小学校教員、臨床心理士の華丸先生連絡帳

学校の先生の生活を豊かに 学校現場をもっと元気に 楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

学校の先生の生活を豊かに
学校現場をもっと元気に
楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

ベンジャミン・フランクリンはこんな人

ベンジャミン・フランクリン(英語: Benjamin Franklin, グレゴリオ暦1706年1月17日<ユリウス暦1705年1月6日>[1] - 1790年4月17日)は、アメリカ合衆国の政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者。
 
アメリカでは有名人ですね。私たち理科の人間は、雷の命がけ研究で有名な気象学者のイメージです。
政治家としても有名。フランスでもよくあるこの科学者であり政治学者でもあるパターン。
いくつも偉業を成し遂げた彼にあやかりたいもの。
特に13の徳目が有名です。「
毎週1週間1つの徳目をあげて守るようにします。これを13週間を数セット続ける。このことで、習慣になる。 と考えて実行したようです。
しかし、実際のプロセスと頻度はこうなったようです。
プロセス
1.1週間1つの13週間のコースを何回か続けてチャレンジする。
2.1年に1度取り組むだけでいいような習慣になる
3.そのあとは、数年に1度取り組めばいい
という気づきにつながったようです。
そこで プロセス1、徳目1の「節制」に挑戦しようと思います。

節制

飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。

自分に当てはめるアレンジすると以下が私の目標となります。
私の目標
□食事記録を取るか、間食を減らし食べすぎていないか確認。
□運動を意識する。

唱えたいベンジャミン・フランクリンの名言
これは、デール・カーネギーも似た言葉で唱えていました。

困難を予期するな。
決して起こらないかも知れぬことに心を悩ますな。
常に心に太陽を持て。 


トラブルや最悪の事態の想定は、私は「ちょっと横に置いといて」と言える。
私は、「ま、こんなトコやな」と言って、達観して切り替え、受け流すことができる
私は、起きるか起きないか分からないことに心を悩ませないために、「今夜は早く寝よう」といい明日の朝日を浴びて考えられる。
私は、心に太陽を持っているといつも唱え、丹田を意識し腹に力を入れて挨拶から始めることができる。

アファメーションにしてみました。否定語も入りますが思考が反芻した時の切り替え言葉を加えてコーピングできるように取り組みます。

最初に言う言葉は
「ちょっと横に置いておいて」
「ま、そんなトコやな」
「今夜は早く寝よう」
「私は、心に太陽がある人間だから、太陽を意識して腹に力を入れて腹から声を出す」
トラブルや最悪の事態の想定は、私は「ちょっと横に置いといて」と言える。
私は、「ま、こんなトコやな」と言って、達観して切り替え、受け流すことができる
私は、起きるか起きないか分からないことに心を悩ませないために、「今夜は早く寝よう」といい明日の朝日を浴びて考えられる。
私は、心に太陽を持っているといつも唱え、丹田を意識し腹に力を入れて挨拶から始めることができる。
 
と続けてみようと思います。
最初の会話文は、あとの地の文の暗喩(・・・と言えるは最初に言葉として発していて実行されている。その事実を脳で無意識で認識してから、状況と対処行動の言葉にすることにより、事実と錯覚させ、事実に変えていく)

我ながら面白い考えが出てきました。
まずは1日目朝、昼、夜のうち1回は唱えてみようと思います。
 私の目標と共に。
□食事記録を取るか、間食を減らし食べすぎていないか確認。
□運動を意識する。

私のよい気持ちの切り替えのスタートになるでしょう。 

地域や保護者の願いの吸い上げは、ベテラン教員ならでは

 管理職の先生の奮闘を見ながら、いつも思うのは地域の代表者の意見が主ではあるけどサイレントマジョリティーの存在は意識しているのかな?という点です。
学校に気になる点があっても、大人の対応として言わないこと
そこに気が付けるかが大切な気がします。

若い先生が文句を言うのも「なるほどね」、ベテランが言うのも「なるほどね」

 若い先生が何かを言っても「なるほどね」と思うしベテランの苦情も「なるほどね」
ただ違うのは、ベテランの先生はもう少し大人になって欲しいものですね。
いちいち管理職に報告したり、騒いだり意地悪せずに
優しく諭す
これができない。
子どもにも優しく諭すこと多分できてこなかったんだろうね
と思う。
そう思われないためにも、もう少し寛容であればいいと思いますね。






 

私の積立投資が順調になった理由とメリット、デメリット、ノイズ

 投資をしていると、外部のノイズによって心が乱されます。
私の投資方針が保たれるように、まずは思いついたことを書くことにしました。

積み立て投資が順調な理由は、言い訳を封じ込めたから

ポートフォリオを決めて放置できる心理状態に持ち込むことが大切
言い訳効果(正当化)
せっかく、時間をかけて決めたアセットアロケーションを変更したくない。
これだけでは弱かった。
もう触るのが面倒なぐらい決めて、言い訳の逃げ道を減らしたことが功を奏しています。


gpif風基本PF
正直、面倒です。全世界とリートで70±15%の幅(景気動向で変えてもいいし、リバランスのタイミングとしてもいい、リバランスは1年に1回はする)
金と債券は30%±7(15?)でいいやという雑な感じ。

さらにコア資産2で逃げ道を作る



コア資産の維持が難しい場合に備えて逃げ道を作っています。
コア資産1は複雑になり、いつかリバランスの時には大金が必要になり手が打てなくなる可能性があります。売却リバランスで税金コストを払うのもできるだけ避けたいものです。
コア資産1はNISAや積立NISAで世界株(NISAの時は、いろいろ。積立NISAの時は基本世界株、ボラリティの大きい投資信託)を全て突っ込んでいます。
ここは、早くて5年遅くて20年後に取り崩す予定です。

つまり、すごく雑に、株式の割合さえ一定を保てばいいと思っています。

総投資額を計算してもまだ起きる。ポートフォリオ変えたい病気の克服

実は、何度もポートフォリオを変えたいと思う時があります。

自分の退職までの総投資額を決めています。
そこから投資金額と割合を決めています。
コア資産2つのポートフォリオを70%は投資。
この縛りを守ればサテライトの30%で好きにできます。

またポートフォリオの資産クラスが多く、手間なのでリバランスすらする気が起きません。
長期休暇の時に考えよう。これでいいと思っています。

快適な投資は投資信託の運用

 私にとって投資信託は仕事に支障をきたさないので最高です。
その理由を投資信託での例をあげます。

・・ショックで暴落したで動じる意味がない

 例えば、慌てて売却しようとしても、売買が成立するのが2日から3日後、営業日によればもっと後になります。朝にびっくりして売却しようとしても、数日後です。相場は回復しているかもしれないし、さらに落ちているかもしれません。
どちらにせよ、
職場で気にしても何も手立てはできない=職務に専念できます

私は、個別株にはあまり近寄りません。
ただ、楽しみとして100円で個別株は買います。
この程度では、資産に大きな影響がないのでどうでもいいことです。

これらの工夫により私の心境に以下の変化がおとずれました。
投資成績をあまり気にしなくなったという記事は以下。長期投資には最高の環境ができました。

ポートフォリオはいじらない

 明らかに、2020年10月現在世界的に債券金利が低下しています。この状況で債券を買う意味はない。ヘッジ付きの外国債を買うべきとする意見もあります。また金のヘッジをひどいときには50%ほど加えれば良いと解説するものもあります。
うーん、私には関係ありません。
これは金村さんとの投資の方針に共感しています。
金村さんの考えや行動は、私とは違います。金村さんについては、私は1つのことを維持していく姿勢に尊敬を覚えています。

最初に始めた頃はより分散を意識して、新興国債券とコモディティを入れていました。
しかし勉強する中で、この2つは外すことにしました。
新興国債券は為替変動が激しすぎる、コモディティはそれ自体が何か生み出すものではないという理論に納得したからです。以後は目標ポートフォリオは、全く変わらずに今に至ります。今のポートフォリオにしてから最初は少し悩みましたが、1年ぐらいすると特に考えることもなくなりました。

キムさんの素直さが心を打ちます。
・新興国債券は確かに、為替変動で帳消しになる。
私の新興国債券の考え
→外貨預金で新興国通貨の利回りが妙に高い割に、結局損をすることが多いと思う。
メインとなるコア資産1には入れない。
コア資産2に含む言い訳(8資産80%プラス金ヘッジあり20%のシンプル)
新興国債券を加えるとするならその理由
米国建(通貨を米国建)ヘッジありにして資産分散を計算するとリスクをある程度下げている→だから加えておく。
・コモディティはそれ自体が何かを生み出すものではない
私の考え
→2020年10月の時点で、債券もゼロ金利(マイナス金利)突入により、債券も同様に金利を生み出しにくくなった。だから、債券も金(ヘッジあり)も2020年10月の時点では、あまり変わらない役割かも。
ボラリティの大きさで見ると株と金ヘッジありを混ぜるのは分散効果がある。
どちらにせよ、長期運用では債券も金ヘッジありも組み込むほうがリスクを大きく下げリターンは少し下がる程度という運用効果を得られるかもしれない。(過去の成績においては当てはまることが多い)
実際にしていること
金ヘッジありを組み込むことで資産全体のリスクを下げている(多少リターンが下がってもリスクは下げている)。
ただし、全世界債券?の金利が5%前後で金ヘッジありが下落していくという話があるので、金利が上昇すれば、日本国債などに変える。
債券の長期投資や金で利益をあげようと思っていない。
資産形成のエンジンは株とリート(ときに金ヘッジあり)
債券はリスク低減で長期運用の意味はあまりないと考える。
金利が上がるとヘッジのコストがかかることも考える。
  

いずれにせよ
日々の相場の変動を見ても対応のしようがないので最高です!

相場タイミングは読めないから積立。私の投資タイミング挑戦と指標

投資タイミングは図ることができないので、積立投資をしています。
あわよくば、貯金の一部を下落時に投資したいと思っています。
例えば、以下のように投資時計を作ったこともあります。
再現性の低さで話題ですが、使えるようにしたい。

https://are.gger.jp/archives/34648742.html

私の参考指標を新たに追加 

私にとって楽な方法を考えます。あくまで私の投資方針です。いかなる宣伝目的も持ちません。
私が大きな金額をノリで投資することを防ぐためです。ノリで投資するのは、100円個別株やetf といった少額投資。
コア資産とサテライト資産においては、異なります。
雑にいきます。

コア資産の金と債券比率を変えるか。の判断

金利が5%前後まで上がったとき
現在は、ゼロ金利近辺
変更しません。


私のサテライト運用(コア資産積立増額にも活用)

私の日本株(高配当ETF)の投資参考



竹中正治さんの考えです。
あくまで自己責任でと断っています。
私は記事の中で以下を参考にします(引用はじめ)

私の場合もこれを参考に、総投資額の3−4割が投資されている状態になるまでは積立。
あとは現金などでVI33以上になれば、ためらわずにナンピン
16.5以下になれば分割して売る。
目的は、長期のリターン向上。

中長期で見たときに、平均値で安く買い、高くうる手法(引用終わり)という竹中氏の意見を頭に入れる。
(一時的にVIが上がり続け損をした気持ちにならないこと)と書いています。
私の場合は、サテライト運用や思い切って投資をするときに参考にしようと思います。



私の米国株の投資参考

何人かのブロガー様の考えを参考にしようと思います。


三菱サラリーマン様は、2つ提案されています。
1点目
VTIを指標として配当利回り平均が1.81%であることを参考に2%を越えれば買うのはどうかという提案です。
2点目
VIXが20を超えたとき
30を超えると良い買い場であったとしています。
さらに、Fear and Greed indexを用いて提案されています。

活用法の一例として、年に数回は、Fear & Greedが30を割る局面が見られる年もありますから、その際に現金余力を残しておくというのも一手ですね。

購入タイミングに裁量性を持たせたい場合には、有用な指標になり得ると思います。

分かりやすい判断指標ですね。正しいかどうかは誰もわかりません。
VTIはこちら

特定の方に偏るのは良くないので、他のブロガー様も見てみます。

積み立てを停止しない!という前提で次の提案です。

引用しますと、
特にSPXL(S&P500の1日変動3倍ETF)等はなるべく安く買いたいですよね。ただでさえ良く動きますので。

そのタイミングは、
Fear & Greed Index」が25以下の時です。Extreme Fearで真っ赤になります(笑)
(引用終わり) 

Fear & Greed Index」が25以下の時です。Extreme Fearで真っ赤に
これもわかりやすいですね。

もうおひとかた

引用しますと
Fear & Greed Indexが80以上で売りを考え、20以下で買う

これも考えやすいですね。サテライトのように短期・長期など好きに売買したいときは売るタイミングの参考が示されています。
Fear and Greed indexはこのサイトでわかるようですね。


同じように投資教育を考えておられるブロガー様
 
上のブログ記事を引用します。
(引用はじめ)
Fear & Greed Indexを用いたレバレッジ型ETF・投資信託での投資方針
例えばレバレッジ型ブルETFや投資信託を買う場合、
10程度まで下がったら → 買い
10から増加したとき → 買わない
20から10に減少したとき → 買い
というような使い方で、機械的に安値で買えます。
0~20うろうろしている間は毎日少額を買い続ける
ような使い方も良いかと思います。買い足し続ける資金は、完全な余裕資金であるだけでなく、全体のポートフォリオの内の5~10%位 (引用ここまで)
わかりやすい判断基準です。
レバレッジなど慎重な商品を例に上げています。
細かく書いていただいているのは、変動が大きい商品だからでしょう。

それぞれの方の考えを幅広く紹介してみました。
ブロガー様のサイトを覗いて考えてみるのも一つでしょう。

面倒ですが、全てに「私の」と書いている通り、私の投資の参考です。
あくまで投資は、自己責任でお願いします。

大きな賞につながった林真理子さんの踏ん張り

 林真理子さんは、今時の人にはあまり受けない人かもしれません。
しかし、頑張る大切さや勢い、根性といった一踏ん張りの参考になります。

自費で山上ホテルで缶詰で文章を書く

 編集者が予約してくれたホテル。しかし、自費だったようです。
私は、この考え方がとっても好きです。
私もかって、仕事が詰まってきたときは、近場のホテルにとまり仕事の時間を捻出しました。
しかし、そんないいホテルではなかった。

林真理子さんは素敵だ。だから真似をする

 私も、ホテルに泊まって原稿を仕上げてみたい
林真理子さんのように。

何か自分を変えたいときには、踏ん張りも大切
林真理子さんに刺激を受けて頑張ろう。と思う。

林真理子さんの著書に思う私たちが気づいた方がいいこと

 林真理子さんのエッセイは、好きでたまに週刊誌を読むときには必読しています。
言い回しが、今の時代には酷く聞こえるためツイッターをされる多くの人や現代の人には向いていないかもしれません。
 野心のない人はダメだ!ファーストフードで満足してファストファッションで満足するなんて!
というバブルの匂いを感じます。そういったところで拒否反応を起こすのはもったいない。
「あぁ、厳しいことを言うなぁ。」
しかし、上に上がりたい(何が上かはわからない時代ですが)、頑張りたい(これも、人それぞれ異なるようになりました)人にはなるほど!と感じる部分は多いのだと思います。

パーソナリティは母(父)子関係や関わりの強い人の影響を受ける

 林真理子さんのお母さんは優秀な人だったそうです。
自分も作家になりたかった。チャンスはいくらでもあったのに、努力しない自分がいけなかったと97歳にして本気で悔しがっていた。
 この一文を見たときに、安易に生きる自分の生き方にハッとさせられました。
97歳の母親は、クロスワードなどを上手にこなすそうです。私も、行きつけの喫茶店でクロスワードやパズルに熱中する年配の方を見て微笑ましく思っていたのです。
しかし、表現の方法をうまく磨く機会に恵まれず、後悔の悶々としていたとするなら・・・。これは、考えなくてはいけません。

少し無理をして超えていく

気がついたその時から自分の生活を変えていくこと。
流石に97歳から頑張るよりも、効果がありそうです。
先輩の先生方を見ていても、そういった日々の視点や生活を幅広く持ち行動できるようになった人の方が生き生きされています。
反面、仕事一筋や何もかも中途半端と感じながら仕事を終えられた人。
何となく職人のように生きた人は、退職後は苦労されているようです。
一般化はできませんが、
先生方の退職後に亡くなる早さや認知症にかかる方の多さに驚かされます。
そして、施設に入所され嫌われる先生方も・・・
私は、ニコニコ過ごす練習を始めることにしました。
 ニコニコ練習で日々うまく平和に過ごせるようになりますように。

自分がもしも「高齢で若い時にこうしておけば」という悩みがわいた時には、自分の今まで積み上げたことを振り返りながら、・・・はできなかったけど、その時間で・・・ができた!すべてを手に入れるのは難しいけど、大学院にも行ったし、友人にも恵まれたし!
まぁ、そんなところ
と切り替えたいものです。
 

↑このページのトップヘ