気がついたら100万円貯まっていた!

まずは100万円貯めてみましょう。

働いて100万円を貯めるとお金に対しての見方が明確に変わります。
貯める大切さや自信につながります。
早めに達成して100万円を貯める感触をつかみます。

1年間で100万円貯める方法

でも、1年で100万円貯めると想像以上の自信につながります。手元に残るお金をつかむ必要がありますね。以下の記事を参考になさってください。
 
手取りが18万円でボーナスが2回あり、夏が20万円、冬が40万円程度が初任の方と考えます。
初任者の夏のボーナス(公務員の場合は勤勉手当でしょうか)は、働き始めて
月に6万円で年に72万円、ボーナスの夏が10万、冬のボーナスが18万円で1年間に100万円達成です。
1年目は家族と同居してでも貯めることが自信につながります。

一人暮らしなどで入り用なときや収入が少ない人の貯蓄方法

一人暮らしなどで入り用なときや収入が少ない時は
収入が少ないときは、2−3年で貯めます。
2年間の場合は月に3万円、ボーナス1回あたり15万円ずつで66万円。これが2年132万円で100万円を超えます。
次回の記事では、毎月意識して貯めることは難しいので、気がついたら貯まっていた!と嬉しくなる方法を紹介します。