小学校教員、臨床心理士の華丸先生連絡帳

成果を明確に出せる人になれるブログです。教え子も、有名大や最優秀賞受賞などの夢を叶え手応えを感じている中堅教員です。 自身も大学院を出て臨床心理士、文科省海外派遣、受賞多数、研究費獲得、大手出版社での出版経験を持つ。 教員の仲間を博士号取得の高みに到達させつつあります。

成果を明確に出せる人になれるブログです。
教え子も、有名大や最優秀賞受賞などの夢を叶え手応えを感じている中堅教員です。
自身も大学院を出て臨床心理士、文科省海外派遣、受賞多数、研究費獲得、大手出版社での出版経験を持つ。
教員の仲間を博士号取得の高みに到達させつつあります。華

タグ:家庭訪問の方法

さて家庭訪問がはじまりますね。

朝は授業をして昼から校区を自転車などで爆走する。
とても忙しい時期がやってきました。 


余裕をもつために1つだけポイントを!

4時間だからといって宿題を出しすぎないこと。
もしかしたら隣のクラスは多めに出してるなどあるかもしれません。
そんなときは
合わせない、普通に出すか減らす。


午前だけで処理しきらないといけません。
しかも短縮の場合も。

無理しないこと。午後のために気持ちを落ち着けて進めていきましょう。
ミスが生まれます。

無理せずきっちりと家庭訪問を終わらせましょう。
 

そろそろ家庭訪問の時期が近づいてきましたね。
みなさんは、どんな準備をしていますか?

はじめに予定を組みます。気になる児童やよく話をされる保護者のところは余裕を持たせたり、最後にします。校区に慣れてきたら大丈夫ですが、初めての地域だと迷うことも想定して予定を組みましょう

そして、どんなことをチェックするのか
・その住所に間違いがないか
・どのような住居の状態か


1年間クラスを受け持つなかで、お家に行くこともあるかもしれませんので、そのための確認でもあります。また、子どもがどのような環境で生活しているかを知ることも一つです。

そして、お家の方にお話を聞きます。
まず、お家での様子を伺います。
「気になることはありますか?」と聞くと、お家の方もあれこれと話すと思います。もちろん、情報共有は大切ですが、家庭訪問は校区をあれこれ周るので時間管理が大切です。
本当に気になる場合はあちらから話をしてくれると思いますので、ここでは「アレルギーなどお身体のことで気になることはありますか」と聞きます。そして、「1年間よろしくお願いします。」と伝えます。1件に対して10分程度しか時間はないと思いますので、簡単にでいいです。

また、「よかったら上がっていってください」とお家の方はいってくれる場合があります。時間に余裕があるときはいいですが、お家の中に上がると時間はかかります。注意は必要です。
また、お茶やお菓子を用意してくださる方もいます。お茶の飲み過ぎは注意ですね。トイレに行きたくなります。

以下に持ち物をのせておきます

持ち物
・携帯電話(不在時や遅れてしまうときに学校に連絡)
・家庭訪問予定表
・メモ帳
・不在時の訪問届(◯時◯分頃 訪問しましたが、不在でしたので、また改めてご連絡致します)
・地図

時間に追われるので無理せず計画的にいきたいですね。



 

↑このページのトップヘ