華丸先生の連絡帳

学校の先生の生活を豊かに 学校現場をもっと元気に 楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

学校の先生の生活を豊かに
学校現場をもっと元気に
楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ


IMG_0C86587AF07E

これは便利!知りたい情報が全て手に入る方法

パソコン版は左の画像になります。緑で囲んでいるような知りたいと思う文字をクリックすると、全ての情報がサクッと手に入ります。
スマホの方は右の画像です。指で文字を動かして気になる情報「教員採用試験」などを指で押せば一気に情報が手にはいりますよ。

その他、ラインですぐに記事が読める方法、インスタを見ながら教え方を学習する方法は続きをご覧ください。 続きを読む

お誕生日会は楽しいけど、先生「ありがとう」にはならない

 お誕生日会を学活でする学級があります。低学年の子どもの目が輝く瞬間です。
「楽しい」もっと毎月してほしい。
授業はなくなる。遊んで過ごせる。
先生が授業のやりくりをして、準備を指示すればするほど、子どもの不満ともっとお楽しみ会をしてほしいとなります。
これは、子どもにとって、受け身的で楽だからです。
YOU TUBEを見るが如く、自分から動かなくても得られるからです。
他の授業でもそうです。
先生が必死に授業をすればするほど、子ども達は評論家のようになってしまうことがあります。


先生に「ありがとう」、みんな「ありがとう」になるコツ

みんなに感謝ができる子どもにするコツ。
「ちょっと手伝ってくれる人いますか?」「どうすれば、もっと盛り上がるかな」
この言葉に反応する子どもからまずはじめます。
そして、手伝ってくれた子や自分から進んで取り組む子どもに「ありがとう」と伝えます。
先生の言葉に「やってみようかな」と思って手をあげた子どもたち。
そういった子どもたちから、主体的に活動できる環境を作ります。
この環境づくりに大切なことは「・・さんが、手伝ってくれたからこんなに・・・になったよ。ありがとうだね」と学級で紹介していくことです。
こうすることで、主体的に手伝って運営していく自立心が育っていきます。
また、周囲も不満を言わなくなります。
もし、不満を言えば
一生懸命取り組んでいる子どもをdisっていることになるからです。
自分は手伝いもしていないのに、人のことを言い続けると
周りの子どもも「人のことばかり文句いっている」と黙っていられなくなるからです。

感謝の仕方も教える時代

「ありがとう」といいなさい。と押し付けがましい言い回しでは、子どもに感謝の定着は難しいでしょう。
先生が子どもにサービスすることもおやめなさい。
子どもの力があろうとなかろうとほんの少しだけ、背伸びしてできることを主体的に取り組ませる。
頑張っている子どもをしっかりと先生がそっと支える程度で十分です。
先生が感謝を教えるのではなく、子どもに感謝する場面を多く作る。
「このタイミングやこういったことをしてくれたら、ありがとうと言えばいい」
学校で、ここまで教えるのか・・・と思います。
しかし、おしつけられない「感謝」は成長したときに大切な姿勢で重点を置く指導項目だと思います。

池上彰さんは、新聞全紙に目を通すが弱点が露呈

 池上彰さんのニュースは、わかりやすい。全分野となると伝える精度がどうしても荒くなるのだと実感したのが、投資のニュース解説
池上彰さんの弱点は、経験をして語るところまでは至っていないことが増えてきたこと



資産形成経験があれば、投資と投機の違いは絶対に留意点としてあがる

投資信託に混じってFXを紹介したところは、「あっ、池上彰さん」投資経験不足だな。
と思いました。違ったらごめんなさい。
分かりやすい解説や大まかな説明としては素晴らしい。
FXを投資信託と並列であげるのではなく、できれば難易度の高い方法としてFXをあげたほうがよかったと思います。
お金に関することはもう少し丁寧にせめて金融庁の方にインタビューするなどがあるとさらにいい番組になるのだと思います。
私は投資愛があります。愛をもって行動する。そうすると、投資の説明という視点から池上彰さんも100点という完璧ではなく、誠実にできるだけ正確に伝えようとひたむきな一面が垣間見えるようになります。

副業ではなく、資産形成としてのつみたてNISAという切り口を強めるるとさらに多くの人に役立つ番組になると思います。経験のない人達をひな壇にあげるのではなく、素人でも取り組んでいる人をもっと入れておくと生の声になるのに・・・。もったいない。
時間をかけずに副業ではない投資信託。それがつみたてNISA。

私のつみたてNISAにかけている時間

私の場合は、積み立て設定をしているだけですから手間も何もありません。
最初のアセットアロケーションを組み立てる段階では、複数考え適時自分にあった投資スタイルになったという結果です。
自分にあった投資スタイルは、投資をし続けながら自分の気持ちに寄り添うことに他ならないのです。早期退職FIREを目指すのか、老後の生活補填につかうのか。さまざまでしょう。自分のライフスタイルが確立していけば、自ずと決まるのがつみたてNISAの運用です。

私の思う、つみたてNISAの運用

つみたてNISAもドルコスト平均法による積み立てを前提としている設計です。つみたてNISAで一括投資する人なんてジェイルブレイク(脱獄)みたいなもので上級者が過去の成績をもとに効率を追求してみただけです。

何にどのぐらい投資しているか把握しよう

ポートフォリオの把握は第一。
銘柄の選択がそれほど重要ではないと「敗者のゲーム」では言及しています。
他書では、銘柄の選定もある程度大切としています。
ただ、アセットアロケーションの重要性は投資運用側の著書は誰しもわかっています。
個人投資家は、高配当を買えば大儲け。米国株を買えば大儲け。の本を書きます。
これだけと思わないことです。
私の場合は3割まではサテライト運用として、高配当などを買います。これも、移動平均線などの指標が下回ったときです。それほど時間はかかりません。決してメインの投資にはなりえません。
よく分散された銘柄をドルコスト平均法で買う。
つみたてNISA選定商品から選ぶ。
少し豊かな生活を目指すならそれでいいはずです。
まずは、自分が欲しいものを手に入れる、節約、貯蓄、あまれば投資です。

ブラック待遇の行く末

厳しい環境に晒され続けた教育現場の行く末は、不眠、精神疾患、自律神経の不調となりがちである。
環境改善に務めなかった管理職や教育委員会の問題。
一番不幸は、悩みを抱えながら教育指導に専念できない先生・管理職と関わる子どもたち

これは想像通りの帰結です
臨床心理士でベテラン教員である私が見通す妙案
教員、教育委員会、子どもの三方良しとなる方法でしょう。
それは、教員も教育委員会も長く悩まず次にすすめる方法です。

教員間の自治体間移動の活発化

自治体同士で教員の希望が双方あるときなど条件が合えば、他自治体に移動ができる教員交換の仕組みをご存知ですか?
退職金の情報などが引き継げる方法です。
私は、全国の自治体に教員仲間がポツポツといますから自治体ごとの待遇の違いを理解しています。
教育委員長の方針によっては、教員を立ててくれる自治体もあります。
そして、教員がその地域の教育方針に合う・合わないもあろうかと思います。
職場ごとの雰囲気による課題はあっても、転勤で解決することもあります。
教員の移動の流動化が進めば、自分のライフスタイルとして1年毎に動きたい教員や転勤年まで異動しない教員など自由度が増します。
待遇改善がすすまない自治体からは、教員がどんどん流出しよりよい教員を獲得しようとする市場競争が起きることでしょう。

教育委員会も管理・指導が楽です

 業務が待遇改善や指導改善に務めることに集中できます。意にそぐわない教員が自ら去ってもらえるほうが、教育委員会の意図にそぐうように指導をするよりも望ましい。待遇改善された自治体であればおのずから倍率があがり優秀な教員が増えることでしょう。管理職や個人を指導しても説得の失敗は、おおいなる不信感につながります。
教育委員会が意図する指導が100%叶う自信がないのであれば、他地域にうつってもらえるように流動化をすすめたほうが関係もなくなり、指導の必要がありません。

教育委員会・管理職を信頼して教育活動をする教員が増えた方が、子どもにとって幸せです

ブラック待遇・ブラック労働と騒ぎ立てて現場改善を訴えて活動すると何が起きるか。

子どもに関わりのないところで、大きく教員、教育委員会のリソースが消費される。

最悪だと思うのは、訴訟をして得られる金銭や処分。これが一体教える子どもたちに何の利益があるのでしょうか。弁護士を立てる資金も税金、そんなことをしている暇や資金があるのであれば、子どもたちに少しでもメリットのある活動にリソースを使うべきです。

せっかく、制度として残っている教員の自治体間移動です。
新たに制度設計をしなくてもこの仕組みを、拡充すれば市場原理によって待遇が変わっていく。
今こそ
教員、教育委員会、子どもの三方良しとなるように教員の流動化をすすめる好機です。

コア資産は黙々と積立投資で手間いらず

 2020年はコロナの影響もあり波乱の投資状況でした。そのような中、私のコア資産投資は堅調そのものでした。コア資産は投下資産の7−8割を目安におこなっています。
投資ってうまくいくと嬉しいものです。
そんな私のコア資産投資は以下の記事のとおり


 
リバランスの手間を減らしたり、債券部分と金の割合は少し変えてみたり割合に幅をもたせたところ、より自分の投資に納得感が感じられる投資となりました。
1億以上など総資産が大きくなれば、調整が難しくなるでしょうがその頃には悟りの境地になり、いじらなくなることでしょう。

ブログの記事を書くために投資信託や投資信託分析の記事で客寄せをしなくていいのが、公務員投資家のいいところ。今年も堅調に利益を積み上げています。
楽しい!嬉しい!幸せ!です。
興味のある方、一緒にがんばりましょー
来年の投資方針も決めていこうと思います。

リバランスした資産クラスとリバランス時期は

株式資産が増えすぎました。そこで割合が下がったのが以下の資産クラス
債券と金、国内リート、先進国リートでした。
債券は価格変動が小さいので一括投資。金は変動が大きいのですが一括投資。
価格変動が大きな国内リートと先進国リートについて
国内リートは2月12日に追加投資します。
先進国リートは、毎日の積立投資に追加して投資します。
本当は全て一括でと思うのですが、このりバランス方法が今年の自分には合っています。
ツインコア資産となっていまして、もうひとつのコア資産はそのまま放置。こちらも楽です。
このぐらいですと忙しい教員も年末や夏休みに一度リバランスするだけでいけますね。

サテライト資産は一部売却

nasdaq100とS&P500を2−3割運用予定でした。また、小さく国内ETFや個別株をつまむ程度。
100円単位のものも多いので時間ももったいなさも意味もないのですが、それがいい。
株価を眺める必要もないし、応援したい会社、興味のある会社、SDGs推進の会社に投資
これは非効率な面もありますが楽しい。
売却の練習もしておきたいので、10%以上の益がでたものは少し売りました。


↑このページのトップヘ