小学校教員、臨床心理士の華丸先生連絡帳

学校の先生の生活を豊かに 学校現場をもっと元気に 楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

学校の先生の生活を豊かに
学校現場をもっと元気に
楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

2019年03月

現在新任教員が私のブログに殺到中

 私のブログは1年間の教員のダンドリが書かれています。これは、公務員はダンドリがすべてと言われるほど根回しと段取りが大切な仕事だからです。目標達成のためには、計画性が大切です。
大学院に進もうと何の資格を取ろうと教員は手当などつきません。働かないほど不要な経費がかからないのです。大学院に働きながら通うための準備を最後に

それでも大学院に行く意味

大学院進学者を見ていると、出身大学に不満をもっておられる方もいます。学歴ロンダリングであってもいいじゃないですか。自分がこのままではダメだと思う気持ちが大切だと思います。
私にとっては、国立大学と大学院、放送大学はお財布に優しい大学です。私立に行く余裕は私にはありません。
私のように臨床心理学を学びに行こうという先生もいます。これは免許取得を目的とする先生たちになります。特別支援教育も専門教育を受けている人と校務上担当している人では差がでてくる。
これが専門というものです。差がないならば、これは学ぶ方向が間違えたのかもしれません。次に行きましょう!

矜持として

ご立派です。。矜持(きょうじ)って奴ですね。私はそういう考えはありません。
ふつーの教育を仕事にしている労働者です。
みんなと同じ言葉、悩みで生きていきます。
でも、大学院に行くと自信をもって意見が言える。誇りを持って働くことができる!
これなら行く価値ありますよね。

教育研究として

雲行きが怪しくなりました。大学の先生も統計苦手ですよね。質的な研究の立ち位置は低いものです。
だって、再現性が低過ぎます。剰余要因が大き過ぎて、ケース研究になります。
ケース研究であれば、大学院でなくても学ぶことができます。観察する力を研ぎ澄ましていきましょう。
私は、看護研究の質的研究のほうが学びがいを感じます。
教育実践上の知見が他にそのまま適用となるならば、量的に研究してできれば RCTでバイアスをできるだけ取り除いてみましょう。
教員の場合、主観が多過ぎます。教育論文をみていてほんとそう感じます。
自分の教育論文もそうです。心理学論文は量的研究で出しています。
要するに、せっかく時間をかけるのに
大学指導教員やゼミ、限られた学会で論文のIF(インパクトファクター)が小さいものを書くのかということです。

大学院に働きながら通うための準備

住居は外すことができません。大学院の近くに住居を構えましょう。
大学図書館で論文を書くこと、SPSSなど高価なソフトが使える。そして、論文の取り寄せや電子ジャーナルが使えることが大学院に通う大きなメリットです。
指導教員はサポートでしかないです。自分で学ぶためのツールが揃っています。そして仲間たち。
このメリットを最大化するには大学の近くに住むことがベストです。
自宅を持っているなら別ですが、
つまらないところでお金を出し惜しみしないことをすすめます。 
学びに行けるタイミングは人生にはそれほどありません。
だからこそ、学びが最大化できる仕組みを作りましょう。

次に、ホテルのリストを用意しておきます。
学校の帰りで缶詰になって勉強できるホテルや大学近くに止まることができるホテルを確保します。

ストレートの大学院生に貢ぎます。
できるだけお菓子など相手が負担にならないものです。
ストレートの院生は時間がある場合、助けてもらえることもあります。
指導教員と密に接するのも彼らです。うまく助けてもらいましょう。
これはヒューマンリソースやピアサポート的なストレスのクッション効果につながります。

お体気をつけて! 

1年経つと忘れてしまうから

教員の仕事は毎年似たルーティンで仕事をすることがあります。
私は子供に応じて指導方法を変えるので労力は大変です。
しかし、今年もそうですが学年の仕上がりは自画自賛できるほど見事です。
とはいえ、型は必要です。そこで、去年の記事から3月によく読まれていた記事などを紹介していきましょう。

まずは

新年度初日に意識したいコミュニーケーション

1にも2にも教員は人間関係がうまくいくかで変わります。嫌われないように、郷に入ればです。
超絶村社会ですから、村八分は危険です。病んでしまう先生も人間関係の割合は大きい。

若手必見!先輩教員から信頼を勝ち取るための立ち振る舞いはこれだ!
今一番人気です。気に入られてです。
調子乗らない程度に頑張りましょう。
関西風に言うのであれば
愛されてなんぼの世界。
実力の世界でないのが教員の世界です。
事実よりも感情が優位になりがちな世界へようこそです。
しかし、仲良くしながらも違うことはうまくかわしていきましょう。もめないことです。
華丸先生が素晴らしい教師の人生になる方法を教えます。 

あと言えることは
はやりの本を読むよりも、ゆっくり読める本を手にとってみてください。
私はそういった本を書きました。そして、それは一時的な効果ではなく何十年も役にたつ本となりました。今のところ宣伝をしていないので売れなくて困ってはいますが、見つかると本当に役立ちますよ。
 

6年生担任は感動にひたり、その他の人は淡々と仕事スタッフとして

ついに1年の締めくくりですね!6年生担任の先生は卒業式当日はごゆっくり。担任外の先生は、立場が違います。
これは、自分の教室の片付けがありだと思います。ロッカーを片付けるのもいいでしょう。漫然と過ごすのはあまりにもったいないですよ。
いよいよ卒業式を迎える
卒業式が終わった学校もあれば、これからという学校もあります。

卒業式の服装 6年担任と担任外

服装
礼服が望ましいとされています。しかし、担任が礼服でその他の教員は地味なスーツがよいとされる学校もあります。女性の場合は、フォーマルに見えれば大丈夫という場合もありますね。

シャツ
白いブラウスや白いシャツが基本です。スーツと一緒にクリーニングしておくことが望ましいと思います。アイロンがけもありですが、多忙な教員の場合は無理なされず。

ハンカチ・ティッシュも忘れずに。ホッカイロもあると助かりますよね。意外と冷える場所のときがあります。

打ち上げがある学校の場合
普段の服なども持ってきておくとよいでしょう。
スーツだと疲れるかもしれません。
また、片付けを考えるとジャージなどもあるほうがいいでしょう。

今だからできる、下見、下調べ

講師・担任ともに、自宅から転勤地までの距離を調べます。
内定していない場合は、次の段落からどうぞ
 
引越しを考えている場合は、下見を兼ねて途中駅で下車します。
自家用車はリスクが高まっていることに注意しましょう。
事故などで、想像以上に責任を負わされることが多くなっています。
自転車の場合は、自転車保険を1億円ほど保険をかけておきましょう。
安いところで月に200円しません。日常賠償などで含まれている場合もありますからよく保険をみましょうといいたいところです。しかし、探している暇よりまずはかけておくという方法もありです。おおむね死亡事故で1億円近くのケースがあります。

教師の住環境の条件

教員にとって最良の場所は、帰り道にスーパーがあること
次にコンビニ、100円均一ショップがあることです。
自費になっても100円均一でそろえてしまったほうが早いことは多いものです。帰り道にあれば、気になったときにすぐ買うことができて仕事がどんどんすすみます。

ちょっとビックリ先生のおもらし

先生もおもらしをします。
若い人も意外と多いですよね。子供のにおいにも似たあのにおい・・・。大人なんだから!で切り捨てずに自分ならどうするかとしっかり考えておきましょう。 
駅から近い場所のほうが、気持ちが重い時も、すぐにホッとできます。
ストレスからお腹を下すことも増えますので、途中下車でトイレ、駅近くのマンションで失禁のリスクをさげましょう。
引越しはよくすることではありません。この時期を逃したときは、夏休みなど時間に余裕があるときに考えることをおすすめします。

記事数が650に迫りつつあります

ついに記事数が650に迫りつつあります。
ブログ記事応援クリック(2箇所)に支えられてついにここまでやってきました。
無報酬でここまでコツコツ積み上げてきました。
ただ、スマホ版が見にくい!
記事数が多すぎて探すのが自分も大変になりつつあります。
そこで、wordpressなどに引っ越すか記事の数を精選することにしました。

650の記事に到達して気づくこと

アクセス傾向

アクセス数などからある気づきが出てきます。
1.平日は頑張るけど、休日はオフになる先生の実態
2.疲れて切っている先生方の実態
3.SNS上で大暴れしている先生たち
4.意外とお金がすき
5.健康は見て見ぬふりかな?サプリ大好き
その日暮しの自転車操業で頑張っている先生の実態が浮き彫りです。

季節傾向

教師を辞めたいはわりと通年見られます。今が辞めどきです。
今は所見のアクセスが多いです。
半分がっかりされる記事かもしれません。
テンプレートではないですから。
しかし、
魚を釣ってあげるより
魚の釣り方を教えてあげることこそが教育。
誰かに流されるより自分の頭で考えられるようになるような記事にしています。
長年本ブログを読まれている先生方は、もうブログを読まなくてもかける先生になっていることでしょう。季節的な準備などを知るにはいいブログになりつつあります。

記事について専門家に相談してみたよ

食べ物の記事を載せても、私の書き方の場合は問題がない。
実験は大丈夫。
本も出版契約も考えて万全。
こまめに専門家に相談することって大切。

記事の精選にとっては、削除することが難しい。
リライトも勉強して、もっと多くの人に役立つブログ記事とツイッター発信をがんばります!
ブログリーダーをつかっていただけると、タイムリーな情報がゲットできますよ。



↑このページのトップヘ