小学校教員、臨床心理士の華丸先生連絡帳

学校の先生の生活を豊かに 学校現場をもっと元気に 楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

学校の先生の生活を豊かに
学校現場をもっと元気に
楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

カテゴリ: 資産形成

税金の還付は、事務で待っていてもできません。黙っていると損益の通算もできず、還付の期限(5年が多い)を超え申請できないことが多くなります。
嘘・ごまかさずに正直に相談をすれば、ブログで答えを探す時間をかけるより早く答えがでます。
電話ってめんどくさい。
そこで
手帳に書いて電話することも自動的にこなせるようにしましょう。

1.      税務署に電話する日時を作る。休憩時間でもいいですし、有休(時間休)を取ります。何を聞いてわからなくても、相談すれば何を聞けばいいか観点に気がつくようになります。多くは、株の損益通算・医療費控除・贈与・ふるさと納税などではないでしょうか。

2.      電話番号は、https://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu/9200.htm

ここから所轄の税務署を選びます。

3.      電話の流れは、以下の音声ガイダンスを参考にします。https://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/index.htm

音声ガイダンスの1をおしてから6を押していただくことが多いと思います。

4.      何を聞いていいかわからない場合は、サラリーマンの人が還付されることが多いものは何ですかと聞いてみます。

5.      受け答えがもうひとつなら、株の損益通算・医療費控除・贈与・ふるさと納税について教えてくださいと聞きましょう。練習したいなら、ふるさと納税について聞かれるとお得なことがあると思います。

6.      それでもパッとしなければ、違う電話番号にかけましょう。人を変えると話が進むことってたくさんあります。

   https://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu/9200.htm

 

7.      私は病院にたくさんの回数行きましたので、ちりも積もり、10万円を超えました。10万円を超えた分の1割(50万円病院にかかれば4万円ほど返ってくるようです。この点は税務署にご確認ください。)ただし、ふるさと納税をしているので、その調整の相談をすることになりそうです。確定申告をすれば還付できるということです。手間と費用を考えてどうするか決めようと考えています。
お電話をされて、具体的になれば、次は税務署で直接書き方を聞けばいいと思います。
書類作成の時間はかかるので、この時期から準備しておくとよいですね。

 

確定拠出年金も始まり年金もあてにできない中、いろんな制度や投資がでてきています。
昨年度からロボットアドバイザーによる投資がよく取り上げられます。 
流行ってるから、周りがしていて儲けたからというのは楽そうですけど1番怖いと私は思います。
よくわからないので、地に足をつけてお金のこと考えて見ます。


地面に足をつけて考える

身近な投資と保険あるある

保険の営業の人が健気でいい人だから
何か持ってきてくれるから
自覚はないけど、断りにくいことありませんか?
 
いりもしないティッシュに雑誌のクイズをもって営業の人が職場に来る。
営業の方の給料ともらったティッシュのお金、自分たちが払っている手数料!ですよね。

校長先生が入っている保険ですよ。何回きいたか。
日経新聞や経済テレビでいいと宣伝しているから、
日銀の人が出ているテレビ番組で取り上げられたから
私は、これでだまされやすいんです。
だってネットの通販やテレビの通販でいらないものを買うのが私。
そんな私のようなついつい買ってしまう人のための記事

疑問
1.ロボットアドバイザーをつかって、老後資金をためるのがいいのか。
2.ロボットアドバイザーはどこがいいのか。

地に足をつけた結論
まずはらそんな浮ついたことよりも地に足をつけて以下を検討する。
1.確定拠出年金を考える。(私は今から対象になりました。記事はこちら。この確定拠出年金にだまされないための記事はこちら

財形を考える(手数料がやすい。)。すでに加入済み
まだ余裕があるなら、NISAを考えましょう。
ロボットアドバイザーは、この検討の後にする。

ロボットアドバイザーといえども損失はあります。
まずは、国が考えている税制優遇の枠組みを検討しましょう。

まだ、お金のことをしたいなら会社を比べて
2.手数料がやすいところ。

最近、大手銀行や証券会社等々で紹介されるロボットアドバイザー。
大雑把には自分の投資スタイル(大きなリスクを取ってでも儲けたいのか。平均的にするのか)などで、効率的に投資を考えてくれるというサービスです。
私の力ではよく分からないけど、ロボットさんよろしくの仕組みになります。

会社ごとでみて、ロボットアドバイザーの仕組みには大差ないわ・・・。って思います。
 
ロボットアドバイザーは、効率的フロンティアを作るという形。
効率的フロンティアとは、投資スタイルに対してもっともよさそうな投資商品と割合で投資をしてくれます。
例えば、リスクを取れるなら儲けも多くなる可能性があります。この場合は新興国の株・債権などが割合として増えます。
発展途上だと発展する可能性が大きいですもんね。
株価の上下を絶妙に売買で儲かるように処理してくれるんだろうなぁ。
囲碁のように、ロボットが勝つことも増えたしと考えがちです。
でも、ロボットアドバイザーと囲碁は違いますよね。
損をする可能性を考えていくとそんなストレス抱えたくないのが私。ほったらかし投資って言われても気にはなる。

ロボットアドバイザーは、どの変数を入れるかで変わるでしょう。そして、売り買いの判断が違うのはわかりますが、大雑把には大差なしでは?
 そもそも!そのロボットアドバイザーが
必ず儲かるなら金融機関でします
そうしないのは、損をする可能性があるから。

金融機関の立ち位置は
人からお金を集めて手数料で儲けるのが金融屋さんの商売にすぎません。

私がもし投資をするなら、
何より手数料が安いところ(金融屋さんの儲けの額を減らし少しでも自分に設けた時まわるように)
 
地に足をつけて考えると、営業さんを雇ってやって来ないことが大事なのかなと思います。
 
私たちは投資など勉強しても専業の人には勝てないです。
そして、専業(プロ)と名前がつく人で儲けている人は稀です。
だってプロさんの営業成績は、契約数に比例なんですよね。
契約金額=その何パーセントかの手数料(金融屋さんの儲け) 
別に、契約した私たちお客さんが儲けているわけではない。

私たちが、損しても得しても手数料 (金融やさんの儲け)は必ず入るのが金額機関のビジネスモデルのひとつ。
 
私が考えてることを繰り返します
もしもロボットアドバイザーが必ず儲かるなら、わざわざ顧客個人に説明して促しません。
自分たち金融屋でやって儲けます。
 
ロボットアドバイザーや仮想コイン謎の言葉がたくさん出てきます。
分からないときはには手を出さない!
私の方針でした。

1月9日  今、ふるさと納税はしない(1)!を追加しました。(こちらの記事
今、ふるさと納税はしない(2)!を追加しました。(こちらの記事

私の結論は、税務署に電話して聞こうです。(こちらの記事
反響が大きかったので
第1弾 ふるさと納税をした人は絶対確認(こちらの記事
第2弾届いたときの処理を公開しました。(こちらの記事
第3弾身内のふるさと納税をどう手伝うか終結編も公開しました(こちらの記事)。
第4弾最後が制度の変更点である、同じところに2箇所申請した場合は方法が変わったそうです。(こちらの記事)。 

ふるさと納税の市町村からの郵便物をまずポストやレターボックスにあるか確認しましょう!
書類提出忘れていませんか?
間に合わない可能性があること・・・それはワンストップサービス。


年末にふるさと納税をしたり、ポイント申請だけしたりした人要注意です。

私は、登米市・ 都城市にしました。そして、父親もどこかに納税。
しかし、あまりしっかり読んでいなくて、申請書類の提出期限に気がつくというミス

年内に届いた登米市のワンストップの申請書には、1月10日までに返送くださいとのこと。
12月31日に申し込んだ都城市に問い合わせをすると、原則1月10日までとのこと。
すぐに送付していますので、間に合うようにお願いしますとの連絡を受けました。

どこの自治体もそうなのかはわかりませんが、2つの自治体で
三連休に入り役所に連絡がつかない可能性があるので、気をつけてください。

以下は忘れないためにコピーして手帳に貼り付けておくといいです。
用紙が届くと考えて用意しておくといいものは、
マイナンバー(通知書)のコピーと運転免許か健康保険証かパスポートか年金手帳・印鑑などです。(下の画像に記載あり)
IMG_4954



あと届いた書類に「ワンストップサービスをする」(四角で囲んでいるところA4用紙の下側のチェックをすることもお忘れなく
IMG_4955


IMG_4956




もしも、わからないときは、ふるさと納税した自治体に電話でお問い合わせを。
市町村の担当の方のご迷惑にならないように、不足のないように確認して、速やかに送付しましょう。
検索ワードは (ふるさと納税した)市町村名 (スペース) 電話(連絡先)などで。
間に合う・間に合わないはワンストップサービスのことだと思います。
もちろん、確定申告すれば大丈夫でしょうが、ワンストップサービス は便利です。

間に合わない・医療費控除・株式の問題で
確定申告をする場合には税務署に連絡して必要なものを用意してからいきましょう。(この記事を参考に) 
よくわからない場合にも税務署にご相談しましょう。連絡先は こちら

何よりも
自治体から届く書類をしっかり読み、無駄な問い合わせはやめましょう。
原則1月10日と書いていることとふるさと納税の書類確認の業務で多忙であることは頭に入れておきましょう。
でも、分からないなら聞くこと、書類の再発行もしてくれる自治体はあります。
提出したかを忘れても聞けます。
提出を確認したら手帳にふるさと納税書類完了済みとメモですね(^^)
お手間にならないようにまずは自分で探す、書こう。

私のケースですから、この情報に頼らず、申請をしたサイト・市町村の記載の通り、ご自分の状況に合わせて申請しましょう。(確定申告ならば、間に合うはず。) 
最後までお読みいただきありがとうございました。
バナークリックしていただけると嬉しいです。

本日1月9日  今、ふるさと納税はしない(1)!を追加しました。(こちらの記事
これが本ブログのキャッチコピー 手帳でのプロアクティブ(事前に対処しておく)です。
 

前編では
カモである私がニワトリになれればいいなと日経とダウについてなるほどと思ったものを整理しました。
後編は応用編です。
1.MSCI(エムエスシーアイ)
日本を除く先進22カ国の上場企業の株価
これは、ファイナンシャルプランナーに相談したときに、このあたりを勧められました。
日本以外の成熟した国に投資をするために役立つようです。

iDeCo(個人型確定拠出年金)が来年から始まります。節税効果が高いといわれているので
これも勉強しておこうと思います。
iDeCoは私は投資信託で運用する可能性が高いので、上の指数やその他を理解する。
また、手数料がいっぱいとられるので

購入時手数料(販売手数料)

運用管理費用(信託報酬)

信託財産留保額
がある程度低いものを選ぶこと
(銀行・証券会社に高いものをすすめられることが多いので) 
 

細かく理解するなら、wikipediaもご参考に(定義などは正確だと思います。)
https://ja.wikipedia.org/wiki/日経平均株価

世界の経済が元気なのかどうかがわかるのが経済指数。
生命保険会社や証券会社がすすめてくるものがまず理解できないことが多い。
特に若い人は●先生も払っていますよなんていわれてなんとなく払ってしまいます。
私もそうです。
でも、
経営で経費として高いのは、人に支払うお金
職場に来て、あるいは人がお話をして 契約にハンコをおさせる。人が入るとその人に払うお金分が
上乗せされた代金になるはず・・・。
ですから、自分が理解していないとカモになっていると、カモ(私)自身が思いました。
 
カモも学べばニワトリぐらいにはなれるかもしれない。金の卵を産むか、産まないかはわかりませんが。
そのために事実を理解していこうと思う。 
以下が手帳にはること
1.経済指数はその国などが元気なのかどうかわかる。
2.日経平均は、東証一部上場企業1700社から、日本経済新聞が取引活発企業225銘柄を選んで、平均した数字。
よい点は、真っ先に取り上げられる数字なのでわかりやすい。
弱点は、ユニクロ(ファーストリテーリング)・ソフトバンク・KDDi・ファナックが20%以上影響を与える可能性がある。→ユニクロ・ソフトバンク・KDDI・ファナックみたいな大きな会社がさらに大きく伸びる状態かどうかで変わりやすい。

3.TOPIXは東証一部全銘柄の株価を、時価総額に応じて加重平均したもの。
メリットは
つまり実態をあらわしやすい。・・・、でも日経とTOPIXは毎日似た連動になってるなぁ、と思います。金融のプロ?である機関投資家はこれを買う。
デメリットは
ピンとこないかぁ、加重平均・・・。
4.アメリカなら、ニューヨークダウ平均連動が、日経平均と同じような仕組み。
メリット
30年近く経って15倍以上高くなる。
デメリット
・銘柄が入れ替えられすぎているので実態ともいえない。
5.S&P500(スタンダードアンドプアーズ)
TOPIXと同じ
つまり実態をあらわしやすい。・・・、金融のプロ?である機関投資家はこれを買う。

プロはこれを選ぶみたいな指数ってなんかよさそうに見えました。

後編に続く
 

↑このページのトップヘ