小学校教員華丸先生の連絡帳-投資教育と金融教育重点中-

教員である幸せ しばらくは投資記事に重点

小学校でこの時期することや投資、科学、健康、生活に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

タグ:学級崩壊

新年度が始まりました

さてついに新年度が始まりました。素敵な滑り出しができているでしょうか。

新年度開始とともに確認しておきたいこと

忙しくて毎日が過ぎていきますが、確認しておくことがあります。学級経営の面と保護者対応の面の2つから考えたいと思います。

学級経営チェック

○子どもたちは忘れ物が多くないか

○宿題を丁寧にやっているか

○言葉の乱れがないか 暴言など

○指示をしてから、子どもたちが動くのが遅くないか

○授業中の立ち歩きがないか

○授業中の私語がないか

○教室は綺麗な状態であるか

○挑戦的なことを言って試し行動をしてこないか

○必要のないものを持ってきていないか

まだ始まったばかりですが、簡単にチェックして、学級経営を振り返りたいですね。

保護者に対して

○日付が決まっている手紙は日付通り配る。

○必要な持ち物や提出物は丁寧に知らせる。

○配慮すべきことがある場合、かならず保護者に確認する。

○保護者からの連絡があった場合、1つ1つ細かくそして迅速に対応する。


特に最初は、関係性ができていないので、ミスなく対応したいです。
もし、何か対応しなければならない場合は、丁寧にやりましょう。















 

先生「雪が降ってきました!」

kids_hashirimawaru_snow

授業中に
子どもたちは夢中になって、わたあめでも食べるように口を開いたり、窓を開けたり大騒ぎです。
もう窓側は人だかり

私がよくとる対応です

子どもの気持ちをすくえる対応

私のよくとる対応

授業中


「きれいだね」
「いったん全員座りましょう。」

窓側の人だけや立ち歩いた人だけ楽しいのはダメだから、班ごとに窓のほうをのぞいてみましょう。
濡れてはいけないものがあれば、それをどけるよ。
その上で窓をあけてもいいよ。
では、▲班の人どうぞ。
(ひとしきり見にいかせる)

休み時間前


運動場が使えるならせっかくの雪ですし、出て見てもいいよ。
寒いから、気をつけてね。
一緒に外に出ながら、寒さや濡れ具合をみます。
少し早めに休み時間を切り上げ、きれいなバケツにお湯をはっておきます。
ちなみに、私の学級ではきれいな雑巾を一人一枚もたせて普段は乾燥を防ぐために雑巾を濡らしています。置く場所は机の鉄の柵のようなところです。洗濯バサミではさませます。

授業の開始

手洗い・うがいがすんでいない子はすませましょう。
手が冷たいと思います。
乾燥防止用の雑巾をこのあたたかい水の入ったバケツにつけて
手をあたためながら雑巾を濡らしましょう。(清潔な雑巾かは目視は必ず。衛生面は注意しましょう)

連絡帳を書かせます

 これから雪が降り積もったときに行き帰りで濡れるかもしれないね。
雪合戦がOKの学校なら
休み時間にみんなが雪遊びをしたあとにドロドロになっているのをみて風邪をひかないか心配です。
ですから、
持ってくるものに靴下・レギンス(パッチ)・スポーツタオル・下着の上をもってくるようにしましょう。
登校中に濡れた場合は、学校にある体操服に着替えてもいいですよ。
雪遊びも体に気をつけて元気よく遊びましょう。

授業中大騒ぎしている姿をみて、昔の小学校時代を思い出すことはあります。
でも、時代が変わった。
先生として、指導をいれつつも楽しい雪遊びができるように・体調を心配していることを子どもに連絡帳を通じながらも保護者に説明していきましょう。


まずはみなさん1週間お疲れさまでした。
きっとお疲れのことと思います。週末はゆっくりしてくださいね。

さて1週間経ったので振り返りたいのはクラスの状態。
クラスの雰囲気はどうでしたか? 
ここで見逃しが続くと、3学期どんどんと苦しくなりますので、早めにチェックをしたいですね。

school_gakkyu_houkai


では荒れチェックリストです!

・教師に対しての言葉遣いが乱れている
・友達同士での会話に暴言(キモい・死ねなど)が入っている。

→言葉の乱れはだんだんと広まっていきます。トラブルのもと。

・軽くこづいたり、たたいたりなどが見られる
→発展すると暴力になります。

・小さなもの(筆箱や消しゴムなど)などを軽く投げている。
→段々と大きなものを投げ出します。

・休み時間に一人で過ごしている子がいる
→仲間外れの可能性

・固定のメンバーばかりで遊んでいる
→グループ間のもめごとがあるのかもしれない

・休み時間に外から戻ってくるのが遅い
・掃除を雑に行っている
・教師の指示が通りにくい感じがする
・授業中の私語が気になる
・忘れ物が少し多い
・教室の床にゴミがよく落ちている
・ものが決められた場所に戻っていない

→規範意識の低下

・よく廊下に出ている
・廊下を走ったり、廊下に座っている
・廊下の曲がり角や階段の踊り場などに溜まっている

→教室に居にくい、もしくは教室ではできないことを廊下や他のフロアでしようとしている。

どれもスルーしがちな項目です。
しかし、3学期だからいいか。は命取りです。
これらの項目にあまりにも当てはまると危険な状態と言えます。
2学期までできていたことができなくなっているのは、早めに指導したいです。
そのままズルズルと放っておくとあっという間に崩れてしまいます。
学級の状態にもよりますが、2学期まできっちりと指導していれば、すぐに軌道修正できると思います。

素敵な年度末を迎えられるように。是非、一度振り返ってみてください。



 

ブログアクセスを見ると、土日のアクセスが少なくなる傾向があります。
「休日は考えないでおこう。」
この3連休はしっかり考えたほうがいいと思います。
2学期が開始して子どもたちも慣れてしまっています。
慣れるというよりはだれるといったほうが正しい場合があります。
この3連休については、対策を立てないと順調に荒れていきます。

けがや電話対応が増えていませんか?


教員の感度が低く暮らしていくと、増えたかどうかにも気がつきません。
けがや電話対応はこの時期にでてきやすいもので、原因は教員だけのせいではありません。
厳しい言葉で子ども達を引き締める前に、優しい言葉で1学期のルールを確認しましょう。

こんな言葉がけをするといいですよ


意見があるときは手を挙げて発言しよう。
待っているときは、本を読みましょう。
宿題を忘れたときは、黒板に名札をはって休み時間に取り組みましょう。
当たり前のことですが、子ども達にもう一度伝えます。
私なら掲示物として作成し、黒板にはります。
視覚支援になります。

さて。やっとゴールデンウィークですね。
今はリフレッシュする時ですので、ゆっくりしてください。

ゴールデンウィークは落ち着いて考え事ができるので、
4月のことを振り返りやすいです。
学級の状態をはかるチェック項目を以下にのせますので、参考にして学級経営の見直しを。


・宿題忘れが多くないか(特別な事情を抜いて1クラス5人以上は多いです) 
・忘れ物が多くないか(適当でいいやと思い始めているかもしれません)
・教室はきれいか(ゴミを平気で床に落とすことは規律が緩んできているかもしれません)
・トイレによく連れ立っていっていないか(何か嫌な話をしているかもしれません)
・授業中の私語はないか(唐突な発言も含めて)
・授業中の立ち歩きはないか
・言葉づかいが乱暴でないか(トラブルのもとです)
・廊下に子どもがたまっていないか
・モノを振り回したり、投げたりしていないか(どんな小さいものでも注意です)
・小突いたり、少し叩いたりしていないか(エスカレートします)
・教師に対して生意気な態度を取っていないか(試し行動・駄目なものは毅然と指導します)
・休み時間に一人ぼっちの子はいないか(仲間はずれか、友だちを作れていないかも)
・いつも同じ子が鬼などをやらされたり、ドッヂボールで狙われたりしていないか
・特定の子がルールを破ったことばかり告げ口してこないか
・こそこそ話をしていないか(良い話題はあまりないでしょう)
・机と机のすき間をあけていないか(避けているのかも・・)



この項目を参考にして振り返りをしてみてください。
4月は忙しいのでついつい見落としてしまいます。けれどもまだ間に合います。
逆に言えばこの5月を逃すと、取り返しがつかなくなるかもしれません。

指導は先手必勝です。後手に回らないように気をつけましょう。
 

↑このページのトップヘ