小学校教員華丸先生の連絡帳-投資教育と金融教育重点中-

教員である幸せ しばらくは投資記事に重点

小学校でこの時期することや投資、科学、健康、生活に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

タグ:卒業式の練習

卒業式の練習真っ最中


来週あたりに卒業式だという学校も多いのではないでしょうか?
そこで、今日は卒業式の練習について紹介します。

C3E9CB4F-09BB-4DE7-B680-24440C3E2BE7

証書授与

歩き方
○すり足などにならないように、かかとから足を降ろす
○手は必ず体の横
○前を向いて胸を張る
先生も確認しますが、子ども同士で確認し合ってもいいですね。

曲がり方
○一度止まってから、向きを変える
動作を分けることが大切かと思います。

証書のもらい方
○校長先生の前に来たら、目線をまず合わせて、礼
○礼は1.2で頭を下げて、3で上げるくらいのリズムで
○受け取るときは、証書を差し出されてから、両端を持つ
○受け取るときも目を合わせる
○証書を受け取ったら、脇に抱える
○壇上から降りるときも、階段の前で前を見てから、降りる
○座席に帰るときに、早足にならないように注意する。


呼びかけ


おそらく式の最後のあたりで呼びかけを行うと思います。
ポイントを確認しておきましょう。

○声を出すために、しっかりと足を肩幅に開いて足場をつくる
○体育館全体に響かせるために、ななめ上に向かって言うようにする
○後ろで手を組むと声が出やすい
○言葉を発する前に、よく息を吸うように言う
○言葉ひとつひとつをはっきりと言わせる(ゆっくり)
○セリフが長い場合は切るところを確認する
○全員で言うところは、初めの言葉をはっきりと発音させる
○声がちゃんと届いているか、体育館の入り口あたりに立って確認しましょう

計画的に

今、あと少しで何ができるのか、逆算して考えましょう。
また、ついつい指導に熱が入りますが、6年生にとって、本当に最後です。
無理させすぎると辛いかもしれません。
状況を見て、どこまでのレベルで留めておくかを考えましょう。
教師にとっても、子どもたちにとっても、良い卒業式になるよう、
練習を重ねていきましょう。









 

卒業式の練習で体育館がつかえない

多目的室かそれ以外の運動量が稼げる運動をさせよう。

多目的室などで、安全を確認しながらアクティビティをいれる。
オリエンテーションでつかいそうなネタでもいいですね。
「ごろごろどっかん」「新聞紙長く切れるか競争」
ヨガ
ストレッチ
歯を割るような危ない活動はやめておきましょう。

運動場で目一杯遊ばせる。
体育の他に学級会活動も最後に増やすこともよくありますね。
変なストレスを与えないためにも活動は増やしたほうがいいでしょう。

あたり前に思えます。
でも、体育館が使えずに体育なし・外にも出かけないという不健康よりはいいと思います。

 

↑このページのトップヘ