小学校教員華丸先生の連絡帳-投資教育と金融教育重点中-

教員である幸せ しばらくは投資記事に重点

小学校でこの時期することや投資、科学、健康、生活に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

カテゴリ: 学級経営

バスレクゲームの参考につかってみてください。

 

1. 爆弾ルーレット

しりとりをしながら、音楽か●先生がストップといった瞬間にもっていた人の頭の上で風船をわる。(1回だけする)

 

2. 私は誰でしょうゲーム(数人だけ行う。用紙を配る。)

私は、(  )が好きです。

私は、(   )が得意です。 

私は、(   )をがんばっています。

私の長所は、(    )です。

私の好きな授業は、(    )です。

私は、(    )歳です。

私は、(男子・女子)です。

私は、(  人)兄弟です。

私は、(        )です。


3.        ビンゴゲーム


4×4バージョン(2人一組で)…25個も書くのが大変なもの。

                     一人では全部思いつかないので隣りの人と相談すると苦手な子も書ける。

・先生の名前

・国名

・県名など


飽きさせない方法

 その1 リーチになったら立たせる

 その2 5人ビンゴになったら早上がり賞は打ち切り

      そこから、生き残り戦(最後までビンゴしない人を決める)

      上がっていない人を立たせ、上がったら座らせる

      最後までビンゴしなかった人が勝ち

 その3 コールする数字・名前は、マイクをまわして子どもに順番に言わせる

      マイクをまわして一人ずつ好きなものを言っていく

      名前ビンゴの時は、名前を呼ばれた人が次の人を呼ぶ事にすると楽しい


注意! ビンゴばかり続けると、酔ってしまうので合間合間に入れること!


4.伝言ゲーム


  準備物:問題を書いた紙

       解答用紙・マジック どんな紙でも良い  何枚か束ねて綴じておく (スケッチブック ノートでも可)


   いろんな種類の伝言ゲームを次々にやります。易から難へ3回ずつやりました。

   座席の一列が一班 一列ずつ問題を変えました。

   基本的に後ろから前に送るようにしました。(時々気分を変えて前から後ろもやってみました)

   前へ送る方が、答え合わせもしやすいし、前を向いている方が酔いにくいかと思ったからです。

   一番後ろの人に問題を渡し、一番前の人に伝わった答えを書いて発表させ、答え合わせをしました。


 


4-2,口パク伝言ゲーム  声を出さずに次々に伝えていく。

 ・かき いぬ  など2文字くらいの簡単な言葉

 ・ラッパ カッパ  など促音や濁・半濁音がある言葉

 ・クラスの子の名前で、促音・拗音がある子の名前 


4-3,手のひら伝言ゲーム  手のひらに書いて送っていく。

  ・くま さる など

  ・クラスの子の名前

  ・ジュース・クリームなど カタカナの言葉


5.クイズ(難しいので時間をあげて休憩する。その間に風船ふくらませるなど)


「タクシーのお客さん」というお話です。


 あるときね、夜おそくにタクシーが走っていると、


 「おうい!」って、お客さんが、手をあげたんだって。


 そこで、車を止めてみると、それは、酔っ払いのおじさんでね、


 「どこまで、行くんですか?」と運転手さんが聞くと、


 「好きなところへやってくれ!」


 「好きなところって、どこですか?」と運転手さん。


 「天国でも、地獄でも、おまえの好きなところでいい。」


 酔っ払いのおじさんは、そう言って、歩道に座り込んで、ぐうぐう寝込んでしまったんだって。


 それを見て、運転手さんは、「こりゃあ、だめだ‥‥」


 そうつぶやいて、


 酔っ払いのおじさんに、魚の名前を4つ言って、そのまま行ってしまったんだって。ところで、運転手さんは、何と言ったのでしょう?


答え さけ・さめ・たら・こい(酒、醒めたら来い!)


①犬が幸せそうに着ている洋服って、なあに?     ワンピース


 ②散歩する時に着る、うすい服って、なあに?     ブラウス                               


 ③ボールはもちろん、物を拾おうとしてもすぐに落としちゃう変なシャツって、なあに?     ポロシャツ


 ④マージャンをして、お金をなくした人が着ているものって、なあに?     ジャンパー


 ⑤着るときに、どんなものか見ないで着ちゃうものって、なあに?     水着(見ず着)


 ①子どもを待っていると怒る野菜って、なあに?     こまつな(子、待つな!)

 ②千円や五千円、一万円のお金を見ると、びっくりしてイモに見えちゃう野菜って、なあに?     さつまいも(札、まあ!イモ)                               

 ③野菜をやっつけながら食べるものって、なあに?     野菜いため

 ④キツネが好きなスープって、なあに?     コーンスープ

 ⑤重い石の下敷きにされることによって、おいしくなるおかずって、なあに?     つけもの

 ⑥おすしのそばにくっついていて、みんなにかじられているものって、なあに?     がり(がりっ!)

 ①「はいているのは昼だけ」という女の人のクツって、なあに?     ハイヒール

 ②まん中の1文字を取ると、暴力をふるうクツって、なあに?     ブーツ                               

 ③食べるものではなく、はくものなのに「すっぱい」っていうクツは、なあに?     スパイク(酸っぱいクツ)

 ④カゴのくっついているクツって、なあに?     バスケットシューズ

 ⑤なめると酸っぱいけど、つい、笑っちゃうクツって、なあに?     スニーカー(酢、ニッカー)

 ⑥はけばはくほど、きれいになるものって、なあに?     ほうき

 


 ⑥着ると、まわりの人から「失礼だ!」と言われるものって、なあに?     ブレーザー(無礼さ)

小学校で働いていると、「ADHD」という言葉をよく耳にします。
もちろん、そのような診断を受けている子たちもいます。


では、ADHDとされている人は実際どのような生活を送っているのでしょうか。
分かりやすいアニメやドラマがあったので動画を載せておきます。


小児期 


成人期 

この動画のように、
本人にしか分からない苦しみがあると思います。
動画を見ていて、少し悲しくなりました。彼・彼女らが少しでも過ごしやすくなるよう、
支援していきたいですね。 

さて、みなさん。5月ももう終わりにさしかかりました。

今やるときがきました。
そうそれは所見です。

逆算してみてください。
7月20日あたりに通知表を渡す 
7月13日あたり通知表を管理職に提出 
7月上旬 個人懇談で忙しい
6月下旬 学習の成績をつけることに忙しい
6月中旬あたりから 水泳授業開始で忙しい
 

そうです。もう言っている間にこの忙しい一ヶ月間に突入するのです。
そんなときに、所見を書き始めるのは苦しいです。

なので、今始めるのです。今は比較的行事も少ないです。勉強も何単元かは
終わっているので、書きやすい時期でもあります。
また、体育大会があるならば、練習での様子も書けますし、
本番での頑張りも書けます。リレーの選手だったり、運動会の係だったり、とても書きやすいです。
遠足でも、役割などがあればそのこと書けたり、協力する場面も出てきやすいですね。


今の時点で書けない子たちも、あと一ヶ月もあるんですから、
よく注目して見ていくことができます。
また、水泳も始まるので、そのことも書きやすいですよね。

そう、1学期を折り返した今ならば、4月初めのことも思い出しやすいし、
これからのことはすぐに書けます。
後回しにすると結構思い出せなくなります。
とりあえず1人でいいので書き始めてください。
そうすると、所見を書かなきゃという意識が芽生えて、自然と子ども達の
頑張りも見つけやすくなると思います。


後で無理しなくていいように、計画的に始めましょう。




 

もうすぐ、5月も終わります。
ここから6月に入ると、水泳なども始まり、7月の終業式まで
バタバタとします。

いまもう一度クラスの状態を確認しましょう。

【教室環境】
・整理整頓されているか
・使った物が正しい場所に戻されているか
・床にゴミが落ちていないか

よく新任のときに言われました。「教室だけは綺麗に」と。
やはり物やゴミが散乱していると何となく気持ちが落ち着きません。
また、物をなくしたり、壊したり、隠したりということにもつながりかねません。 
教師がやるだけでなく、子どもたちにも綺麗にしてもらいましょう。

【授業中】
・立ち歩きはないか
 −ちょっとした立ち歩き(ロッカーに物を取りにいくなど)も教師に確認してからさせます−
・私語はないか
 −ひそひそもダメです−
・隣の子にちょっかいをかけていないか
・姿勢が崩れていないか
・勝手に発言していないか
 −発言も挙手させて教員が交通整理してあげないと、まわりの子が集中できません−
・教師が話しているときに、しずかに聞いているか(これが大切です)

基本、私が大切にしていることは教師が話すときの子どもたちの聞く態度です。
何をしていても、サッと切り変えて話を聞かせるように、授業内で練習します。
ここがしっかりすると指導が入りやすいです。


【休み時間】
・校舎内で走ったり、暴れていないか(けが・トラブルのもと)
・外遊びをしているか
・用事のないフロアに行ってないか
・友だちとの言葉遣いが乱暴すぎないか(その乱暴な言葉遣いは移っていきます)
・小さなものでも投げていないか(だんだんと大きなものを投げるようになります)
・一人でポツンと過ごしている子はいないか
・ひそひそ話をしていないか 
・階段の踊り場や、曲がり角など死角になる所に溜まっていないか
・小さなトラブルが増えてきていないか(だんだんと大きなトラブルに)
 −場合によっては環境調整(席を離す・教師がつく)が必要です−

一緒に遊ぶこともいいですが、少し見回ったりなど、色んな過ごし方をしたら良いと思います。
休み時間は楽しい分、トラブルは起きがちです。
気をつけて、過ごしたいですね。


あくまで参考に。子どもたちに規範意識をしっかりと持たせていきたいですね。
 

みなさんの職場では外国語は何年生からやっていますか?
私の職場では中学年以上から外国語がはじまります。


外国語って他の教科と違って教え方がよくわからないですよね。
今現在では外国語は英会話が基本です。

ただ、例文を話すだけでなく、楽しみながら教えていきたいですね。
今日は簡単にできるゲームをしたいと思います。


①キーワードゲーム
単語を覚える・発音を覚えるときに使えます。
・隣の席の人とペアを組ませます。
・二人の机の間に消しゴム(どちらかの)を置きます。
・その単元で教える単語の中から1つ選んでキーワードとします。
・全ての単語を順不同で教師が発音し、児童にリピートさせます。
・ 教師が発音するなかでキーワードに選んだ言葉を教師が発音した場合、
 児童はリピートするのではなく、ペアの子と消しゴムを取り合います。

楽しみながら、発音もできます。とても盛り上がります。

②ジェスチャーゲーム
単元にもよりますが、
スポーツなどの単語を発音させる際に、
ジェスチャーをして、子ども達に答えさせます。
ジェスチャーは子どもにさせてもいいですね。

③サイン集め
自己紹介(My name is 〜)などの単元では使いやすいです。
あいさつの単元でもいいですね。

サインの枠があるワークシートを用意しておき、
色んな友だちと例文の会話をします。
会話が終われば、サインをお互いワークシートにします。
回数多く例文会話ができるので、いいですよ。


こういったゲームなどを交えるので、子ども達は
外国語が好き!と言ってくれます。
参観などでも楽しくやれるのでオススメです。
是非、取り組んでみてください。












 
 


真似をするとよくなること


子どもたちがごちゃごちゃしなくなります。
掃除のときの机が軽くなります。
帰りの会にランドセルを取りに行くときのぶつかったなどのトラブルが減ります。


騒がしくなるにはわけがある


   静かに待つなどの秩序が保てていない学級では、うまく学級がまわらなくなってきます。

朝の挨拶・手を挙げて発言する。そういった基本ができる状態(応諾性がある。)になることが大切です。
帰る前のランドセルの用意でトラブルが起きたりしませんか?防ぐ方法を考えましょう。



給食の前に、終わった学習は片付けさせよう。 

子どもが困らない環境を教師が作りましょう

静かに待つなどの秩序が保てていない学級では、うまく学級がまわらなくなってきます。
帰る前のランドセルの用意でトラブルが起きたりしませんか?防ぐ方法を考えましょう。

給食の前に、終わった学習の用具は片付けさせよう

いつするのか
1学期の間は、4時間目のおわり10分前から
させること
漢字ドリルなど作業系の取り組みを入れておくといいです。
どんな指示をすればいいか
終わる10分前から、数分刻みに、
「先生に見てもらった第●弾の子どもは、午後の用意を残してランドセルになおします。片付けをしましょう。給食の用意も終われば、(給食着に着替えて)静かに本を読んで待っておきましょう。」と声をかけます。
視覚支援も行います。掲示物はこちら(word pdf
 
本は手提げぶくろを机の横にかけさせて、いつもいれさせておきます。することがないときはいつでも、本を読むように指導をしておくといいでしょう。 
カレンダーに追加しておくと便利です。(追加の方法はこちらをお読みください。この記事


 

家庭訪問なども終わり、1ヶ月がすぎました。

こんなことを言われたりしませんでしたか?
「友だちがいないって言ってるんです」

たしかに休み時間の様子を見ても寂しそうにしている。
そんな子がいる場合ありますよね。


子どもたち同士をつなぐことって簡単ではありませんよね。
いくつか仕掛けになることを紹介しておきます。


①みんな遊び
定番ですが、クラスみんなで遊ぶイベントです。
中と外、両方用意しているとどの子も楽しめますね。

②班遊び
こちらはあまりやっている人はいないかもしれません。
生活班で遊ぶ時間をとるというイベントです。
少人数なので、仲良くなることが期待できます。
生活班に一人、遊びリーダーを決めておき、その人にどんな遊びをするか
考えてもらいます。

③ペアトーク・班トーク
ペアや班でお題を決めてトークをします。
もともと、コミュニケーション力育成のためにできた取り組みですが、
子どもたちの関係を作るのにも良いようです。
こちらから話題を提示してもいいですね。


④ペア活動・班活動
どんな教科でもいいので、ペア活動や班活動をしますよね。
じっくりと取り組むことで自然と仲良くなってきたりします。


色んな手だてを試してみてください。どれかがその子にフィットするといいですね。




 

家庭訪問で言われた感動的な言葉

ほとんどの保護者が家庭訪問で私にいったこと
子ども達がこんなこというのです。
始業式の当日「華丸先生だった」
「今度の先生は誰だと思う?」「華丸先生だよ!」
「嬉しくて眠れない。」
これが口々に出た言葉だそうです。
「そんなこと言ってもらえると、2倍働けます!」と答えました。

どうすれば、そんな言葉がでてくるのか?

手帳でプロアクティブ(事前対処)することです。

子どもが「嬉しいと感じる先生像を考えます。」
私なら、「厳しいけど、おおらかなところもあり、冗談も面白くて、やさしいところもあって、授業もおもしろく、話も聞いてくれて、わからないところを教えてくれて、知らないことを教えてくれる。」です。

1.厳しい
これは大事。いいことと悪いことをはっきり伝える。
2.おおらか
厳しいだけではしんどいので、守らなくてはいけないこと意外については寛容になる。
3.冗談も面白い
劇場に足を運びましょう。難しければ、DVDを買って勉強です。
4.やさしい
失敗したときに、やさしく声をかけましょう。
5.授業が面白い
どこに焦点をあてるのかを考えて教えます。
6.話も聞いてくれる。
休み時間や、子どもが発言したときにていねいに言葉を拾いましょう。
7.わからないところを教えてくれる。
1時間ごとに困ったことなどをふりかえりを通じて聞きましょう。
8.知らないことを教えてくれる。
こどもが「なぜ?」と思うことを導入で取り入れましょう。思考で「あれ?」と思わせる部分もいれましょう。

このためには、事前準備がいりますね。
急に準備するのはしんどい・めんどくさいものです。
本ブログを毎日読めば適切なタイミングで段取りの実行時期がわかります。
がんばりましょう。


 

 

懇談会は信頼度のひとつのバロメーター

 懇談会の参加者が多くても緊張するけど、少なくても悲しいということありますよね。
慰めのように少ないってことは、安心されているからだよなんて話をします。
多すぎると心配されているのかななどと無駄に気にしてしまいますよね。
普通に指導(自分の中での最高の頑張り)なら、そうですね。
保護者が来てみたい!と思わせる内容にすれば当然参加率も増えます。
普通に実施すれば10名いけば嬉しいところ・私のクラスは17名
何が違ったのでしょうか?

ついてこい!

この気持ちを伝えました。子どもが発表すること・説明する力をつけること・宿題などをどうすればいいかを伝えることが大事です。思考力を育成するために、授業をどう指導しているかなどを伝えています。


手帳パワー炸裂

手帳に記録を書くのではなく、ビジョンを描いていました。
この驚異の参加率を保つためにしたこと


ビジョン実現のためのプロアクティブ(事前対処)

宿題が大事・説明することが大事のためのプロアクティブ
1.科学実験を行い、家で説明する宿題を出す。
2.授業展開が楽しい授業を構成して、家で説明する宿題を出す。
3.前年度からの学習がいかに役立ったかを説明しておく。
4.パワーポイントで説明資料を作る。

当日に出すネタ(保護者23名中17名参加 少しフェイクあり)

1.子どもに役立つという意味だよと前置きをして、自分の実績を伝える。
実績は、臨床心理士・大学院・研究していること・研究助成・論文・大学との連携・民間との連携などです。また、教え子の実績(東大・京大・阪大・神大などがまんべんなく)。

2.この実績は、他の先生では出せないと保護者が思わせる凄みをもたせた上で、もっとこの子ども達を指導してさらに子どもの夢を叶えたいと伝える。

3.だからついてこい!をいう。

4.家で行う宿題などについて話をする。


都市部での懇談会参加率は激減の一途です。しかし、方法を変えれば参加率が高まります。

その場しのぎの準備と学校の往復で過ごす日々から抜け出せば、こんな世界がまっています。
がんばりましょう。










 

最近の子どものトラブルは単なるケンカやいじめではなくなっています。 
スマホやインターネットの普及に応じて、SNSやメッセージアプリ、スマホゲームが様々開発されています。

とっても便利なスマホ。けれども使い方を間違えると大変なことになります。
小学生も高学年になると、スマホを持ち出す子が増えてきます。
私たち大人が知らない間に学年全体やクラス全体のライングループができていたりして、
トラブルがより目に見えない形になってしまっています。


そこで、大切なのは児童への指導と保護者への啓発です。


教材自体が少ないので、動画などを見せることは一つの手法です。


スマホ啓発アニメ (ルール)



SNSトラブル(文科省)


 
 SNSトラブル2(文科省) 


 
保護者向け 


高学年から指導しては遅いのでないかということで、中学年の時期に
指導を入れる学校もあります。

また、スマホの使用は学校外でのことなので、保護者に啓発を行っている
学校もあります。学級懇談会や修学旅行・宿泊訓練の説明会等で一斉に啓発することが
多いようです。

是非こういった動画などを使用し、指導・啓発をしていってください。 

待ちに待った連休です。
この4月はバタバタと忙しかったと思います。
本当にお疲れ様でした。


さて、1学期実施の学校はそろそろ運動会の練習が始まるのではないでしょうか。
みなさんも役割が決まったと思います。

紅白分け・・50m走などのタイムを計測して分けたりします。このときにリレーの選抜も決めてしまいます。

団体演技・・使用曲を確定させて、連休明けにはダンスはマスターしておきたいですね。
      できればミラーバージョン(子どもたちと逆で)
      音と合わせて拍などの確認もしておくといいでしょう。

団体競技・・並び方のたたき台を用意しておく ルールの確認 入退場方法や曲の確認。

個人競技・・並び方のたたき台を用意しておく 入退場方法や曲の確認。

これらを学年に割り当てられている練習日程のどの時間に行うかを考えます。
おそらく団体演技がメインとなりますが、競技系を疎かにしすぎないようにしましょう。

 リレー・・練習の日程確認。ルールの確認。入退場方法や曲の確認。

 では指導で必要なことは。
まずは聞く姿勢をつくること。手具があるならば、それは必ず置かせる。
 面倒かもしれませんが、よく聞かせたいなら一度座らせる。三角座りで。
全体指導なので、声が通りにくいです。電子メガホンなどを使うことも手ですね。
 
5月といえども暑くなってきますので、こまめに水分補給をすることも大切です

前で指導しているとわからないことも多いので、他の先生にアドバイスをもらいながら進めると、教員間の仲も保たれますね。

素敵な運動会となるように、是非頑張ってください! 

さて家庭訪問がはじまりますね。

朝は授業をして昼から校区を自転車などで爆走する。
とても忙しい時期がやってきました。 


余裕をもつために1つだけポイントを!

4時間だからといって宿題を出しすぎないこと。
もしかしたら隣のクラスは多めに出してるなどあるかもしれません。
そんなときは
合わせない、普通に出すか減らす。


午前だけで処理しきらないといけません。
しかも短縮の場合も。

無理しないこと。午後のために気持ちを落ち着けて進めていきましょう。
ミスが生まれます。

無理せずきっちりと家庭訪問を終わらせましょう。
 

そろそろ家庭訪問の時期が近づいてきましたね。
みなさんは、どんな準備をしていますか?

はじめに予定を組みます。気になる児童やよく話をされる保護者のところは余裕を持たせたり、最後にします。校区に慣れてきたら大丈夫ですが、初めての地域だと迷うことも想定して予定を組みましょう

そして、どんなことをチェックするのか
・その住所に間違いがないか
・どのような住居の状態か


1年間クラスを受け持つなかで、お家に行くこともあるかもしれませんので、そのための確認でもあります。また、子どもがどのような環境で生活しているかを知ることも一つです。

そして、お家の方にお話を聞きます。
まず、お家での様子を伺います。
「気になることはありますか?」と聞くと、お家の方もあれこれと話すと思います。もちろん、情報共有は大切ですが、家庭訪問は校区をあれこれ周るので時間管理が大切です。
本当に気になる場合はあちらから話をしてくれると思いますので、ここでは「アレルギーなどお身体のことで気になることはありますか」と聞きます。そして、「1年間よろしくお願いします。」と伝えます。1件に対して10分程度しか時間はないと思いますので、簡単にでいいです。

また、「よかったら上がっていってください」とお家の方はいってくれる場合があります。時間に余裕があるときはいいですが、お家の中に上がると時間はかかります。注意は必要です。
また、お茶やお菓子を用意してくださる方もいます。お茶の飲み過ぎは注意ですね。トイレに行きたくなります。

以下に持ち物をのせておきます

持ち物
・携帯電話(不在時や遅れてしまうときに学校に連絡)
・家庭訪問予定表
・メモ帳
・不在時の訪問届(◯時◯分頃 訪問しましたが、不在でしたので、また改めてご連絡致します)
・地図

時間に追われるので無理せず計画的にいきたいですね。



 

以前紹介した記事をもとに繰り返して効果が見られる面白作文を実行しましょう。
データもすべてこの記事にあります。

だいじなことは、ルール作りをさせるなど明確な意思をもつ(これは時間を守らせるためにしたい。言葉遣いを教えたいなど子どもにいっていいと思います。)。
面白く学んで欲しいと伝える。
繰り返して、ルールをこまめに指導する。
自分の行動を直接注意されるわけではなく、ゲーム上のルールとして進むので子どもも理解しやすい。また周囲の子が何より「それは、先生のいうとおり(確かに先生の言う通りにしないと面白くないよ。)の状況が自然にできます。」
誰だって楽しみたいのです。
先生だって、楽しんでいきましょう。

 

子どもと明日会える、でもなんかゆううつ

最低限することを確認しておきましょう。
極端に不安なとき
最低限のことや、最低ではあるけどもしておくべきことを以下に書きます。

提出書類を集める。
もってくるものは国語と算数。

宿題は計算ドリルと漢字ドリルと音読

学校によっては、
明日が、給食が開始であれば午後までに給食当番を決める。
そうでないなら、給食の日の4時間目までに給食当番を決める。

集団登校の打ち合わせの時間なら、移動する教室を子どもと確認する。

時間があまり困るとき

係決めと係活動で2時間
給食の当番の説明や掃除の説明で1時間
委員会活動や5年生の1年間のことについて1時間
国語の音読などで1時間
算数は復習や計算ドリルをみての1時間


もうブログを読んでも不安しかない人はこのあたりをメモしておくと大丈夫です。
これぐらいは考えているよって人も大丈夫!

 
 

こんにちは。華丸です。

春休みに次の学年をイメージすることは大切です。
若いやる気のある先生は、もうすでにおそらく自分がその学年であることを見越して行動をしています。
自分が受け持つのが違う学年なら?
用意した資料を、あげればいい!
春休みにしっかり遊んでと考えることも大切です。
一方で、このように頑張っている先生もいることに感動しました。

4年(以上)の担任の場合、大きい活動は代表委員会そしてクラブ活動です。

代表委員会って何?子どもにどう説明する?先生はどう動く?

概論

代表委員会の活動は、4年生の中から2人ほど学級を代表する委員として選びます。
学校がこういう方向になって欲しいという意見を学級レベルから意見を吸い上げるための人ですね。
だから、話せて聞ける子どもが望ましい。
でも、人前に出ることに挑戦したいと考える子どもも育てたいところですね。
「できるからさせる」よりも「取り組んでみたい子どもに取り組ませる。」のが学校です。
ちなみに、代表委員会の子どもはその学年の放課後に参加する必要があったり、授業の合間に抜け出したりなど負担がありますので、習い事などに細かいお家の場合はご家庭と相談になりますね。

子どもに伝えるイメージ

4年生になると学級でみんなの意見を学校全体に届けるお仕事があります。それが代表委員です。
みんなが帰る時間に1時間だけ残る日がでます。
でも、学級を代表する大事なお仕事です。お話したり、聞いたりすることがあるのでそういうことが得意な子が楽にはできます。
でも、話すのが苦手でも頑張ってみたいと思う人は自分が上手になるかもしれないチャンスです。頑張ってみたいと思えば挑戦してみましょう。


委員会活動

5・6年になると学校全体のために行う活動として委員会活動があります。これは、学校の美化を担当する委員会であったり、保健の委員会であったりと様々な活動があります。
支援する先生は、全教職員になることが多いです。そのため、委員会のある時間は1−6年まで授業がなく、担当の委員会でお仕事をします。

大事なこと

・委員会活動の時間はどの学年も授業がない(再確認)
・放課後に子どもを残すことはできません。帰らせてから参加します。

1・2・3年の先生であれば、そもそも授業がないので帰らせればそのままいけますので、準備などはこの先生方がされるのが適当です。
4年の先生は忙しいと思います。子どもを帰らせながらドタバタと参加になります。
5・6年の先生であれば、委員会活動のあるそれぞれの教室に移動させます。

委員会活動ノートを取りに行かせて、過去の活動を参考に進めながら新しく取り組みたいことを入れていくことが定石です。

学校の用語でわからないことがあれば是非聞いてください。










 

では今日は教師の自己紹介のやり方を説明します。

私はまず自己紹介で自分の人となりやモットーを伝えます。
このときに自分の名前でモットーを説明してもいいですね。

む・・むずかしいことも
か・・かいけつします
い・・いい笑顔で
お・・おもしろく
さ・・さわやかで
む・・むてきのクラスにしよう

など

どんなクラスにしていきたいか、その思いを伝えます。

そのために叱る基準を3つほど伝えます。 
「人の嫌がることをしたとき・命の危険があるとき・当たり前のことをしないとき」 
まずははっきりとこちら側の意志を伝えます。少しピリッとする場面ではあります。

けれどもその後、私は何かワザを披露します。
大切なのは、「この先生なんか良さそうだ」です。
こういった楽しいこともやっていこうと思うと伝えて、
この1年に期待感を持たせて終わります。

必ず楽しく終わることを意識します。



 本ブログの記事である、「まだ間に合う学級開きの準備」でネタなどは紹介していますので、
ご覧ください。 

初日が終わり、2日目以降から遠足や宿泊学習の下見に行く人も多いと思います。

ただ何も準備せずに行くのはもったいない。
しっかりと準備をしていきましょう。


まずは、前年度のしおりやノートなどは持参します。
また、カメラなどもあるといいですね。


施設などに行く場合は必ず当日の細かい時間などを打ち合わせして決めます。
許可書がいる施設もあるので、その場合は必ずもらってきます。
貸し切りバスならば旅行会社を通して話しますが、
電車ならば、申請書などを提出する必要があります。(学校印が必要なことも)
時刻も調べておきましょう。

・どの道順ですすんでいくか
・危険な箇所はないか
・トイレの場所はどこか
・お昼はどこで食べるか(雨天時用も)
・クラス写真はどこで撮るか
・身体的に配慮すべき児童がいれば、段差、スロープやエレベーターなどもチェック
・移動など、それぞれの所要時間はどれくらいか 

などをよく確認しておきます。

行程を写真などに撮っておけば、子どもたちに紹介できますね。
(どこに行くのかわからなくて不安な子にも示すことができる)
学年掲示板に写真をはったり、パワーポイントにしたりして紹介すると
おもしろいですね。


下見不足にならないように、確実に終わらせたいですね。 

食べ物の恨みは一生という言葉があります。
小学校で過ごしていると、そのことを実感することがよくあります。

小学生の楽しみの1つとして給食があります。
僕も小学生のときは、献立を見て一喜一憂していました。


あるとき、こんなことがありました。

その日は焼き鳥の串なしがメニューでした。



A君「先生僕の鶏肉は2個しかないのに。Cさんの鶏肉は3個もあるよ!」
Bさん「私なんてこんな小さいの2個だけよ!」
私「あ、ほんとだね!(けど、今からまた集めたりするのも大変だし・・・) ごめんね、まあ仕方ないよ!」
A君Bさん「えー!ブツブツ・・・」

その後、2人は不信感を抱いた顔で僕の方をずっと見ていました・



そう、子どもは食べるのが大好き。だから自分よりも、誰かが優先されるのは許せないのです。



数がわかれているメニューは個数を指定して配膳しています。
フライや天ぷらなどはもちろん、汁物に入っているお餅やお団子なども個数指定します。

これは、配膳にかなり時間がかかるので、賛否両論あると思いますが、自分が子どもならそうして欲しいと思うので、実施しています。


またおかわりや増やしは先生主導でやります。そうしないと取りまくる子が出てくるからです。


どちらも余計なトラブルが起きないように、不満が溜まらないようにするため行っています。



食べ物の恨みは一生。楽しい給食が修羅場にならないように環境を整えてあげたいものですね。

いつも、みなさまの何かお役に立てるようにと思って更新をしています。
ですが、たまには息抜きも必要ですね。



今日は小学校で働く私たちだからこそ、クスっと笑える動画があったので載せておきます。
有名だと思いますが、、笑




懐かしいな〜と思う人もいるでしょう。
いつもの学校での業務に追われているなか、たまにこんな動画を見たら
リラックスできます。

本当に上手に作られているなと感心します。笑

 

今しておくとお得なこと

春休みに片付けをする手間が減り、新学期の準備に時間をかけることができる。
教室掃除をしておくと、学習参観の準備にもなります。

  1. 最後の学習参観も控えて片付けの準備をしましょう。
  2. あまったプリントを捨てる。
  3. 使わない備品、例えば虫メガネなどを片付ける。
  4. ダンボールを確保する。
  5. 返却忘れや丸つけ忘れがあれば今しておきましょう^_^。
遅くなってごめんねと伝えましょう。

今しておくと、お別れ会や3学期制の締めくくりまで楽になりますよ。

そろそろ指導要録を書く作業や書類の整理も増えてきます。頑張りましょう。


どうも華丸です。

「はやく着替えて!」
「ほら、はやく準備して!」「遅すぎるよ!」

学級を動かしていると、動作がゆっくりな子を待ってられない! 
そんなことはよくありますよね。


ついイライラして叱ってしまうこともあるのではないでしょうか? 
私はあります。けれども、それもよくないですよね。どう対応しましょう。

①声かけして少し急かす(ダウンタイム)
私「◯秒でランドセルの準備をしましょう」
Aさん「(少し焦って準備)」
私「あと◯秒です」
Aさん「(なんとか・・準備完了)」

タイマーを使う人は多いですが、タイマーは子どもたちに見えにくいので、急がせるために、私は声でカウントします。そのときに、正確な秒でカウントするのではなく、様子を見ながら、みんなの進み具合に合わせて適当なカウントをしていきます。
それでも遅い子は遅いです。


②周りに手伝ってもらう
私「それでは丸をはさみで3つ切って作りましょう。早く終わった人はとなりの人を手伝いましょう」
Aさん「(ゆっくりと切り始める)」
Bくん「そっちかして?終わったから手伝うわ」
Aさん「ありがとう」

早い子は本当に早いので、その子たちを待たすよりも手伝わせます。
少しくらいならいいですが、手伝う側がウンザリしちゃうことも。 
周りがイライラして、その子に辛く当たらないといいのですが・・

③教師が手伝う
私「それではノートにこのプリントを貼りましょう(遅そうな子に目星をつけて)」
Aさん「(ゆっくり準備)」
私「はい、のり出して。ここに塗って?(少し手伝いながら)」
Aさん「はーい」
 
特に授業中などどうしても時間早く進めたいときはこちらが手伝ってしまうことも
手ですね。周りの子がイライラ、ウンザリがなくなります。
ただ、あんまり手伝いすぎると甘えます。笑

これらを使い分けたいですね。ゆっくりな子もできるだけ頑張っているのですが、結果として遅くなってしまっていることが多いです。その子や場面に応じて、使い分けたいですね。といっても、遅れてても平気でぼーっとしている子もいますが。笑 
 
是非、参考にしてください。

「もし世界が100人の村だったら」という本はご存知ですよね。

小学校という環境では中々知り得ないあらゆる世界について、考えさせられる内容です。

ただ、児童たちがそれぞれ文章を読むことは大変なので、動画にしてあるものがあります。









内容としては高学年向けだと思います。
私はこの動画を見せて、国際理解の授業をしたり、
自分のこれからの生き方を見つめ直させました。
 
おそらく色んな狙いに合った使い方ができるはずです。
最後はワークシートなどで、感想を書かせるといいでしょう。

子どもたちに一度は見せたい動画の1つですね。







 

IMG_6003


 一緒に学ぶ機会があってご縁のあったH先生から、素敵なお話を教えていただきました。
H先生は、いつも優しくて子どもに楽しいことを考えている
転勤・転任のときにする素敵な挨拶です。
転勤・転任時に挨拶をするときの一工夫として素晴らしいなぁと思いましたので紹介します。

用意するもの
100円均一のオルゴール(オルゴール部分だけにします。)底が平べったいもの

まず、最初に自分の名前をいいます。次に問いかけます。
先生の得意なものは何でしょうか?
1 音楽
2 算数
3 理科

正解は理科です。それでは実験を始めます。といって始める

オルゴールを手に持って鳴らしてみてください。
そうすると、全然聞こえません。 

そこで、今から大きくしますといって、舞台の演台においてみてください(机の上におく)。
そうするとまた大きくなる。

最後に体育館の壁に平べったい面をあてると体育館の中で響くほどおおきくなります。

みんなで協力して、大きな音を奏でるように一緒に大きく成長しましょう。
といって終わります。

instagram(インスタグラム)はこちら


 

先日、二分の一成人式を終えました。
僕は二度目だったのですが、一度目は学級でテーマは親への感謝でした。
今回は学年でテーマは将来の夢です。

家庭事情に配慮して、賛否両論のある親への感謝のテーマはやめました。
学級で将来の夢を発表することもできましたが、 どうしてもボリュームダウンが否めないので、
学年全体で二分の一成人式を行いました。 

 プログラムは以下の通りです。

開場とともに、子どもたちが生まれた年に流行った曲をウェルカムBGMとして流しました。
・入場
・はじめのあいさつ
・歌「10才のありがとう」この歌の1番と2番の間に、詩「あさがくると」の朗読を挟みました。教師伴奏で、朗読の間も伴奏をしていました。
・将来の夢発表 発表中にはオルゴールBGM
 ・二部合唱「YELL」 児童伴奏
・終わりのあいさつ 
・退場 

 教師の司会・指示は全くなしで、全て子どもたちで行いました。子どもたちの自立をテーマに行いました。この子たちは音読劇を二年生で学年全体で発表していたため、そのときよりもグンと大人びた様子を見せることが意図でした。

招待状も作成し、立て看板等も作り、卒業式まではいかないまでも少し箔を付けて実施しました。
なぜか入場から感動してくれる保護者もあり笑 おじいちゃんやおばあちゃんが来ていたりといつもの参観とはまた違ったものとなりました。

懇談会はそのまま体育館で子どもたちからのメッセージムービーを上映し、保護者の感動を誘うことができました。ここで親への感謝を少しだけ織り交ぜました。


結果・・かなり練習時間を要したが子どもたちのやり遂げたという自信になった。

学級でやったときよりも、頑張ってみんなで成功させるぞという思いがとても強かったです。終わったときは成功したととても喜んでいました。しかし、練習はきっちりと時間を重ねて行いました。自分たちが作り上げたんだという自覚も強く、お家でたくさん褒めてもらったそうです。

 3学期の総合はまだ続きます。フォローアップとして、最後に子どもたちがつきたい職業について紹介シートを書き、クラスでお互いに寄せ書きをします。それを最後の成果物として、そして頑張った子どもたちへのプレゼントとして作成する予定です。

 

お得なこと
子どもたちの学年の締めくくりを意識させることができます。次の学年で頑張ることを指導しながら、荒れを防げます。
カウントダウンの中で楽しいイベントを企画することで最後のだらけを防ぐことができます。
最後の保護者会での話のネタになります。

準備するもの
色鉛筆
マーカー
A4の紙
ホッチキス

すること
班ごとで、あるいは学習が早く終わった子どもたちで後何日という日付を書かせます。
周りにイラストを書かせます。

全部書けたら、ホッチキスでとめましょう。
黒板に張って毎日朝めくるときに、子どもたちに後何日で学年が終わることを伝えて、楽しいことや頑張ることを伝えれば、子どもたちも意識しますし、理解しやすいです。

何はともあれ、ここまで頑張ってきたのですから最後のだらけ防止をしながら、楽しい企画を考えるって素敵です。

みなさんの職場には導入されていますか?タブレット。

私の職場にはタブレットにデジタル教科書が入っており、算数の図を見せたりととても便利です。

タブレットは、はじめは子どもが黒板とテレビと2方向見るので、指示が難しいですが、
慣れるととても便利です。


まず、デジタル教科書が導入されていれば、社会科のグラフや表などを映し出すことができます。
算数では図形をテレビに映し出すことができるので、板書などの負担が軽減されます。


また、パワーポイントで導入などに使えるクイズを作成しておくと、子どもたちも楽しく学ぶことができます。 


私はよく算数や国語において使います。
算数ではコンパスなど作図を行うときに、動画を撮影させてテレビに映し出すことで、作図の方法を
教えることができます。

また、国語などでもノートに考えを書かせて、良いノートは写真を取り、投影することもできます。


その他、タブレットの活用法は色々あります。


タブレット活用例

児童がタブレットを操作する授業もあるようですね。

児童がタブレットを活用


便利なものは早く習得して使っていきたいですね!











 



今しておくとお得なこと

 3学期ももうすぐ終わり
2月にやっておけることを書きました。

2月ももう半ば
研究授業など色んな行事が終わってきたのではないでしょうか。
少し余裕ができるので、どんなことをしておけばいいでしょうか?

① 所見や指導要録を少しずつ書いておく。春休みにすぐ入ることができますね。

② 早めに音読や音楽、体育などのテストをできるだけする。後で切羽詰まることのないように。

③ 漢字ドリルや計算ドリル、その他授業の進度など、抜けがないようにチェックしておく。最後の学期なのでぬかりなく。

④ プリントなどの返し忘れがないかチェックする。そのために少しずつ教室や机周りの掃除をしておく。

⑤ 思い出作り。子どもたちとたくさん遊ぶ。もう担任しない子もいますしね。また学年や学級で最後に何かお楽しみ会やお楽しみ体育を企画するのもいいですね。

⑥ 転居の子に何かサプライズをしてあげるかを考える。早めにわかると思うので、余裕があるときに用意したら安心ですね。

最後に、無理せずプライベートを優先することも大切だと思います。普段、残業が多くなっているならば、早く帰りアフター5を楽しんでは?

また皆さんのこれをやっとけ!というのがあれば教えてほしいです。充実した2月にしましょう!

前回の続きです。

「誰が消えたんですかゲーム」
 
机移動なしだが、人の移動あり
他人の座席に座るので少し注意。

先ほどのヒント出しゲームに似てます。まず鬼を決めます。鬼が決まったら廊下に出てもらいます。そこから、クラスの1人を選んで、その人は教卓の下などに隠れます。そして、みんな座っている場所をシャッフルして、鬼を迎え入れます。そこからヒントを出して鬼が誰がいないかを当てるゲームです。



「カラフルゲーム」
 
机を全て下げる

親を1人決めます。(教師がやった方が盛り上がります。) みんなで円になって親を囲みます。
スタートの人を決めます。手で2回パンパンと叩き、親は好きな色を言います。それに対してスタートの人は赤色の何かを答えます。答えれたらセーフ、リズムに詰まったらアウト。そして隣の人の番です。また同じく親がパンパン青など、色を言います。そして、青色のものを答える。そして隣の人というように流していきます。3アウトで好きな〇〇を答えるなどすると、無理なく楽しめます。はじめはかなりゆっくりでも難しいです。答えるのは同じものでもよいとするか、ダメとするかで難易度も変わりますね。





どれも出席番号クジを用意していたらスグに鬼やスタートの人などを指定できます。じゃんけんは大変なので。出席番号クジも僕は割り箸1本の先に出席番号を書いてもらいそれを入れものに入れておみくじみたいにして、引くようにしています。これもスグ作れるので便利です。





これらの中遊びを寒い日や雨などが続いて子どもたちが発散できてないときにやってあげると、それなりに発散でき、怪我や喧嘩も防ぐことができます。もちろん教師が管理してあげなければいけませんが、怪我や喧嘩の対応に追われるよりはいいのでは?と思います。是非やってみてください!

無理に外に行かせる?でも寒すぎるなー。子どもたちは教室にいるし・・


普段、外で遊んでいる子たちは、パワーがありあまっています。教室の中で暴れたり、
それが原因でケンカや怪我になったりと、危険なこともあります。


そんなときは中遊びゲームをみんなでしてはどうですか?みんな遊びでよく外遊びをしますが、運動が苦手な子にとって、中遊びは嬉しいでしょう。
今回は中遊びゲームを紹介します。



好きですか嫌いですかゲーム

お題についてヒントを出してもらい当てるゲームです。トラブルを防ぐためにお題は人以外がいいでしょう。黒板にお題を書くので見えないように鬼を一人座らせます。お題を黒板に書いたら、みんなで「好きですか? 嫌いですか?」と聞きます。鬼はとりあえず好きか嫌いかを答えます。
そして、みんなでヒントを出して鬼がお題を当てるゲームです。全員参加できるものですし、机の移動もないので、お手軽で、私もよくやります。 


他のゲームも後々紹介します! 

個人懇談が終わり、保護者の方々と子どもたちの成長などについてお話しするなかで、「先生、○年が終わると引っ越しをする予定です」と、転校について告げられることがあります。
びっくりするとともに、あと数ヶ月しか一緒に過ごせないのか、と寂しい思いになります。
先生自身も子どもたち同士も、転校する子との思い出をしっかりと作りたいですね。

転校性に対して手帳にかくこと
まず、保護者に転校の事実と連絡先の交換などを周囲に伝えていいかを聞きます。
次に、子どもに聞きます。
最後に、お別れに向けてその子どもに即した思い出作りや友人の連絡先の交換を行います。(友帳 ともだち同士のサイン帳は、おすすめしません。)


子どもに合わせて考えるといいでしょう。
例えば、
外遊びが好きな子ならば、
一緒に外遊びをする。
教室でゆっくり過ごすことが好きな子なら、
教室でその子の好きなテレビ番組などのお話する。


お別れ会は定番ですよね。
外遊びだとか学活とかねましょう。
転校生の希望に即した形を事前に聞くのも手です。
最後に何かプレゼントをするかどうかも先に決めておくといいでしょう。
 
学級も落ち着いていて余裕があるならば、写真などをこの3学期をかけて撮りためておき画用紙や色紙、木製フレームなどに貼って渡してあげる
子どもも保護者も喜びます。

もちろんクラスのみんなからのメッセージを添えることも忘れずに。
 
複数いたりすると上の写真は大変です。
時間もかかるのでかわいらしい付箋などをクラスの子たちに配り、それぞれメッセージを書かせてそれを色画用紙に貼るだけでも十分です。
これは15分くらいあれば出来上がります。


デコレーションは自信があれば先生が、自信がなければ丁寧にやってくれそうな子に頼むと子どもらしい優しいプレゼントにもなります。

これらのプレゼントをどう渡すかです。
やはりサプライズで渡す場合が多いかなと思います。
ただ手間は多くなるので、無理はしないでいいと思います。
 
サプライズの場合
その子のいない時に作業します。その子がお休みしたときが取り組みやすいですが、休まない子もいます。
そんなときは休み時間その子がいないときを狙って、何人かずつメッセージ書かせていきます。
休み時間も教室にいる子なら、仲良しの子に協力してもらって連れ出してもらうなどもできます。
 
先生もクラスの子と協力して行うので、先生とクラスの子たちとのコミュニケーションも増えます。
子ども同士も秘密を共有することで、ちょっとした一体感が生まれます。

渡すときは、最後の日やお別れ会の日が終わるそのときに
子どもたちが「ちょっと待った!」と出てきて渡すというように
私なら段取りをしておきます。
こういった演出は
感動して泣く子もいたり、とてもあたたかい雰囲気に包まれます。

このクラスでよかった・この学校で良かった、ここに居場所があるんだと感じてもらえるようにしましょう。

「人のために何か贈り物をする」ということを子どもたち自身経験していないこともあるので、私はあえてやっています。
こうした経験を思い出し、将来大切な人に何か贈り物をしようという優しい発想ができる人になってくれたらと思います。

贈られる側はもちろん、贈る側にとっても「一つみんなで良いことしたぞ」という思い出にもなるのです。
3学期が色々な仕込みのラストチャンス。
最後バタバタしないように段取りを考えておきましょう。

国際化が進みそうな情勢で、外国にルーツのある子どもが入学してきたときのことを考えましょう。

例えば、


初めての遠足や校外学習ですること。


すみやかに保護者と面会して、写真などを交えながら遠足について情報提供を行う。
お弁当について お弁当がどんなものか・どうやって作るものか・日本のお弁当と外国のおべんとうのちがい。(学級でも外国料理について説明もしておくといい。)
しきもの(レジャーシート)について


体育で実は思っている可能性があること。

水着への着替えに抵抗があるし、水が怖い。
水泳がない国も多い。

運動会の練習をなぜこんなにするのか。しんどい。
運動会は希望者制の国もあり、集団行動やマスゲームの練習をしんどいと感じる子どもも多い。


交友関係での違い

友達関係の中で
けんかについて、お互いに謝るという解決について納得がいかない。
善悪の二元論で判断する国や、納得いかなければ謝らないという国の文化がある人も多い。


教育活動についての違い

掃除の時間
なぜしないといけないか。
日本の教育活動の中では、教科と同じように学校ですることに入る。
(これは国内でも賛否両論ありますが)


保護者が感じている困りごと


学校から配られるプリント!
プリントの内容が読めない・わからない。プリントの数が多い。
行間に含まれる意味がわからないことがあるので、重要なプリントは特に電話や訪問で説明しましょう。

参観や懇談会でわからないこと

学校を休んで行事にいかないとだめなのはなぜか
学校教育には保護者と教員で共に全力で取り組んでやっとという感覚(これは日本でも賛否あります。)が少ない。

教員が発する家でしてほしいこと
家で宿題をみてください。
保護者が日本語がわからない場合があって協力したくてもできない場合がある。
放課後に残すなどの工夫がいります。


変な英語を教員がつかっている。
和製英語やイメージできない英語がある。
レジャーシートなど英語っぽくても、通じない場合があります。
時系列に沿って説明していくと助かると思います。


最後に

保護者の方が楽観的に「大丈夫よー。」という言葉に惑わされて、実際子どもが困ることが多いのでご注意!



    閉鎖(休業)中はどう過ごす?

バタバタと休んでいく児童。悲しいですよね。3学期はインフルエンザなどが流行し、学級閉鎖になることも。そういえば閉鎖中は何をすればいいの?僕も初めて閉鎖になったときは、どうしようかと迷いました。なんとなく過ごしてしまうと1日は早い。時間は有効に使いましょう。

ポイントは児童がいない時にしかやれないことをやっておくことです。

➀他クラスの授業見学
普段ほとんど空き時間が無くて、他学年他クラスの授業ってあまり見れません。閉鎖中は見学のチャンスです。特に若手の先生からしたら、色んな先生の授業を見て学ぶ大きなチャンスですので、是非見学してみてください。もちろんアポは取りましょう。

②事務作業・丸つけ
溜めてしまった丸つけなども片付けてしまうとスッキリします。ただ丸つけは正直、児童がいても、教室でもできることです。
一方、通知表の所見や指導要録の所見などを書くことは児童がいる時には難しいので、できるだけ進めておく事も手ですね。

③教材研究
これも大切でしょうが、それよりも閉鎖明けにどう授業を補っていくかを考えておくことの方が大切かもしれません。

④お手伝い
閉鎖中、自然と職員室にいることが多くなります。職員室では管理職をはじめ、事務の方、担外の先生などがあらゆる作業をしています。「こんな時しかお手伝いできないので、何かあればおっしゃってください」と笑顔で伝えれば、きっと好印象です。また自習監督を率先して引き受けることも、いいですね。お手伝いをして、普段取れないコミュニケーションを取ることで、その後の仕事が円滑に運ぶこともあるでしょう。おしゃべりも大切です。

⑤お休みをもらう
学級閉鎖になるくらい感染症が流行っているので、教師が体調を崩すこともあるでしょう。担任が倒れてしまうことが何よりも子どもたちにとって良くないです。閉鎖が明けて子どもたちを元気に迎え入れられるように休息も大切です。少しでも変だなと思ったら、無理せずに休んでください。

いかがでしたか?
閉鎖は長ければ3日間もありますので、上記の5点を上手く組み合わせたら、時間を有効に使えると思います。知らない間に終わってしまった!!とならないように上手に過ごしましょう。




 

TO DOリストは人のをもらって自分のオリジナルを書き足そう

教員の仕事は同じ作業(ルーティン)が多いですね。自分のやり方を覚えると面倒な方法だったとしてもそのまましてしまいます。
ですからto doリストをあげます。そこで自分なりのオリジナルを書き足せば、もうそれは立派なオリジナルto doリストになります。


自分で追加する方法

自分で作成してみたい人に。
https://mail.google.com/tasks/canvas
上にアクセスして、リストを作成します。
41
こちらのリマインダーというボタンを押します。
53

そしてto do リストに切り替えるを選びます。

02
そうするとカレンダーの右にあらわれます。
大きくみたいときは、こちらをおすと、大画面でto doリストがみれます。


少しずつ使えるようにがんばってみましょう。



2分の1成人式のネーミングのよさはステキですね。

2分の1成人式というのは商標登録でないなら
設定をしっかり決めて取り組むのもいいと思います。






   
(上記のワード版はこちら その1 その2) 
目標は
子ども達に、10歳という成人式のなかばに自分を振り返り、大人になっていく発達段階に即して文や歌などで発表する。

配慮は
事情のあるご家庭に配慮しつつ、自分の成長を伝えるですね。
また、子どもが伝えたいことを大切にして強要はしない。

キャリア教育をメインに将来の夢を考えて見るのもいいですね。
卒業式のときに慌てて考えるよりいいですね。
有名プロ野球選手も四年のときに夢を決めたケース多いですね。
大きく羽ばたいてくれる意図を持って指導しましょう。
5.6年になるとなかなか難しいですから。
資料はこちら




教員の仕事は労働集約型といわれ、私たち労働者のがんばりで決まりやすい仕事です。

勤務時間で勝負するのではなく、実践した内容と充実度こそが大事だと思います。
職場にいるとついつい雑談して、ラーメンや店屋物を食べて帰ることがあります。
職場に5時以降にいる時間に仕事をしているかというと・・・微妙なので私は場所を変えて働きます。

つまり、勤務時間の枠ではなく生活の中に仕事が組み込まれているのです。
私の1日の流れ書いてみました。(
やっとブログタイトルに近づきました)

私の場合
リミット・セッティングをします。
午後5時以降はできるだけ外部と接触する仕事をしています。

朝3時
起床
本を読むこと、今はブログにあげている行動の自動化の練習(布団の中ですること)
部屋を片付ける
体調がしんどいときは、ゆっくり過ごします。
5時
電車に乗ります。体調が悪いときは遅刻ギリギリまで時間をずらします
6時
近くのファミレスかファストフード店で朝の仕事の流れや新しい情報を仕入れます。
特に企画に力をいれます。
7時
元気なときは、職場でストレッチ。
子どもを迎える準備。
午後5時
帰るとき
大学院に向かう その1(修了しましたが教えてもらっています。)
→県をまたぎますので、日が変わります。ホテルをとることもあります。
大学院に向かう その2
→専門性が必要な場合 大学教員かつ医師の方・問題に適した大学教員に指導を仰ぎます。
1回5000円程度かかります。

たまに放送大学に向かう。国立情報学研究所の論文資料などはここのパスワードをつかいます。アメリカ心理学会などの論文の場合は、取り寄せます。1回200円から1000円程度。まともに論文を買うと1本3000円程度

大学図書館に向かう(夜10時まであいています。)
近くのファミレスかファーストフード店(仕事の流れを整理)
病院に行く
民間企業の人に会う(企画提案)
ある省庁の委託事業の下っ端運営代表なので、そのあたりの仕事をします。

何もないとき
午後6時
帰宅
家で取り組むことができる残りの仕事をします。
午後9時
には寝ます。
6時間から8時間(できれば8時間寝たい。)
土日の午前の4時間は教育学・心理学や仕事の準備をします。

仕事をしながら大学院を修了してとなるとこのぐらいが標準になります。
一人で何人ぶんもの生活を送っているようで、その意味では幸せです。

臨床心理師の活動と教員と大学院と重なったときは壮絶な仕事量でした。
リミット・セッティングして仕事をしてるときの量です。
リミッターを外すとこれ以上働きまくります。



記事はタイトルを引用しています。「報道内容の引用 2017年1月12日朝日新聞デジタルより」

写真
準備物
デジタルカメラ
手帳に写真を撮ると書いておく。
チェックシート(全員が写真に入っているか確認。)


学年のラストスパートが始まりました。
今から、写真を撮ったり、これまでの写真をまとめておきましょう。
例えばですが、
低学年・・・お気に入りの作品と一緒に保護者に配る。
中学年・・・友達のスナップ写真を撮っておいたり、給食などを撮っておいたりする。
高学年・・・1人ずつに写真とメッセージを添えておく。6年生なら、今から一言メッセージ書いていくと余裕で間に合いますね。

その他、学習参観のときに写真を廊下にはるとこの1年が振り返ることができますね。
(全員が写真にのっているか確認する。)
学習参観などの後に子ども全員にあげられるように写真を撮る。

場所
休み時間・友達とのスナップ・活動している班ごと(発表・活動)・パソコン室など特別教室の様子
放課後のワンシーン
これらに先生の一言があるといいですね。
君が一番輝いていた時間とか(笑)。




 

手紙

こんなハガキをつくろう(word
pdf) 

長期休みになると子ども達も生活が不規則になります。不規則なまま登校して、学校に行きたくない。これは先生も同じ。それならば、子どもも先生も楽しくなる企画を先生がたてておくといいです。みんなが楽しめる企画です。

1時間ネタ

ドッヂボール(ドッジボール)大会、羽子板大会、たこあげ大会(ドローンあげ大会)、こままわし大会、百人一首勝ち抜き決定戦、

帰りの前に・短時間

じゃんけん王決定戦、腕相撲決定戦、変顔決定戦

 

 

以下はハガキに書く文面

 

元気にすごしていますか?新学期にみなさんに会えることを楽しみにしています。

新学期に向けての暗号です。このハガキを新学期にもってきて暗号を解読しましょう。新年に友達にあったときに暗号の言葉を出して謎解きしてもいいかもしれませんね。

君の暗号はこれ

[

3学期も楽しく過ごせるようみんなでがんばろう!

 

 

 

 

 

以下は子どもの数にあわせてひらがなにしたり漢字にしたりして暗号化してください。下線部は企画によりかえます。

 

暗号の答え(例) 

新学期の次の晴れの日に先生とみんなでドッジボール(ドッヂボール)をするよ!

 教えていた若手の先生から以前につかっていたハガキクイズの問題をいただきました。喪中などを気にせずに送ることができる新春クイズを送りましょう。できれば、子どもたちには前もって喪中に関係ないクイズのハガキを出すと伝えておきます。年賀状というと送れない子どももでます。懇談会が終わればさっそくとりかかりましょう。


新春クイズ
今年もよい一年となりますように。冬休みの頭の体操です。
99


長いろうそくと短いろうそくに火をつけ,その2つのろうそくにふたをかぶせると火の消え方はどうなりますか。
① 両方同時に消える。
② 長いろうそくが先に消える。
③ 短いろうそくが先に消える。
 
1つえらんで○をして,始業式に持ってきてください。実験します。
予想が当たった人は・・・。
お楽しみに~


 前回の記事(通知表作成が終われば、冬休みの対策を考えよう。子どもに送るハガキ)の別バージョンもあります。1年を振り返りながら作成するといいと思います。


○には文字をいれよう。A~Sをならべかえて言葉にしよう。正解者の中から何名かにプレゼントがあります。
1. 月が太陽の前を横切るために、月によって太陽の一部(または全部)が隠される現象。 きAかB  C っD  E  F 
2. 春の遠足で行った熊本城は「GH 」によって建てられたお城です。
3. 出前講座に来てくれた方の名前。      き○I ○す○○
4. 運動会のダンスの曲は○○J  K ○L ―M ―ぜNとの曲です。
5. 2学期最後に教室の後ろにはっていたのはOPの絵です。
6. あらしふく 三室の山の もみぢ葉は 竜田の川の 錦なりけり  この短歌はだれの短歌でしょう。 のQい○○○R
7. 参観日の音楽でみんなが最後に歌った曲。 S
AからSをならべかえた答えを書こう                       
学校にこのハガキを持ってきてね。かぜひかないように、元気に遊んで楽しい思い出をいっぱいつくってね。食べ過ぎ注意!!!
 

 教室が散らかっていれば、保護者の方はほとんどの時間を過ごす学校に不安を感じさせます。また、誰かの作品が間に合わないなども、気づいた人みんな困惑します。
1年の生活と成長の話をできやすい環境に変えましょう。
1.ごみの片付け
2.掲示物の確認
3.ドリルなど購入物の丸付けや確認 

1.ごみの片付け

以下をコピーして手帳にはると便利です。
いるもの、ごみ袋・お好み焼き用のヘラ4枚(100円均一)はぶらし2セット(100円均一で4本組みのものなど)
散らかってるならば、
毎日帰りにいう台詞
今日から帰る前に、ごみを5個拾います。小さくして増やすのはなしです、落し物があれば拾って渡してあげましょう。

1日目
朝学に机の中のものをすべて出しましょう。必要のないものは、ランドセルに片付けようと声かけします。
身辺自立につながりますし、机の中から遺産が出てくることもないでしょう。
連絡帳にもってくるものに持ち帰り用の手提げ袋 
2日目あるいは金曜日
ごみ袋用意して
給食後や帰りの時間などに、作品展で使い終わった絵の具や廃材を持ち帰りましょう。
持ち帰り用の手提げ袋にいれましょう。 
持ち帰りにくいなら、見栄えは悪いけどふくろをあげるから、それでもって帰るといいよ。
 給食後に掃除の場合なら、その際にロッカーをあけてロッカーを大掃除しておくといいと思います。
持ち帰れるなら、机にさげている手提げなども持ち帰らせることもいいと思います。
3日目 
教室の荷物が減ってきたので、そうじのときに
教室の床の水拭きをします。
雑巾で床の水拭きのさいには、できるならば木の柄があるほうがいいでしょう。しゃがんで雑巾がけをするとこけたときに歯を割ったり怪我につながります。競争などはぜったいやめた方がいいと思います。
ごはんなどのごみがこびりついていたら、お好み焼き用のへら(100円均一であります。)などで削ります。子どもは大喜びで手伝ってくれます。日替わりでお願いするなどして掃除のモチベーションをあげていきます。
歯ブラシで、窓の隙間やレールなどを水をつけてこすっていきます。アレルギーなどもありますので洗剤の使用には気をつけてください。これも持ち回りですると子どもは大喜びです。

4日目
教室後ろのロッカー上や廊下のたなの上や廊下側の窓の内側のレールなど安全な場所、そして気になるところを掃除します。

数日にわけて掃除をすると緊急のときは、次の日にまとめたり、さらに気になるところだったりに細やかに対応することができて、結果きれいになります。
お好み焼きのへらをもってそうじに挑むときの子どものやる気って目を見て輝いていますよね。
掃除ひとつでのいい瞬間も日にちを分ければみる余裕が出てきます。メモしましょう。
 


↑このページのトップヘ