小学校教員華丸先生の連絡帳-投資教育と金融教育重点中-

教員である幸せ しばらくは投資記事に重点

小学校でこの時期することや投資、科学、健康、生活に関係するものをブログに載せています。さらっと見て頭の片隅におくと楽になります。
ブックマーク,ツイッターのRT,リンクは、内容に賛意を示すものではありません。所属の立場とは独立したものです。雑記ブログのため正確性も保証しません。

タグ:面接対策

2次試験が見えてきた・・

Unknown

8月に入ってから10日が経ちました。 自治体にもよりますが、1次試験の結果が発表されたのではないかと思います。そしてすぐに見えてくるのが2次試験です。ここまで来たら合格したい。2次試験で落ちるのはとても悲しいです。


2次試験もやはり対策が大切

私も受験生の頃、複数の自治体を掛け持ちして受けていることがありました。そのうち1つの自治体で2次試験で落ちてしまいました。試験内容は実技試験(体育)と個人面接と専門科目(筆記)でした。正直いくつか受けた自治体の中で一番手応えがなかったです。実技試験ではミスをしてしまいました。面接は圧迫面接でした。「そんなことで教師がつとまるのか」といったような雰囲気で進められてしまい、回答を重ねたものの上手くいきませんでした。しかし、そういった雰囲気で始まることがある程度わかっていれば、対策を考えれます。正直、私はリサーチ不足でした。

逆に、上手くいった自治体では、場面指導や模擬授業がありました。こちらは面接に比べて、対策していた分野が出題されたので、余裕を持って取り組むことができました。


できるだけ問答集を作っておこう 

受ける自治体の2次試験の内容は把握していると思います。私は個人面接も模擬授業も場面指導も経験したことがあります。どれも対策が可能だと思います。

面接対策本などでお題や問いを見て、どのように回答するかを考えておきましょう。
そして、それらが、ぱっと言えるように、何度も練習をするのです。
誰かに面接練習を手伝ってもらうことはベターですが、そんな相手がいないなら、部屋で1人で面接の受け答えの練習をするのです。恥ずかしいし気が滅入るかもしれませんが、これは大切です。

面接などで聞かれること(一般的ですが)

・学生時代がんばったこと
・長所と短所
・強み
・志望動機
・どんな教師になりたいか(どんな柱を持つか)
・どんなクラスにしたいか
・今までで苦労したこと

・教員間で上手くいかなかったらどうするか
・いじめが発覚したときの対応
・学級開きの自己紹介をやってみてください
・将来の夢についての授業をしてください
・授業のルールについての説明を子どもに向けてしてください
・授業のルールが守れない子に対しての指導
・学習がついていけなくて泣いてしまった子への対応
・学校行事でルールを守らない保護者への対応


もっと細かくあると思います。対策本などが有効ですので参考にしてください。これらについて回答を用意しておくと、余裕を持って臨めます。
このサイトでも関連記事を掲載しています。参考にしてください。

全然対策してない!どうしよう!!まだ間に合う!?教員採用試験対策 3 ー長所と短所ー
全然対策してない!どうしよう!!まだ間に合う!?教員採用試験対策 4 ー自己PRー
全然対策してない!どうしよう!!まだ間に合う!?教員採用試験対策 5 ー志望動機ー
全然対策してない!どうしよう!!まだ間に合う!?教員採用試験対策 6 ー学生時代にがんばったことー

人物重視だけど・・案外、大切な筆記科目

私は合格したときに、成績を開示してみたのです。すると面接の点は高いとは言えず、筆記科目でなんとか合格したという感じでした。逆に、面接は上手くいったのに、筆記試験で落としたという人をよく見かけます。
面接って人が相手ですので、合わない面接官にあたると点数が伸びません。就職活動なら、「この企業とは縁が無かったんだ。他の会社で頑張ろう」で済みますが、教員採用試験は違う。掛け持ちできても、2つ3つ。とにかく受かりたいんです。
面接対策しまくることは非常に大切ですが、面接官と合わないと点数が落ちる、いわばギャンブルのようなもの。だからこそ、筆記科目を確実に取りましょう。ここを7割8割とこなしていくことで、少々面接でミスをしても、なんとか総合点で合格できます。筆記は対策すればするほど、点数が安定します。最後の追い込みを!!!














 

教員採用試験が近づいてきた!

今年もこの季節がやってきました。
受験生のみなさんはきっと今対策に追われていることかと思います。
実技や筆記など、あらゆる対策が必要となりますが、
面接をきっちりとクリアすることが大切でしょう。
Unknown-5

どんな風に面接が行われるのか

◯集団面接
 自治体によって人数は変わると思いますが、大体5〜6人で行われます。
 形式は様々です。

・オーソドックスな面接
 質問があり、順番に答える形式です。他の人が答えているときは「うなずき」などもすかさずしたいですね。場合によると、挙手制もあります。最後に答えたらいいやと思っていたら切り上げられることもあるので、先手必勝でいきたいです。

・グループディスカッション
 協力しながら1つのテーマに対して、議論して、場合によれば答えを出す必要があります。軽くリーダーシップを取りつつも、話題を振ったりという振る舞いが求められます。書記やタイムキーパーなどの役割が振られることもあります。

・集団模擬授業
 順番に教師役をして授業をします。子ども役になっているときも、教師を助けるように動くと好印象だと思います。笑顔でハキハキとしている姿を見せることが大切でしょう。


◯個人面接
面接官は2〜3人くらいのことが多いですね。

・オーソドックスな面接  
 見られているのは「この人と一緒に働きたいか」
 爽やかさや明るさ、そして頼れる存在だなと印象づけたいですね。

・模擬授業もしくは場面指導
 模擬授業をするように伝えられるか、もしくはこんな場合どうしますかという場面指導もあります。
 その場でお題が渡されることが多いので、いくつかパターンを用意しておくといいでしょう。

面接のポイント

◯笑顔で
 子どもに対して暗い対応は良くないですよね。笑顔は大切。

◯ハキハキと
 言葉を大切にして、きっちりと発音したいですね。緊張から早口にならないようにしましょう。

◯姿勢よく
 当たり前ですが、背筋をしっかり伸ばして座りましょう。

◯答える内容は的確に
 質問に対する答えは先に述べます。詳しい理由などは後から述べる方がいいですが、簡潔に。

基本ですが、特に学生さんは上記のことがしっかりできていることは大きいと思います。逆に講師の方は、それらに加えて実務経験を基にした話を組み込んで、即戦力アピールをしたいですね。ただ、実務経験を語りだすと長くなるので、こちらも予め簡潔にまとめて用意しておきましょう。もちろん幾つになっても笑顔・姿勢・明朗さなどは大切です。みなさんがベストを尽くせるよう心から願っております。

あと1ヶ月
面接や模擬授業などをしっかりと練習して、力をつけていってください。








 
 


 

教員採用試験が少しずつ見えてきました

今日は試験対策のための記事を紹介します。

syukatsu_group_mensetsu


教員採用試験対策1 概要
試験について大まかに説明しています。


教員採用試験対策2 自己分析
面接対策やエントリーシート作成に必要な自己分析について説明しています。


教員採用試験対策3 長所と短所
面接で聞かれる定番の長所と短所について説明しています。


教員採用試験対策4 自己PR
面接やエントリーシートで定番の自己PRについて説明しています。


教員採用試験対策5 志望動機 
その自治体への志望動機について説明しています。 


教員採用試験対策6 学生時代頑張ったこと 
面接の定番、学生時代頑張ったことについて説明しています。 


教員採用試験2次試験に向けてやっておくといいこと 
2次試験の対策について説明しています。 


エントリーシートを書く時にも参考になるかと思います。
是非ご覧ください。 

今回は学生時代に頑張った事について説明します。

私は民間企業の面接も何社も受けましたので、
この質問は本当に何度もされました。
もちろん、教員採用試験で聞かれる内容でもあります。

よく集団面接などでこの質問を全体にされたとき、
周りの人たちが素晴らしい学生時代の栄光を話されていて、呆気にとられたのを今でも覚えています。

みなさんは学生時代に何をしていましたか?
「え、特に頑張ったことない・・」
そう思ったあなた!
じゃあ質問です。
周りの学生がみんなもの凄く頑張ってすごいことを成し遂げていますか??
正直、そんなにいない。

じゃああの素晴らしい学生たちはどこから湧いてくるのか・・
みんな自分の学生時代にやったことを何とかピックアップして作品として仕上げてくるのです。

極端なこといってすみません。言い換えると、学生さんってみんな何かしら頑張っているんですよ。
普段の授業やゼミ、バイト、サークル、部活動など
どれでもいいので、一番頑張れたなってことをピックアップするんです。
そして、大切なのはその経験からどんなことを学んだかです。


例えば、私は部活動での経験を使いました。

私は学生時代に◯◯部での活動に力を入れました。
そのときに一番悩んだことは、部員のモチベーションをあげることでした。
一斉に檄を入れても、それでモチベーションが上がる人もいれば、下がってしまう子もおり、
様々でした。そこで、休憩時間など部員をよく観察して、その人がどんな性格かをよく観察して、
声かけをしました。その結果、部長からも「いつもよく周りを見て盛り上げてくれてありがとう」と感謝されました。私はこの経験から、周りをよく見て観察することの大切さを学びました
教員も、子どもの人となりを掴む必要があります。子どもたちの行動をよく観察し、その子に応じた指導や支援を行っていきたいとおもいます。


このように、教員になってもそのことを生かすことを最後に添えることで、
この人は経験からよく学習し、その学んだ事を生かそうとする人だという印象を与えるのです。

さあ、みなさんも是非、これまでの学生生活を思い出して作ってみてください。










 

さて今回は志望動機についてです。


教員採用試験での志望動機は2つのポイントがあります。
1. どうして教員になりたいのか
2.どうしてこの自治体なのか

です。

教員の志望動機は結構考えやすいですね。よくあるのが、恩師との触れ合いの経験をもとにして、私も恩師のように◯◯できる教員になりたいと思った。
などの理由です。
経験をもとにすることはいいことですね。


では、どうしてその自治体なのか。
地元であるなら、地元の教育に力を添えたいで十分です。
地元でない場合はどうするのか。
少しでも何か縁がある場合は、それを理由にすることは大切です。

それでも縁もゆかりもない自治体を受けることもあるでしょう。

私の場合はその自治体が出している教育方針をよく読みました。
そこから共感できるポイントを引き出しておくのです。
そして、私は◯◯な教育をしていきたい。教育方針にも◯◯とあるように◯◯県ならば、それが実践でき、◯◯県の教育のために頑張りたいと思った。

この理由をしっかりと述べることで違和感はなくなるはずです。
ポイントは
自分の教育方針と重なるその自治体の教育方針がないか
です。
自治体を受けるにいたり、その自治体の実践なども調べておくことは大切です。

あなたの熱意をしっかりとぶつけてください。







 

今日は自己PRについて説明します。

PRでは
①私にはこんな良い所がありますよ。 
②その良い所が活きた場面はこんなときですよ。
③私を採用するとこんな使い方ができますよ。

ということを伝えます。

そこで
「私は○○な人間だ」 
ということを理解しておく必要があります。 

前回に繋がるのですが、この◯◯には長所を入れるといいでしょう。 
正直いって、長所の文章とあまり変わりません。

例えば、コツコツとやることが得意な人だとすれば、

「①私はコツコツと取り組むことができる人間です
私は昔、◯◯の販売のアルバイトをしていました。アルバイトを始めたときは、周りの方の作業スピードや接客が素晴らしくて、器用でない私はかなり足手まといでした。しかし、自分にできることをコツコツとやろうと、接客では「笑顔で明るく」対応して、挨拶を忘れないなど基本を心がけて頑張りました。その結果、今では「◯◯さんはいますか」とお客様から尋ねてもらえるほど信頼関係を築くことができています
私は教師になっても先輩たちから教えてもらう基本を常に忘れずにコツコツと取り組みます。そして、一歩ずつ確実に成長し、子どもや保護者、また職場の仲間から信頼される立派な教員を目指したいです。」


こんな人間だ
その裏付けとなる経験
そして働きぶりを想起させる仕事像

これらを入れることで自己PRはまとまります。

では次回は志望動機について説明しますね。
 

今日は自己分析について説明します。

よく「自己分析が嫌い」などという言葉を耳にします。
たしかに自己分析って何したらいいかわからないし、面倒なことではあります。

しかし、どうしても面接で自分についての質問は聞かれますし、自分のある程度のカラーを見つけておくことは、働きだす上でも大切なことかと思います。

では自己分析はどのようにやっていくのか。
私は小さいときから今までの自分の人生のなかで、転換期だったり何か決断をしたり、大きな出来事があったときに注目し、そのときに「なぜ自分はそのような行動を取ったのか」という問いを繰り返して自分像を掘り下げていきました。

例えば、中学校の部活に入ったという過去についても、
「どうしてその部活に入ったのか」
「強いチームが良かったから」
「どうして強いチームが良かったのか」
「何かをやるならばダラダラするのでなく、一生懸命やりたいから」 
 というように、そうすると自分は一生懸命に物事に取り組みたい人間だと少し自分像が見えてくるわけです。

自分を幼少期から振り返ってみると、自分の意外な性格が見えてきます。その中で、自分の長所や短所も見えてくるわけです。 

自分の過去を振り返る際には、自分グラフ(人生の折れ線グラフ)を使うこともいいですね。
わかりやすい説明をしているブログさんがあったので、下にのせておきます。
自分グラフについて


では次回はよく聞かれる質問である長所と短所について触れたいと思います。 

3月になり、来年度が近づいてきました。
来年度の教員採用試験を受けられる方はいま試験の対策を頑張っているかと思います。

教職教養や専門教科 
小学校なら全科とたくさん対策本が書店に並べられており、きっと読者の方も何かしらの対策本で
勉強されていることかと思います。


しかし、最近は人物重視 と言われており、面接試験の配点が高い傾向にあります。
さて、面接ではどのようなことを聞かれるのでしょうか。


・志望動機
・自己PR
・どんな教員を目指すのか
・学生時代頑張ったこと
・模擬授業
・模擬児童生徒対応(ロールプレイ)
・集団討論

などですね。これらが大まかに聞かれる質問内容です。
では、これらの質問内容に答えられるように回答を準備しておく必要があります。
そのために大切なことの1つとして自己分析があるのです。

自己分析とは自分とはどんな人間で、どのような性格であるか、長所や短所はどんなところか
ということを分析します。

でも・・「自己分析ってなにやるの?」と思いますよね。自分のことなのに自分が一番わからない。
私も学生の時にそう思っていました。
 
次回、自己分析の方法をお伝えしたいと思います。 

↑このページのトップヘ