小学校教員華丸先生の連絡帳-投資教育と金融教育重点中-

教員である幸せ しばらくは投資記事に重点

小学校でこの時期することや投資、科学、健康、生活に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

タグ:英語指導

小学校の先生なのに英語って困る

毎週の英語学習に頭が悩まされることがあります。
フォニックスは、有用なので、DVDなどで購入するのはいい方法です。
でも、毎回授業を考えるのがしんどいなぁ。
そんなときは、クイズ・プレイを動画に任せましょう。
またしても、英語コンテンツ(こちら
学校にタブレットがあればさらにいいですが、なくても表示をしながら一緒に進めていきましょう。
ゲームのポイントや英語の授業の展開の勉強になりますよ。


英語からプログラミングと凄まじく教えることが増えてきました。
無理に準備をするのではなく、やりやすいことから取り組んで、できそうな余力のあるときに教材研究に時間をかけてみましょう。 

みなさんの職場では外国語は何年生からやっていますか?
私の職場では中学年以上から外国語がはじまります。


外国語って他の教科と違って教え方がよくわからないですよね。
今現在では外国語は英会話が基本です。

ただ、例文を話すだけでなく、楽しみながら教えていきたいですね。
今日は簡単にできるゲームをしたいと思います。


①キーワードゲーム
単語を覚える・発音を覚えるときに使えます。
・隣の席の人とペアを組ませます。
・二人の机の間に消しゴム(どちらかの)を置きます。
・その単元で教える単語の中から1つ選んでキーワードとします。
・全ての単語を順不同で教師が発音し、児童にリピートさせます。
・ 教師が発音するなかでキーワードに選んだ言葉を教師が発音した場合、
 児童はリピートするのではなく、ペアの子と消しゴムを取り合います。

楽しみながら、発音もできます。とても盛り上がります。

②ジェスチャーゲーム
単元にもよりますが、
スポーツなどの単語を発音させる際に、
ジェスチャーをして、子ども達に答えさせます。
ジェスチャーは子どもにさせてもいいですね。

③サイン集め
自己紹介(My name is 〜)などの単元では使いやすいです。
あいさつの単元でもいいですね。

サインの枠があるワークシートを用意しておき、
色んな友だちと例文の会話をします。
会話が終われば、サインをお互いワークシートにします。
回数多く例文会話ができるので、いいですよ。


こういったゲームなどを交えるので、子ども達は
外国語が好き!と言ってくれます。
参観などでも楽しくやれるのでオススメです。
是非、取り組んでみてください。












 
 

↑このページのトップヘ