小学校教員華丸先生の連絡帳-投資教育と金融教育重点中-

教員である幸せ しばらくは投資記事に重点

小学校でこの時期することや投資、科学、健康、生活に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

タグ:小学校運動会

体育大会が近づいてきたぞ 

Unknown-1

来週や再来週に体育大会本番がある学校は多いのではないでしょうか。
最後の追い込みが大変でしょうが、無理せずに進めたいですね。


ところで・・・

体育大会当日って必要なものや注意することって何?

今日は当日に必要なものや注意することについて紹介します。

《必要なもの》

子どものために
◯ダンスなど演技プログラムで使う予備の小道具(忘れんぼさん対策)
◯予備のはちまき(リレーなど用)
◯予備のプログラム(これは忘れる子がいそう・・)
◯トイレットペーパーや新聞紙(子どもが鼻血を出したり、吐いたりするかもしれません)
◯タオル(こぼしたものなどを拭く用)
◯うちわ(あおいであげよう)
 うちわの表に「しずかに」などのはり紙をしていたら、注意にも使えますね。
◯デジタルカメラ(素敵な姿を撮ってあげよう)


自分のために
◯筆記用具(記録が必要な仕事があるならば)
◯帽子(日差しがきついです)
◯日焼け止め(後で痛いです)
◯水やスポーツドリンク、塩分入りタブレット(1日外なので自分も熱中症対策)
◯汗拭きシート、制汗剤(昼休憩に一度すっきりと)
◯着替え(午前だけで汗びっしょりかもしれません)
◯プログラム
◯笛

《注意すること》 

子どもの健康状態の把握、子どもは顔色に出やすいので観察をきっちりと
◯水分補給をこまめにさせる(予め、昼休憩でお茶を足してもらうように促しておく)
朝の時点で出欠を確認したら、欠席児童が仕事の役割がある場合やダンスなどで合わせ技がある場合、対応を検討する。(事前に対応は決めていた方がよい。)
◯児童の忘れ物は必ず朝に確認する。(直前にわかる程怖いことはない)
◯昼食が給食の所もあるかもしれませんが、保護者と食べる場合は、保護者が来れない児童がいないか朝に確認して、対応を検討しておきましょう。 
◯演技や競技で使う道具の事前確認をする。入場から必要なものは誰が用意するかを確認しておく。
◯プログラムを見て、当日の流れを把握する。どのタイミングでトイレにいかせておくか、いつ入場門に向かうか、など目星をつけておく。(子どもにも事前指導しておく)
◯当日の自分の担当の仕事の流れを確認しておく。
◯子どもたちに事前に応援の言葉をかけ、終わりにはねぎらいの言葉を忘れない。
 (大切ですね。子どもたちは一生懸命がんばっていますので、ほめてあげてください!)
◯保護者とも良いコミュニケーションを。
◯参観をしている気持ちで、教員が児童のお手本となるように。(大人数の参観です。笑)
◯自分たちの演技や競技のときに、他の教員に写真撮影を頼んでおこう(学級通信や懇談用)
◯児童管理をしっかりと。他学年の応援をさせて遊ばないように見守りましょう。

当日の服装って・・?

当日、みなさんはどのような服装ですか??
私は白いポロシャツに、下は紺か黒の長ズボンジャージと教えられました。
もちろん帽子着用で。とても無難な格好かなと思います。保護者もいますし、ポロシャツがいいのではないかと個人的には思います。


これは職場にもよると思います。例えば、職場みんなでTシャツなどを作っている所は、
そのTシャツで揃えたりもするようです。
悩んだら職場の先輩に聞いてみましょう。

楽しい体育大会を!

子どものときは、体育大会はお祭りのようで大好きでした。
苦手な子からしたら、苦しいとは思いますが、多くの子が楽しみにしていると思います。
教師自身も子どもたちと一緒に応援して、笑って泣いて、良い体育大会にできたらいいですね!










さて、8月も半ばですね。
2学期の用意していきたいところです。

2学期といえば運動会。
9月から練習がはじまる学校も多いのでは?  

運動会のダンスの練習で気をつけておきたいことを紹介します。
当たり前のことも含まれているのでご了承ください。


まずは、ダンスは可能であれば2人でやる方がいいでしょう。
一人が踊り、一人が口答で動きを示していきます。

踊る際は鏡のように左右逆にして踊る方がいいですが、
大変なら教師が正しい動きをして、子ども達に逆で覚えさせたらいいです。

口答で指導するときは、1・2・3・4とカウントをしてあげて、
8カウントで1区切りをつけて振りを入れていきます。


そのときに動作を具体的に口答で言ってあげたり、動作に名前をつけてあげたり(両手を広げる→パーなど)すると子どもたちも覚えやすいですね。

また振りを考える際には過去の記事が参考になりますので、
ご覧ください。動画もあります。
      ↓
ダンスは苦手!運動会の練習どうやってする?2 −団体演技−



よく見せたいなら、振りは大きくです。 
運動場はとにかく広いので、大げさなくらいでちょうどいい。
また手や足はしっかりと伸ばすことも意識させたいですね。
「指の先までピンと伸ばしてごらん」などと言うと子どもたちも意識しやすいですね。

また、中学年くらいになると、重心移動も大切になります。
前から後ろや左から右など、体重をかける中心を移動させると、
より迫力のある大きな動きに見えるので、
まずは重心を移動させることを練習して感覚を掴ませることも大事です。


陣形移動もあると思います。
アルゴリズムの様にグループによって動きが違う場合は
赤白帽で赤と白でチーム分けすると分かりやすいですね。

最後に、子ども達は子ども達なりに頑張っています。
できるだけ褒める指導をしてあげてください。

本来、ダンスは音楽を聞いて自然と体が動き出すというものです。
つまり、楽しくあるべきものです。
それが厳しい指導で、「辛いもの」となってしまうのは悲しいですよね。
もちろん、部活動やクラブチームでやるなら別ですが、あくまで学校教育です。
体育は生涯にわたって身体を動かしたい、運動は楽しいからしたいと子どもたちが思うための授業でもあります。保護者に見せる見せるという意識が強くなりすぎて、目的を見失わないようにしたいですね。


9月は暑いですし、きっとだれてしまう場面もあると思います。
こまめに水分補給をして、熱中症を予防して、
楽しく進めていけたらいいですね。














 

今日はダンスの振りを考える場合について話します。

前回と通じるものがあるのですが、
観客席から距離がありますので、できるだけ振りは大きいものがいいでしょう。

なので、手元だけのダンスは映えません。
ポッキーダンスなども動画ありきでアップでみるといいですが、
運動会では迫力がないかもしれません。
恋ダンスはまだ、全身の動きがあるので使えるかなと思いますが、


振りの参考に動画をのせておきます。

低学年 ダンスの振りつけ例


 高学年 ダンスの振りつけ例

 
小学校 リズムダンス 振りつけ 

指導の際には、
・曲を聞かせる(可能なら全部通して踊ってあげる)
・カウントで振りを覚えていく(1・2・3・4・5・6・7・8)
このときに振りに名前をつけたり(「大の字!」とか「まわしてジャンプ!」とか)
動きを指示してあげたりします。(「横!右!」など)
もちろん一気にやるのではなくて、8カウント×2〜4ずつくらいで振りを教えます。
・スピードをゆっくりして踊らせる
・通常のスピードをゆっくりして踊らせる
 


水分補給もしっかりとって、頑張ってくださいね。 

↑このページのトップヘ