華丸先生の連絡帳

学校の先生の生活を豊かに 学校現場をもっと元気に 楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

学校の先生の生活を豊かに
学校現場をもっと元気に
楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

2017年05月

IMG_6451

5年理科 顕微鏡の使い方

教科書通り教えるなら、検索でたくさんみつかります(例えばこちら)。でも、顕微鏡を使って何を観ると子ども達は喜ぶのでしょう?
クンショウモ?
ミカヅキモ?
いいえ
ミジンコやゾウリムシです!
動く生き物って子ども達には魅力的なようです。



ミジンコはタイムカプセルをもっている

乾燥にも凍結にも耐えることができるいわばタイムカプセルといえる耐久卵なのです。。
ミジンコの耐久卵は、母親の脱皮時に産み落とされて湖底に沈みます。
ゾウミジンコの耐久卵が35年間たってから孵化した事例もあります。
ミジンコの耐久卵はタイムカプセルといえます。
環境の悪化などで、両生生殖が必要になる場面もあります。
ミジンコは単為生殖で増える場合もあり、受精を必要としません。
20度の培養したで1匹をビーカーで飼育すると4日後に約20頭の子どもをうむといわれています。

水温とミジンコの大きさの意外な関係


水温が高くなるとミジンコが小さくなるそうです。
カブトミジンコを15度で飼育すると1.51mm25度では、11.12mm
と水温の上昇で26%小さくなる。30度以上では飼育ができない。

好き嫌いは分かれますが、この後飼育するメダカのえさとしてミジンコは育てることができます。少し残酷ですが、メダカにとってはいわば活け造りか生で踊り食いという嬉しいえさになるはずです。生命の大切さは十分に指導した上で、食物連鎖の前ふりとして説明してえさとして育てる方法もあります。

ミジンコ入りの土がインターネットで販売されていますので、今から孵化させてみると顕微鏡でとっておきの観察ができると思います。

 

いきなりですが、まとめます。
税金は、個人の所得にかかる所得税と地方公共団体に支払う住民税がある。住民税は、前年度の所得に対してかかる。(家庭科教科書などの記載)

実際は、私はこう理解しています。
私たちの身の回りのためにおさめるお金。
医療・道路・図書館・教育・国防など個人では雇えない・高額でできないけどみんな必要なことを代行してもらうためのお金。

差し引かれる金額は、わからず取られていると考えるよりも自分のためにどう使われるか考えると気持ちが楽になります。




税金は所得税と住民税が差し引かれている

教師の給与(表)の見方 収入(もらえるお金)編では、働いて支給されるはずのお金について書きました。(こちら
では、どうして実際にもらえる金額は少なくなるのでしょう。
引かれているお金には2種類あるようです。(金額は遠からず近からずのフェイクです)
税金


所得税・・・国への納税

月の給与から年収を予測して差し引かれている。年末に年収が確定します。徴収が多過ぎればかえってきます。少なければさらに差し引かれます。


住民税・・・前年の所得に対してかかります。働き始めはかからず、辞めた後の1年にも払う?ということかな。

正しく税金について知りたい場合は。国税庁のサイト 身近な税金の使われ方(こちら)が参考になります。あるいは事務の方に聞いてみましょう。
例えば、国民医療費・年金・公共事業・教育などのもとになるお金として差し引かれています。

家庭科の教科書の記載を中心にまとめてみました。正しい情報は国税庁などのサイトをご覧になってください。
本ブログは私の見解を好きに書いたものであり、正しさを保証していません。物事をどう捉えていけばいいかには役立つと思います。



いきなりですが、まとめます。
社会保険料は、私たちの身の回りの人を助けるためにおさめるお金。
いざというときの国へおさめている保険
半額は会社(地方自治体かな?)がもってくれているので、働くとお得。

差し引かれる金額は、わからず取られていると考えるよりも自分のためにどう使われるか考えると気持ちが楽になります。




税金だけが差し引かれている?

教師の給与(表)の見方 収入(もらえるお金)編では、働いて支給されるはずのお金について書きました。(こちら
では、どうして実際にもらえる金額は少なくなるのでしょう。
引かれているお金には2種類あるようです。(金額は遠からず近からずのフェイクです)
社会保険料

社会保険料

共済短期掛金(民間ですと健康保険などが近い)・・・病気・冠婚葬祭のときに給付金のもとにするために引かれるお金

例えば、入院付加金・結婚手当金・出産費・育児休業手当金・介護休業手当金・埋葬料・傷病手当金などなどのもとになるお金として差し引かれます。

共済介護掛金(介護保険が近い)・・・40歳以上になると差し引かれます。介護が必要になったときに介護サービスが受けられるようにするために引かれるお金

共済長期掛金(厚生年金が近い)・・・年金や障害の状態になったときなど
給料およびボーナスの支給額に応じて徴収・育児休業中は免除されることも

正しく共済年金について知りたい場合は、公立学校共済組合のサイトが参考になります。(こちら
雇用保険はない??という感じですね。

上記は、社会保険料として自分や家族などに万一のときのために払う保険料なのですね。
その他にも、一時負担金払戻金なる自己負担額が、 自己負担限度額を超えた場合に、その超えた額が後日、共済組合から払い戻される仕組みがあります。
一定金額を超えた場合、支払った3割の保険料のうちいくらかが返ってくるようです。
民間保険の加入前に既に国の保険に入っていると考えておくと安心ですね。

社会保険料は企業と折半して払います。ですから、実は半額は会社が負担(地方自治体も同じかな)しています。


次回の記事は、差し引かれるお金 税金編です。




真似をするとよくなること


子どもたちがごちゃごちゃしなくなります。
掃除のときの机が軽くなります。
帰りの会にランドセルを取りに行くときのぶつかったなどのトラブルが減ります。


騒がしくなるにはわけがある


   静かに待つなどの秩序が保てていない学級では、うまく学級がまわらなくなってきます。

朝の挨拶・手を挙げて発言する。そういった基本ができる状態(応諾性がある。)になることが大切です。
帰る前のランドセルの用意でトラブルが起きたりしませんか?防ぐ方法を考えましょう。



給食の前に、終わった学習は片付けさせよう。 

子どもが困らない環境を教師が作りましょう

静かに待つなどの秩序が保てていない学級では、うまく学級がまわらなくなってきます。
帰る前のランドセルの用意でトラブルが起きたりしませんか?防ぐ方法を考えましょう。

給食の前に、終わった学習の用具は片付けさせよう

いつするのか
1学期の間は、4時間目のおわり10分前から
させること
漢字ドリルなど作業系の取り組みを入れておくといいです。
どんな指示をすればいいか
終わる10分前から、数分刻みに、
「先生に見てもらった第●弾の子どもは、午後の用意を残してランドセルになおします。片付けをしましょう。給食の用意も終われば、(給食着に着替えて)静かに本を読んで待っておきましょう。」と声をかけます。
視覚支援も行います。掲示物はこちら(word pdf
 
本は手提げぶくろを机の横にかけさせて、いつもいれさせておきます。することがないときはいつでも、本を読むように指導をしておくといいでしょう。 
カレンダーに追加しておくと便利です。(追加の方法はこちらをお読みください。この記事


 

図工展・作品展はよく2学期に行われます。
だから、2学期から取り組む人も多いでしょう。
 
しかし、何が起こるかわかりません。2学期に運動会があるところも多いでしょう。
そこで、作品展は先ですが、この1学期から取り組むと余裕が生まれます。


少し、作品例を紹介します

 ふうせんクジラを題材に考えてみましょう

風船をたくさん食べたクジラが町の空などを飛んでいくお話です。
これを「物語の絵」として取り組むと面白いです。(低・中学年)

方法
①ふうせんクジラの読み聞かせをする。
②八つ切りの画用紙にクジラだけを大きく鉛筆書きする。
③クジラをクレヨンで色塗りする。(クジラは完成したら置いておきます)
④別の四つ切り画用紙に風景のみを描く。(鉛筆書き→ネームペン→絵の具で色塗り)
 ふうせんクジラの絵本にある風景を参考にすればいいと思います。
 (港・町中・サッカースタジアムなど)
 ふうせんで空に浮いたクジラを珍しがって見る人が大勢いるはずなので、
 人は多めに描くといいですね。 
⑤クジラを切り取って、風景を描いた四つ切り画用紙に貼付けます。
完成です。

良かったら試してみてください。個人情報の関係で作品を載せることができませんが、
「ふうせんクジラ 図工」で画像検索すると少し作品が出てきます。

また、図工指導のポイントも書いておきます。
1.しずかに取り組ませる。集中して取り組ませるためです。

2.イメージをさせてから描かせる。その題材、たとえば今回のふうせんクジラの風景としたら、「人はどうしてるかな?」「クジラを見ている」「上を向いている」
  など、少しイメージを膨らませてから描くといいでしょう。

3.ここまでできたら必ず先生に見せると決めておき、確認してから次に進ませます。
  ・下書きが終わったら
  ・ネームペンで描いたら
  など、関所を決めておかないと、取り返しのつかないことになります。


本当に大まかなポイントですが、
参考にしてください。
  


 



 

↑このページのトップヘ