小学校教員華丸先生の連絡帳-投資教育と金融教育重点中-

教員である幸せ しばらくは投資記事に重点

小学校でこの時期することや投資、科学、健康、生活に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

タグ:夏休みの研修

みなさん1学期本当にお疲れ様でした。

やっと待ちに待った夏休みですね。
今日は夏休みにしておくといいことを紹介します。


①研修に行く
その都道府県や市町村の教育センターで色々な研修があると思います。
今は新学習指導要領の方針などもきっと聞けると思います。
私も国語と算数の研修には参加しようと思っています。
夏休みにゆっくりと勉強しておくと2学期から楽ですよ。

②教材研究をしておく
2学期の教材の用意をしておくと、
2学期忙しくても少し楽ができますね。
特に2学期に体育大会があるならば、教材研究もしておくと楽ですね。

③行事や研究授業の用意
大きな2学期の行事や研究授業の用意がゆっくりできるのは、
授業がない今です。

④長期休みにしかできない体験をする
海外旅行や国内旅行、アウトドアや海など
長期休みだからこそ、できることをしましょう。
海外で見たことや国内で見たことなど、それを教えてあげるだけでも
子どもたちにとっては良い学習です。
もちろんリフレッシュもできますね。

⑤病院に行く
歯医者や眼科などなかなか定期的にいけませんよね。
この夏休みにしっかりと行っておいて、検診などを受けておくといいでしょう。

⑥お金のことなど事務的な作業をしてしまう。
まとまった時間がないとやる気が起こらないですよね。
今、色々なプランの見直しを

⑦ゆっくりする
これが一番だと思います。2学期は長いです。
今はほっとして体力ややる気を充電しておくことは大切ですね。







 

校長先生に会いに行く?

大学院や同窓会に行くと、他校の校長先生がふといらっしゃることがあります。
どこかの主ですが、大学院では同じ立場!とっても不思議なものです。
大学院で、後輩のゼミ生の中に校長先生が混じっていることもしばしば。
退職前に大学院に入ってこられる校長先生も多く、統計分析などはお手伝いすることが多いものです。
そうしてお助けする中で、先生との信頼関係ができてきます。

そうすると、過去の経験やご自身の専門についてお話をしてくださいます。

本音が聞ける

私は、何人かの校長先生のお勤めの職場に伺い、お話を聞きます。今月も1件訪問しました(もちろん有給で)。去年も数件、他府県の校長先生にお会いしました。
その市町村での課題やおすすめがたくさんあります。
理科教育で自尊心が全国ベスト10に入った学校。
新聞報道された不祥事に真摯に向き合った校長。
隠蔽ではなく、前向きに取り組んだ校長先生のお話と資料は私の最終兵器です。
そして、教員人生の集大成、つまり秘伝を聞ける。
同じ職場の校長先生では言えないことも距離があると話せるものです。
校長先生も学校教育の現場の専門家です。
うまく付き合って行きましょう。

↑このページのトップヘ