小学校教員華丸先生の連絡帳-投資教育と金融教育重点中-

教員である幸せ しばらくは投資記事に重点

小学校でこの時期することや投資、科学、健康、生活に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

タグ:小学校教師の憧れ

無試験状態で59歳でも教員になれる方法のまとめ!

2017年3月5日ブログ(あと数年だけ!初心者でも高齢でも公務員になるために)で、勉強ができなくても心持ちだけで59歳でも教員になれることをお知らせしました。
そしてほぼ無試験でなる方法はこちら。(年齢制限なし、公務員でも給料高めに無試験状態でなる方法
そして、勉強の方法も!(公務員の待遇がうらやましい?無試験で手に入れる方法 レジェンドを超える勉強法 最終編

さらに地方でも、59歳で教員になれる地域が拡大!


 九州でも福岡、佐賀、熊本3県や北九州市の教育委員会などがこれまで39、40歳以下だった新卒・既卒の上限を49~59歳以下に緩和。
 受験者も約4割減った。

=2017/05/05付 西日本新聞朝刊=より引用(ヤフー記事はこちら


保護者の大雑把な傾向 都会の教員は、軽んじられやすく、地方の教員は尊敬の傾向

地方では、教員は教えを授けてもらえる人という感覚が残っているため、保護者が先生を立ててくれるところがあります。このため学級としては荒れにくい状況で、教える指導に専念しやすい。また、理不尽なクレームをいう保護者に対して、地域が暗黙の反応を起こし(地域にいずらくなるようです。)、守ってもらえる傾向もあるそうです。(全国の教員との交流から得た個人の見解です。)
しかし、地方なので山を2つこえて出勤は当然あります。
地域のためにという意識は大切です。
地方としては、給与は高く尊敬も集めやすいお仕事かもしれません。

都会では、教員の偏差値は国立大学で50台、私立では、30以下から50台しかも受験教科が2・3教科ということもあり、それを上回る学習歴を持つ保護者が多く存在します。
都会の保護者は社会人になっても学びに触れる機会や情報が多いのです。
教員の現状は、職場と家の往復で疲弊した状態でそれらの方々のニーズに応じた教育提案などが求められます。
また、地域のコミュニティが薄いので、学校に対して求めようのない部分まで求めてくる傾向もあります。
教員も地域に貢献する意識もまちまちといったところです。
企業人や出版社などとのコンタクトは得やすい方かもしれません。
都会の仕事としては、尊敬を集める仕事とはいえません。給与も都会水準と比べると低いと思います(短大卒の水準としては高待遇です)。

しかし、最近では地方と都会とのこのような温度差も悪いところどりで、なくなってきています。
子どもに向き合って頑張るという心持ちさえ変わらなければ、地方VS都会の感覚は超越できます。
保護者がどうこうというのも自分の子どもへの熱意に振り分けたほうが建設的です。

九州の地方都市では1000万円代でマンションが購入できます。大都市圏では同じグレード駅の近さで3000万円なんてこともよくあります。給与は地方の教員は若干安いかもしれませんが、それを上回る物価の安さが地方にはあります。

上記は私の個人的な見解にしかすぎません。
本ブログの読み方としては、現場にいるものの感覚・生々しさとして参考になる情報だと思います。
いろいろな情報を収集して、あなたにとって有益な情報に変えてみましょう。
(上記は個人的な見解であり、空想読み物としてご理解ください。)

誰でもはじめは初心者


今の社会は条件がそこそこ整った仕事に就くハードルが高すぎます。
教員の仕事の条件がよいかどうかは価値観の問題です。

でも、これはいえます。

教師になるための門戸は全開で開かれています。
私の知っている正規採用の最高齢は58歳。
採用されて1・2年で退職。それでも雇われます。

誰でもはじめは初心者です。
入り口(講師採用・教諭採用)が楽であとは自分の頑張り次第。それがあと数年だけ続くボーナスステージです。
教師でも・教師しかなれない人たちの多くの先生の大量退職も終わりつつあります。
数年もすれば、少子化もすすみ採用が激減します。

どの仕事でも選別されることあります
働いていると自分の仕事が崇高なものになり、お前はだめ!など自分のものさしで測ってしまいます。
これはどの会社・公務員でも同様だと思います。
働くとプライドがでてきて、選別をする。


でも、はじめから私たちはそんなに偉かったのか?
いっぱい先輩や周囲の方に褒められ・叱られ・教えていただいて・支えられての今があるはず。教員になりたいと思った人が頑張るならば、大きく受け入れてあげたいものです。

偉そうな私たち大先生のお話する根拠は実は薄っぺらい
ー自分が輝く教師になるために教師の傾向を分析ー


教師は3日で大先生と呼ばれる世界です。
私を含めて図に乗りやすい。

1・2年も働けば全て分かったような偉そうな口をききます。

空いている時間には、若い先生に教育論と人生を語る。
今の私も似たようなもの。

これを逆手に取れば教師の仕事で負けない人間になれます。 

教師の傾向がわかったところで、対策です。


もし、あなたが大先生になって自らの学びを止めないように勉強し続ければ、簡単にそんな先生方は抜くことができます。

これが心持ち。


根性論ではない!心持ち

心持ちといえば、
入社試験のハードルをいくら高くしても、本当に入社後に活躍するとは限らない。

だから、
人のためにがんばろうと思う気持ち
一生懸命仕事に取り組む気持ちを
持ち続けることが大事なのではないかと思います。
そんな綺麗事がいえるのが私たち教員です。
私は、聖職者ではありません。ただの普通の人です。
うまくいけば喜んで、失敗をしたら謝ってそれで終わるただの人でありたいです。

民間の残業とはワケが違う

社畜?この仕事は、その価値観とはまた違う残業です。もっとこうすれば、子どもが伸びるのでは?のやりがいを求める残業です。ちなみに残業代でません。


あなたがやるべきこと

自分がこの仕事をしてみたいかどうかを自問自答する。
もし、してみたいなら
本ブログの記事を読んで、電話する。大学や認定試験でしたね。
そして
やり抜く!

いい教師って授業がうまいことだけではない。

いい教師になるかどうかは、試験の問題というより、どれだけ子どものために時間をかけて

自分がこれから学んでいくかです。
生活不安を抱えるより、一生懸命働けば道は開けるお仕事です。

「公務員の待遇がうらやましい?無試験で手に入れる方法 最終編(こちら)」も読むと教師の仕事のための勉強の方法・本当の勉強の方法もわかります。

この仕事には、一生懸命働ける場所があります。
そして、苦手でもなんでも頑張ろうと思う気持ちがあれば、乗り越えられることもあります。 
いい加減な待遇めあて・サボろうとする先生の気持ちを入れ替えられるほどの情熱をもって先生になることをお待ちしております。

頭の体操としてお読みいただけると幸いです。 
(まだまだ、教師塾など無料で教え方を学べる裏技もありますよ。) 

上記の記事は個人の感想であり、教員になることをすすめるものではありません。
自己判断で、検討材料を集めて決断する。
それが大人です。 

ほぼ年齢制限はない? 昭和32年以降に生まれた人ならOK

教員採用のお話。
神奈川県の場合や堺市の場合がそうです。1957年生まれからなら60歳までならオッケー。
講師(高給アルバイト)なら年齢制限ない場合もあります。
こちらをごらんください。)

60歳以上の人すいません。
でも、60歳以上でも講師では働けますよ。
60歳以下に広く門戸を開いています。
教師になって社会を変えてください。


本当に無試験状態?

神奈川県の場合、論文と面接だけ(こちらをごらんください。)
堺市の場合、1050点中670点が面接の点数(こちら

条件がある?
教員免許も本ブログの方法により、ほぼ無試験。
講師の条件を満たすことについては、たくさんの給与をもらいながら満たせる方法があります。
ただし!頑張る心持ちが大事です。


給与は普通の公務員より高い

普通の公務員と異なり、4%の調整給が加算されることで、お高めになります。

以下のブログ記事を読んでください。

教員の資格取得もほぼ無試験状態です。
大学も通信教育に短期大学
何その裏技!?その方法で教員免許が取れるの?小学校教員資格認定試験 1【若手教員企画】(こちら
本ブログ記事を参考に免許も取りましょう。勉強の方法も載せています。

安易な煽りをしているわけではありません。

ただ本当に大事な心持ちについては、以下の2つを読んでからにしてください。
公務員の待遇がうらやましい?無試験で手に入れる方法(こちら
公務員の待遇がうらやましい?無試験で手に入れる方法 中盤編(こちら
最終編もあります。

何よりも、子どものために一生懸命頑張ろうと思う気持ち・社会のために役立とうと思う気持ちがあってのことです。

なぜこんな記事を書こうとしたか
最近、社会が厳しい!
特に
社会人になるための最初のハードルが高すぎると思っています。
これについては、明日の深夜0時に更新する予定の記事をご参照ください。


↑このページのトップヘ