華丸先生の連絡帳

教員である幸せ しばらくは投資記事に重点

小学校でこの時期することや投資、科学、健康、生活に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

タグ:年賀状の返事

 新学期が始まって職員室の机の上を見るとたくさんの子供たちの年賀はがきが積まれていました。

そんなとき、返事をしたいけどはがきを買いに行く時間もないし、どうしようと悩むことありませんか。



そんなときは、一筆せんに文章を書こう。




100円均一ショップで売っている一筆せんを買っておきます。

4行ほどの文章を書けば良いだけですので、葉書を買って投函するよりもずっと楽にできます。

放課後や空いている時間に子どもたちの年賀状を見ながら返事を書くのは結構楽しいものです。

でも、たくさん返事を書く必要があるときはある程度例文を書いておくと良いでしょう。


一筆せんに書いておくとよい言葉


例その1

寒中お見舞い申し上げます。

年賀はがきありがとう。〇〇さんは、△なことを頑張るんだね。応援しているから一緒に頑張ろうね。今年も1年よろしくお願いします。



例その2


寒中お見舞い申し上げます。

年賀はがきありがとう。

写真写真を見て〇〇さんの元気な様子を思い出しました。

またお休みの様子を休み時間にでも教えてください。楽しみにしています。今年もよろしくお願いします。



このように、はがきを買いに行ったりする手間を考えるとすきま時間にかける一筆せんはとっても便利ですね。ぜひ活用してみてください。


必ず子どもたちは、お返事を待っています。

どうしてもお返事を書くのがしんどい場合は、
年賀状もらった子どもたちに上の例文のような言葉をかけてあげると良いでしょう。


年賀状は、先生のことが気になっていないと送る事はありません。

いわば、子どもから先生に送るラブレターのようなものなのです。

気持ちのこもったはがきですから、気持ちを込めてお返事を返すと
いい先生だなと思われるでしょうね。

おせちを食べ過ぎて体重が気になる華丸です。


昨日から年賀状が届いて、子どもたちの写真入りのはがきや手書きのはがきなど、
にこやかに読ませてもらっています。
教師をやっていて良かったなという瞬間です。


そんな中、自分のクラスの子の年賀状は出してしまっていても、違う学年や違うクラスの子から年賀状をもらうこともあります。担任したことがある子から引き続きもらえるのは嬉しいことです。

postman_jitensya




卒業生なら、はがきの裏面に絵入りでコメントなどをするのが多いですが、在学生ならば、ちょっとした一工夫をしたいですね。

 

面白いと思わせる工夫を紹介します。

・今年流行ったもののイラストで魅せる。(得意なら・・・)
  ブルゾンちえみ サンシャイン池崎 ゆりやんレトリィバァ 陸王 ドクターX などなど

おみくじ付きやスクラッチ付きシールをはってあげる。(超簡単)
ほんのちょこっとの工夫ですが、喜びます。百円均一などで売っています。


・特別クイズを用意して、正解したら学校でシールか小さな賞状をあげる。(おすすめ)

やっぱりこれが喜びますね。下にクイズ例を挙げておきます。「答えを書いて持ってきてね」と一言添えるといいですね。

クイズ例

・ちょうちょを9ひき描きました。何を使って描いたでしょう。

    答え.チョーク(ちょうが9)
 

・「◯◯◯は一日にして成らず」 このことわざの◯に入る地名は?

    1.ローマ  2.愛知  3.ハワイ   答え.ローマ

 

・アンパンマン、カレーパンマン、食パンマンの中で一番人の話をきけるのはだれでしょう?
    答え.食パンマン(パンの耳があるから)

・「マジ?」という言葉を使うことがあると思いますが、この言葉はいつからあったでしょう?
    1.平成 2. 昭和 3.明治 4.江戸   答え.江戸(書物に書かれているそう)

・次のうち、北海道にある川はどれでしょう?
    1.ハラヘッタ川 2.ヤリキレナイ川 3.ネムタイヨ川 4.チョウシデナイ川
     答え 2.ヤリキレナイ川

・次のうち、「きのこの山」や「たけのこの里」と同じように、本当にあったお菓子はどれでしょう?
    1.えのきの丘 2.松ぼっくりの森 3.すぎのこ村 4.たけやぶの林
     答え 3.すぎのこ村

 コメントもいいですが、こういったクイズを用意してあげると「ワクワク」しますよね。さすが◯◯先生と保護者も喜んでくれると思います。ちょこっと信頼感をあげることができます。私は絵入りのハガキをかって、クイズを添えて返したりします。


 だってわざわざ担任じゃないのに年賀状を送るなんて、相当なファンですよ。期待に答えたいですよね。
 
 そんなに時間もかかりませんし、良かったらやってみてください。

↑このページのトップヘ