華丸先生の連絡帳

学校の先生の生活を豊かに 学校現場をもっと元気に 楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

学校の先生の生活を豊かに
学校現場をもっと元気に
楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

2017年05月

無試験状態で59歳でも教員になれる方法のまとめ!

2017年3月5日ブログ(あと数年だけ!初心者でも高齢でも公務員になるために)で、勉強ができなくても心持ちだけで59歳でも教員になれることをお知らせしました。
そしてほぼ無試験でなる方法はこちら。(年齢制限なし、公務員でも給料高めに無試験状態でなる方法
そして、勉強の方法も!(公務員の待遇がうらやましい?無試験で手に入れる方法 レジェンドを超える勉強法 最終編

さらに地方でも、59歳で教員になれる地域が拡大!


 九州でも福岡、佐賀、熊本3県や北九州市の教育委員会などがこれまで39、40歳以下だった新卒・既卒の上限を49~59歳以下に緩和。
 受験者も約4割減った。

=2017/05/05付 西日本新聞朝刊=より引用(ヤフー記事はこちら


保護者の大雑把な傾向 都会の教員は、軽んじられやすく、地方の教員は尊敬の傾向

地方では、教員は教えを授けてもらえる人という感覚が残っているため、保護者が先生を立ててくれるところがあります。このため学級としては荒れにくい状況で、教える指導に専念しやすい。また、理不尽なクレームをいう保護者に対して、地域が暗黙の反応を起こし(地域にいずらくなるようです。)、守ってもらえる傾向もあるそうです。(全国の教員との交流から得た個人の見解です。)
しかし、地方なので山を2つこえて出勤は当然あります。
地域のためにという意識は大切です。
地方としては、給与は高く尊敬も集めやすいお仕事かもしれません。

都会では、教員の偏差値は国立大学で50台、私立では、30以下から50台しかも受験教科が2・3教科ということもあり、それを上回る学習歴を持つ保護者が多く存在します。
都会の保護者は社会人になっても学びに触れる機会や情報が多いのです。
教員の現状は、職場と家の往復で疲弊した状態でそれらの方々のニーズに応じた教育提案などが求められます。
また、地域のコミュニティが薄いので、学校に対して求めようのない部分まで求めてくる傾向もあります。
教員も地域に貢献する意識もまちまちといったところです。
企業人や出版社などとのコンタクトは得やすい方かもしれません。
都会の仕事としては、尊敬を集める仕事とはいえません。給与も都会水準と比べると低いと思います(短大卒の水準としては高待遇です)。

しかし、最近では地方と都会とのこのような温度差も悪いところどりで、なくなってきています。
子どもに向き合って頑張るという心持ちさえ変わらなければ、地方VS都会の感覚は超越できます。
保護者がどうこうというのも自分の子どもへの熱意に振り分けたほうが建設的です。

九州の地方都市では1000万円代でマンションが購入できます。大都市圏では同じグレード駅の近さで3000万円なんてこともよくあります。給与は地方の教員は若干安いかもしれませんが、それを上回る物価の安さが地方にはあります。

上記は私の個人的な見解にしかすぎません。
本ブログの読み方としては、現場にいるものの感覚・生々しさとして参考になる情報だと思います。
いろいろな情報を収集して、あなたにとって有益な情報に変えてみましょう。
(上記は個人的な見解であり、空想読み物としてご理解ください。)

1学期に運動会がある学校は連休明けから運動会の練習がはじまるのではないでしょうか。
今日は運動会の練習(ダンス)のポイントを伝えたいと思います。


まず、指導は学年全体にしますので、数が多いです。
教室とは違うので指導がとても通りにくいです。

また、こちらも踊りながら指導するので、苦しくなります。
ここは聞かせたいというときは、一旦座らせてから話します。
そうすることで子どもたちは話を聞きやすくなります。

手具などがある場合は、手具を置かせてから話をはじめましょう。


では肝心の内容です。
本番を想定して、運動場という広い場所でも映えるものがいいですね。
なので、ダンスは大きな動作を心がけます。

子どもたちに大きな動作をさせたいなら、もちろんですが
教師は大きな動作で行うことが大切です。

私は「手や足を伸ばし過ぎっていうくらい伸ばしてごらん」
と言ったりします。子どもたちなりに意識して伸ばしてはいるのですが、やりすぎだっていうくらいのダンスで、離れてみてたら丁度いい具合になります。

また、重心移動もきっちり行うと綺麗に見えます。
手や足しか動いていない子は、重心が中心で定まったままです。
手や足の動きに合わせて、重心を移動させてあげましょう。
「このとき、右側に体重をかけてみて」など言うと、少し意識できます。

最後に、楽しく踊らせてあげてください。
ついつい厳しく指導しがち、
けれども怖々とやると子どもたちの表情は堅くなりがちです。
楽しんで笑顔でダンスしている子どもを保護者も期待しています。
できていることはしっかりほめて、楽しませてあげてください。

明日はダンスの振り付け例などを紹介します。






 

家庭訪問お疲れさまでした。
どうでしたか?結構、学校の顔と家の顔が違う子が多くて、
面白いなと思ったりします。
しかしたまにこう言われることがあります。

「うちの子、学校が楽しくないって言っているんです。」 
こう言われるとショックですよね・・・ 

4月期は指導をたくさん入れる時期ですので、どうしても厳しい指導も入ります。
仕方ありません。前年度の学級ルールのズレもありますしね。
これをほっておくと、規律が乱れていきます。

ではどうするか。
やはり家で話をすることは直前のことがどうしても記憶に残っています。
直前は午後のことが多いですよね。
なので、指導を入れたいときは午前のうちに済ましてしまいます。
これは無理な場合もあります。
しかし、できるだけこれを心がけます。
厳しく指導した子もフォローする機会が増えますし、お昼からは全体的に集中も切れますのである程度は仕方ないです。

お昼からは給食を一緒に食べたり、昼休み一緒に遊んだりと楽しいこともできます。
厳しく指導した子も一緒に遊んであげて、心のフォローをしておきます。

また、帰りの会を少し工夫しても喜びます。
まず帰りの会で「今日いやだったこと」などのシュールなメニューはやめましょう
「◯◯くんに〜されました」「あやまってください」「ごめんなさい」
シュールですね。子どものときにあった人も多いのでは?
なんで最後にテンション下がるようなことを!!子どもながらにそう思ってました。
せめて「今日のキラリさん」とか友だちの良い事を言うメニューにしましょう。

また、帰りの挨拶を工夫して、
「◯◯した人からさよならです」とお題をだします。
じゃんけんで先生に勝った人とか負けた人とか

低中学年なら、友だち5人とハイタッチ!や先生とハイタッチなどもいいでしょう。
高学年はグータッチにして接触を減らします。

ちょっとゲーム感覚でさよならできるので、少し上機嫌になって帰ってくれます。
やりだすと「今日はなんだろう??」と楽しみにしてくれて、子どもたちからも好評です。

「帰りは楽しく」が基本です。そうすると家で「今日は楽しかった」と言ってくれる子が
少しは増えるかもしれません。




 

学年でドッヂボール大会をする学校もあるのではないでしょうか?
はたまた、学校でドッヂボールが流行っていて、「どうしたらドッヂボールが上手くなるの?」
と子どもに聞かれる保護者の方もいるかと思います。

結構大人でもボールを投げる経験が少ないと、良くないフォームで投げたり、受けたりしてしまいます。
そう、以外とボールを思い切り投げる練習ってしません。
そこで、苦手な大人でも子どもに見せることで教えることができる動画を紹介します。

小学校の間はドッヂボールができることはかなりのステータスです。笑
先生方は是非、学年大会に向けての秘密特訓に。
保護者の方はどうぞ、あなたのお子様を最強のドッヂボーラーに。 


アタックの方法


投げ方


受け方 

 
よけ方 


ドッヂボールってなんとなく、やっているけれどこんな基礎があるんですね。
この基礎をしっかりと教えてあげれば子どもたちも少しずつ上達するはずです。

是非この動画を見せて、教えてあげてください。 

家庭訪問で言われた感動的な言葉

ほとんどの保護者が家庭訪問で私にいったこと
子ども達がこんなこというのです。
始業式の当日「華丸先生だった」
「今度の先生は誰だと思う?」「華丸先生だよ!」
「嬉しくて眠れない。」
これが口々に出た言葉だそうです。
「そんなこと言ってもらえると、2倍働けます!」と答えました。

どうすれば、そんな言葉がでてくるのか?

手帳でプロアクティブ(事前対処)することです。

子どもが「嬉しいと感じる先生像を考えます。」
私なら、「厳しいけど、おおらかなところもあり、冗談も面白くて、やさしいところもあって、授業もおもしろく、話も聞いてくれて、わからないところを教えてくれて、知らないことを教えてくれる。」です。

1.厳しい
これは大事。いいことと悪いことをはっきり伝える。
2.おおらか
厳しいだけではしんどいので、守らなくてはいけないこと意外については寛容になる。
3.冗談も面白い
劇場に足を運びましょう。難しければ、DVDを買って勉強です。
4.やさしい
失敗したときに、やさしく声をかけましょう。
5.授業が面白い
どこに焦点をあてるのかを考えて教えます。
6.話も聞いてくれる。
休み時間や、子どもが発言したときにていねいに言葉を拾いましょう。
7.わからないところを教えてくれる。
1時間ごとに困ったことなどをふりかえりを通じて聞きましょう。
8.知らないことを教えてくれる。
こどもが「なぜ?」と思うことを導入で取り入れましょう。思考で「あれ?」と思わせる部分もいれましょう。

このためには、事前準備がいりますね。
急に準備するのはしんどい・めんどくさいものです。
本ブログを毎日読めば適切なタイミングで段取りの実行時期がわかります。
がんばりましょう。


 

 

↑このページのトップヘ