小学校教員、臨床心理士の華丸先生連絡帳

学校の先生の生活を豊かに 学校現場をもっと元気に 楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

学校の先生の生活を豊かに
学校現場をもっと元気に
楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

ギザギザ相場には,積み立て投資が効く

1−2%近く上昇が続いたと思えば,下落に転じる。9月から10月の相場はわかりにくいです。
とくに9月の相場下落は,割とよく見られます。
そのようなときに投資をためらうことがあるかもしれません。
しかし,ギザギザした相場こそ積み立て投資の価値が出てきます。
価格がならされていきます。
レンジ相場にレバレッジは危険です。
いつも通りの落ち着いた積み立て投資を続けていきましょう。
レバレッジは,サテライト投資の範囲で。

株価が上昇傾向にあると購入のタイミングに悩むと聞きます。

最近,アップル社の株式総額が日本のGDPの4割に迫っているという話をききました。
こうして毎日あがっていく米国株式市場を見ていると買い付けのタイミングに悩む気持ちも分かります。
これって,子どもの大縄とびに似ているなって思います。
大縄とびは「今(跳ぶ)」,「今(跳ぶよ)」とリズミカルに跳ぶタイミングがやってきます。
声をかけられてもなかなか入り込むタイミングはつかめません。

どうすれば,大縄とびはとべるのか?投資信託買い付けをスタートするヒント

子ども達が大縄とびを跳べるようになるには,跳ぶタイミングは定期的に訪れます。
力まずに,さっと大縄の中に入り込めば,跳べるようになります。
つまり,まずは「やってみること」
そして,リズミカルに跳ぶ=定期的に買い付けていく
このことが迫り来る大縄のとぶタイミングに恐れずに跳べるようになるコツであると同時に投資のタイミングを考えずに積み立てるコツになるのではないでしょうか。

子ども達の中には「回すのが早いから」「・・・が」と理由付けをする人がいます。
インデックスファンドの投資信託で,分散の効いたものをコツコツと無理なく続けることが投資信託のコツでしょう。アップルの株価はオランダのチューリップのように見えます。
しかし,世界を激変させたスマートフォンを開発した会社であることは事実。
それなりの価値はあると思います。
それと同時に個別株は栄枯が激しい性質があり,個別株の投資には注意が必要と思います。

力まず,少しずつ,実際に体験してみることが大切ですね。

#金融教育
#資産運用 #積み立てNISA #金融庁 #投資教育 #NISA 
 #小学生 #小学校の先生 

レバレッジはレンジ相場には向かない

レバレッジ投資をして,数百万円溶かしたというブログをよく目にします。
早く一定の資産に到達させたいという気持ちなのでしょう。
私も4倍弱のレバレッジでベア型に投資をしてみました。
なんと80%のマイナスです。
 hazukasi
100円投資だったので,損失は81円。
この程度でした。
1000万円なら810万円なくなり手元に1000万円が190万円という形ですね。
おそろしい。
レバレッジ投資は,そのほかにもしていますが,値動きが激しく芳しくありません。
レバレッジは100単位で怖さを体験するために継続予定です。
 
値動きが激しい投資商品には,積み立てが向きますから,これも少しずつ試してみようと思います。

この投資で何をしたいのか。よるな危険な投資を再確認

レバレッジ投資をする危険性について自分で危機意識をもつこと
レバレッジの使い方を少しずつマスターし,あくまでサテライト投資として試すこと

アセットアロケーションを決めてひたすら定期的に投資を続けている本ブログは,あまり世間の注目を集めません。
しかし,最も効果を示すのがこの地味な投資

地味な投資押しで本ブログは今日も平和に続きます。

#金融教育
#資産運用 #積み立てNISA #金融庁 #投資教育 #NISA 
 #小学生 #小学校の先生 


1.[2020年教師の夏の計画]

 

2020年も夏休みに計画を立てていました。
結果は,2018,2019年と全く違う結果になりました。

2018年は家庭のことに成果が見られました。


2019年は,投資関係の学びが一定の水準に達したことで終わりました。
莫大な時間を費やしましたが,お金のことをしっかり考えることができました。



2020年は計画通りにはびっくりするほどうまくいかない。でも幸せ

2020年度は,体重の問題も解決できず。本当は1番に解決したかったのです。
しかし,将来に関係しそうな学びを優先した結果,自分の夏休みの満足度は飛躍的に高まりました。
それは,教育学について新たにまとめること。8月から毎日朝6時から長々と続けてきました。
つらすぎて,寝るだけが楽しみなときもありました。
しかし,一定の形になってくると「これ2学期の指導に使える!」と
私は,先人達がまとめた本や知恵を拝借しながら,子どもに合った指導をしようと思います。

2.無駄なプライドを捨てる

 これは順調です。分からないことは,時間をかけて本を読み,専門家とアポをとり活動しました。
目一杯生きているって感じ。

3.自分のため、人のため、社会のためが重なる活動を行う

こちらもバッチリです。意識していけば,自分のため,人のため,社会のためが重なる活動ができています。
よく,投資でお金ができたら,人のため,社会のために何かしたいっていう人がいます。
・・・できたらという条件をつけている時点で,うまくいかない確率があがりそうです。
本当に,そう思うのであれば,少額で無理のない範囲で人のため,社会のため寄付する。
短い時間であっても,ボランティアでも人のためになることでもすればいい。
言うは易く行うは難しと思いがちですが,小さな一歩からはじめればいいのです。
自分は,この小さな一歩ができるようになってきた。そう思います。

4.投資関係はそろそろおしまい

高校生投資家さんとの交流で良質な情報源や保護者の監督下で行動する指針を示すことができました。
この夏の投資でいえば,ゴールドが高騰したこともあり大変うまくいっています。
サテライトのNASDAQの投資もS&Pの投資も。コアの2つの投資でさえも利益を生み出しています。
これから債券を持つ意義は薄れるといわれています。それを見越しての債券の割合を決めていましたので,これも気にならない。どうしても,債券比率を高めたければ,一時的にサテライトを上限である20%まで引き上げる。これで終了です。
現在は,FRBの政策の影響で米国株はバブルです。
どうせいつかは下落します。
それすらも,投資割合と投下金額を決めていますから関係ありません。
売却もまだまだ先
全体の投資回数と投資金額を考えれば24回(2年分)ぐらい上昇しようと暴落しようと投資総額に与える影響は軽微なものです。
せいぜい来年のNISAの証券会社を変更する程度です。
クルクル投資のことをしている人。時間もったいないですよ。

2020年の投資のまとめ 

 体重関係以外は,いい流れができています。計画以外の人との出会いや学習してきたことも2学期の学習指導につながりそうで幸せです

いつもと違う夏なのだから出勤しない作戦

 コロナ禍が日常の中に定着してきました。もしも,これほど短い夏休みに研修が入っていたら
「休む」

学校の研修に頼らなければいけないほど学びが滞っているわけではありません。
子どもには,自分で課題を見つけ自主的に学ぶことを求めているわけで教員である自分はさらに自主的に学びを進める。リモートワークが推進されたことで,このようなコロナ禍で狭い空間から距離をとることに対して寛容になってきました。

教師だってうまくいかなくていいじゃない計画を立てることも大切

夏休みに計画を立てていましたので,そちらを優先しながら過ごしていました。

運命的な出会いは計画を変える

敢えて研修に出ないことで得られた幸せ。
それは,気脈が通じる人と時間を割いて話をすること。
今回は,科学者と長時間話し込みました。
科学政策の失政であったり,今後の大学生がたどるであろう運命だったり。
気がつくと数時間。
最近,大学の先生と話をしていると,
コロナ禍で意外と大学の先生は時間がある雰囲気です。
このような大変な時期だからこそ腰を落ち着けて,自分にとって大事な人たちと時間を過ごすこと。
おすすめです。

↑このページのトップヘ