小学校教員華丸先生の連絡帳-投資教育と金融教育重点中-

教員である幸せ しばらくは投資記事に重点

小学校でこの時期することや投資、科学、健康、生活に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

タグ:遠足

今日は楽しい遠足なのに、子どもがこない(電話連絡がない)

まずすべきこと

外にでる行事の日は早めに出勤しましょう。時間はゆとりにつながります。
まずは、電話連絡してつながるかを確認します。繋がらない場合は、学年主任と管理職に報告をします。
「子どもが来ません。電話をしてもつながりません。」
時間があるなら
「自宅にいって確認をしてきてもよろしいでしょうか。」
時間がなければ
「申し訳ありませんが、家庭訪問など連絡をとってもらってもいいでしょうか?」

・・・がないから遠足にいけない。

この場合は、教員が用意することを申し出てみるのもひとつです。
お弁当がありません。
アレルギーを確認しながら、お弁当を近くの店で買ってくる。

おやつがありません。
日頃食べていて問題がないものを保護者などに聞いてわける。

おはしがありません。おしぼりがありません。
事前に、教員が持っていきあげるといいでしょう。おしぼりは使い捨てのものでいいと思います。

レジャーシートがありません。
近くの人に少し場所をわけてもらいましょう。

家庭訪問をする場合は、出発の時間を念頭に送れないように対処しましょう。
いつでもすぐに助けてくれる先生というイメージを日頃からつけましょう。
そのためには、子どもの悩みや困りごとを日常細かく聞いて、解決をしていく頼りになる先生という印象をつけておくとよいでしょう。












 

初日が終わり、2日目以降から遠足や宿泊学習の下見に行く人も多いと思います。

ただ何も準備せずに行くのはもったいない。
しっかりと準備をしていきましょう。


まずは、前年度のしおりやノートなどは持参します。
また、カメラなどもあるといいですね。


施設などに行く場合は必ず当日の細かい時間などを打ち合わせして決めます。
許可書がいる施設もあるので、その場合は必ずもらってきます。
貸し切りバスならば旅行会社を通して話しますが、
電車ならば、申請書などを提出する必要があります。(学校印が必要なことも)
時刻も調べておきましょう。

・どの道順ですすんでいくか
・危険な箇所はないか
・トイレの場所はどこか
・お昼はどこで食べるか(雨天時用も)
・クラス写真はどこで撮るか
・身体的に配慮すべき児童がいれば、段差、スロープやエレベーターなどもチェック
・移動など、それぞれの所要時間はどれくらいか 

などをよく確認しておきます。

行程を写真などに撮っておけば、子どもたちに紹介できますね。
(どこに行くのかわからなくて不安な子にも示すことができる)
学年掲示板に写真をはったり、パワーポイントにしたりして紹介すると
おもしろいですね。


下見不足にならないように、確実に終わらせたいですね。 

↑このページのトップヘ