まると取り組み始めた方がいいです。
もし、題材が決まっていなかったら学年で早めに決めた方がいいですね。

低学年 おおきなかぶ くじらぐも おむすびころりん スイミー  
中学年 モチモチの木 ふうせんクジラ 虫の世界に行った私 りゅうのめのなみだ
高学年 銀河鉄道の夜 やまなし 寺社の絵 町の絵 一輪の花と遠景 百羽のツル 

などなど一例にすぎませんが、
参考にしてください。


早めに取り組むと、こちらの指導にも余裕が出ます。
作品展は保護者も、学校の子ども達も先生達も見るものです。
また、他のクラスや学年と比べやすいので、あまりに雑なのは避けたいです。
子ども達も胸を張って作品を掲示したいでしょうしね。



図工は先生の好みにもよりますし、もしコンクールなどに出展するならば
そのコンクールの傾向にあった作品の仕上げ方をする方が良いと思います。

私は勢いのある方が好きなので、人だったり動物を描くときは、そのときの題材にもよりますが
たくさん描く様に伝えます。
子ども達は嫌がりますが、図工は忍耐の教科でもありますので、しっかりと描かせます。

まずはその題材をどう描いたらいいか、イメージさせます。
全体交流である程度考えを共有できたらいいですね。

「龍はどんな風に描く?」
「大きく」「飛んでいる様に」「表情はたくましく」など

次にモチーフを決めるために、画用紙の前に簡単に紙に下書きをさせます。
モチーフが決まれば、色をある程度決めて、モチーフの紙にメモさせておきます。

そして、下書きです。丁寧に描くようにいいます。風景を描く際は細かく。
人や動物を描く際は、形がおかしくないかを確認します。
ネームペンで上から描く前に必ず先生が確認するようにしましょう。

絵の具は丁寧に。筆の先をそろえてネームペンの枠からはみ出ない様に塗っていきます。
色を試す用の紙を渡しておくと、塗りミスが減ります。
また、絵にもよりますが、筆に含む水の量もある程度伝えておきましょう。
私は厚みのあるものは水を少なく、薄いものなどは淡く塗る様にいいます。
風景なども水気を多くした淡い色でぬるといいでしょう。
苦手な子や低学年の子には色作りもアドバイスをしていきます。
塗り方も、点々で塗るなど、技法も紹介したいですね。


あくまで参考ですが、
作品展が迫ってくると、「もうこれでいいか」と妥協しがちです。
図工が気になって、学級経営の見逃しも起こるかもしれません。
雑にならないためにも
是非、早めに取り組んで、余裕を持ち、良い作品を仕上げてください。
























 

図工展・作品展はよく2学期に行われます。
だから、2学期から取り組む人も多いでしょう。
 
しかし、何が起こるかわかりません。2学期に運動会があるところも多いでしょう。
そこで、作品展は先ですが、この1学期から取り組むと余裕が生まれます。


少し、作品例を紹介します
15048195_691659314318175_3568789090474131456_n
 ふうせんクジラ

風船をたくさん食べたクジラが町の空などを飛んでいくお話です。
これを「物語の絵」として取り組むと面白いです。(低・中学年)

方法
①ふうせんクジラの読み聞かせをする。
②八つ切りの画用紙にクジラだけを大きく鉛筆書きする。
③クジラをクレヨンで色塗りする。(クジラは完成したら置いておきます)
④別の四つ切り画用紙に風景のみを描く。(鉛筆書き→ネームペン→絵の具で色塗り)
 ふうせんクジラの絵本にある風景を参考にすればいいと思います。
 (港・町中・サッカースタジアムなど)
 ふうせんで空に浮いたクジラを珍しがって見る人が大勢いるはずなので、
 人は多めに描くといいですね。 
⑤クジラを切り取って、風景を描いた四つ切り画用紙に貼付けます。
完成です。

良かったら試してみてください。個人情報の関係で作品を載せることができませんが、
「ふうせんクジラ 図工」で画像検索すると少し作品が出てきます。

また、図工指導のポイントも書いておきます。
1.しずかに取り組ませる。集中して取り組ませるためです。

2.イメージをさせてから描かせる。その題材、たとえば今回のふうせんクジラの風景としたら、「人はどうしてるかな?」「クジラを見ている」「上を向いている」
  など、少しイメージを膨らませてから描くといいでしょう。

3.ここまでできたら必ず先生に見せると決めておき、確認してから次に進ませます。
  ・下書きが終わったら
  ・ネームペンで描いたら
  など、関所を決めておかないと、取り返しのつかないことになります。


本当に大まかなポイントですが、
参考にしてください。
  


 



 

玉ねぎの表皮と金属イオンを用いて、木綿布を攻めよう(媒染法といいます)

ハンカチ1枚程度 12人分
 
玉ねぎの表皮を容器にいれて水を3L加えて20分程度煮る(水から煮る)。
IMG_4213 copy
 IMG_4215 copy
媒染液をつかいます。どの色にするかは決めるといいと思います。
お湯(熱湯でなくて良い)に媒染液を混ぜます。

 
鉄媒染剤としては塩化鉄(なければ、スチーウールに市販のお酢につけて一晩みる)を3Lに90gいれます。
IMG_4233 copy

 
アルミ媒染液として、カリミョウバン(ミョウバン結晶などでつかうかもしれません)を3Lに90gいれます。
IMG_4235 copy



(これはミョウバンカリウム)
布を入れて、3—5分待ちます。
そのあとに、干します。
IMG_4265 copy



乾いたら水洗いをして完成です。

↑このページのトップヘ