小学校教員、臨床心理士の華丸先生連絡帳

学校の先生の生活を豊かに 学校現場をもっと元気に 楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

学校の先生の生活を豊かに
学校現場をもっと元気に
楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

カテゴリ:教員採用試験 > 教員に内定したら

今日は学校の先生の表情の作り方です
相手の表情は自分の表情と言われています。
つまり鏡のように映しだすものです。
言葉の終わりの語尾に声を出さず口の形を「ぃ」の形にしておきますおはようございます(ィ)と言うような雰囲気で挨拶をすると表情が良くなります。
それでは顔の各部位をどのようにするかを教えます。

A.目や眉
1.静かに目を閉じ、心を落ち着かせる
2.パッチリ目を開け、右左上したぐるっと回す。
3.まぶたに力を入れカリッと閉じる。
4.びっくりした表情で目と眉を上げる。
5.困った時の表情で眉間に力を入れる。

B.口や頬
1.発音も兼ねて、あ え い う え お あおと、大きく口を開ける。
2.唇を閉じる、頬を膨らませる。
3.2.のまま口を左右に素早く動かす。
4.口の端を強くする要領で、法を引っ込める。
5.口の端を横に弾く、口先をとがらせを繰り返す。
C.あご
下顎を、左右に動かす。
D.鼻
小鼻を一挙に釣り上げる。嫌な匂いをかいだときのようにするのがポイントです。
E.笑顔
ウイスキーと言ったときの口元を出すのがポイントです。

これもよくマナー教室で指導されることですからご参考になさってください。


学校の先生が顔の各部位をどう動かすと印象のよい表情になるのかの記事です。

参考文献・研修
「できる人」と言われる気ばたらきの技術 河出書房 永島玉枝
大人のマナー 仕事ができる人の便利帳 知的生活研究所
トークの基本 全日 経営実務研究会
すぐに身に付くビジネスマナー オーエス出版
一発で身に付くとっさのビジネス敬語 すばる舎
石川先生のビジネスマナースーパーレッスン すばる舎 石川信子
いきいきマナー講座 日本能率協会マネージメントセンター
研修
JAL コミュニケーションマナー講座接遇研修2日間

教師ならではの表情作りを学びましょう。#教員採用試験 #教育学部 #小学生 #理科 #小学校の先生 #新卒 #新卒採用 #講師

教員デビューカウントダウンの今だからできること

挨拶を覚えましょう。
挨拶のできない先生が多過ぎます。

教師の挨拶って何?

挨拶とは、挨拶のあいとは自分の心を開くことです。
さつとは相手の心に近づくと言うことです。
つまり自分と言う存在を相手に伝えることです

教師の挨拶の仕方

当たり前のようですが、新任さんはなかなかできないものです。
身につけたほうがポイントが高いとも言えますね。
挨拶の順番は
1.自分の方からする
先手必勝です
2.相手の目を見ましょう
3.相手の心を込めます(相手に合わせる)
相手に合わせるとは、相手さんの気分や調子を感じ取りながら挨拶をすることです。
4.笑顔で明るくする。
5.おじぎ。
6.+ αの言葉を続ける。
7.明るく大きな声です

教師が明瞭に話すための練習にもなる方法

学校の先生が声が大きすぎるのですか明るく明瞭に聞こえることも大切です
そのための練習ですが
息を吸うの5秒白の10秒で腹式呼吸をしましょう
また早口言葉として
おあやや ははおやに おあやまり
これを練習しておくと明瞭になりやすいものです。

いざ学校が始まってしまうとなかなか挨拶の仕方の基本までは立ち戻ることができません今こそやってみるのも良いのかもしれませんね。
がんばりましょう。

参考文献・研修
「できる人」と言われる気ばたらきの技術 河出書房 永島玉枝
大人のマナー 仕事ができる人の便利帳 知的生活研究所
トークの基本 全日 経営実務研究会
すぐに身に付くビジネスマナー オーエス出版
一発で身に付くとっさのビジネス敬語 すばる舎
石川先生のビジネスマナースーパーレッスン すばる舎 石川信子
いきいきマナー講座 日本能率協会マネージメントセンター
研修
JAL コミュニケーションマナー講座接遇研修2日間

もう、世間知らずとは言わせない。人前や職場で無難な会話を身につけましょう。#教員採用試験 #教育学部 #小学生 #理科 #小学校の先生 #新卒 #新卒採用 #講師 

1日目から、できることはどんどんこなそう

朝の流れはざっくりとこうなりますね。
さあ始まりだ!4月初日にやるべきことを確認しよう!
この流れが頭に入っていれば、次手伝うことが何かが予想できて、動きがよく見えます。
ダンドリって大切ですね。

担当学年などが決まる。

ついに初担任!専科?そういった人事が確定します。
担任発表1日目にすること学年の仕事の割りふりから購入するものまで
若い人は、特にコミュニケーションに気をつけたほうがいいでしょう。
新年度初日に意識したいコミュニーケーション
若手必見!先輩教員から信頼を勝ち取るための立ち振る舞いはこれだ!
華丸先生が素晴らしい教師の人生になる方法を教えます。
このようにブログでいくつも人間関係のコミュニケーションを示しているのには、理由があります。
誰からも理解されない先生というのはあまりにも辛いと思います。
そこで、最初の出だしは気をつけつつも、最高の教師人生となるように、うまくいっている人の方法を真似ていくことも大切です。

今日は眠れなくても大丈夫。4月1日の仕事が終わって家に帰るとぐっすり眠れるから。
心配なら、明日のごほうびのおやつや食事のイメージ、万が一時間がないときに備えてカップラーメン、お茶などを十分に買っておくなど遠回りに見える準備をしておくといいでしょう。
好きな音楽のリストを作っておくのもいいですよ。

4月2日以降、少しでも楽になっていきます。
 

全力はやめたほうがいいよ。自分に逃げ道がない人がおちいる末路

追い込まれると全力を出してしまう。
全力をずーっと維持することはできません。だって、全力って一時的に全てを投げ打って打ち込むことですから。
計画性がないように見えてしまいますが、こんなことありませんでしたか?
テストのとき、レポートのときありますよね。ギリギリまでならないとできないんですって言ってた人。
学生なら自分だけのことです。
しかし、仕事場でギリギリまで何もせず、
自分に逃げ道がないと感じたときどんな恐ろしいことがおきるのか。
周りを巻き込み大事件に発展します。
自分が慌てて、自分が騒いでなんと、子どもや職場に多大な迷惑をかけます。
あなたのおもうさいきょうのきょいくじっせん
もう伝えるのも嫌なので、読みにくくしています。
実践のために時間がかかった、慌てることがあった、もう本当によく聞きます。
ギリギリでどうこうして実践がよくなったみたいな発言
これは、
あなたの起こした周りに迷惑をかけて最低の行為を美化するために、子どもを引き合いに出した実践をしたと言えます。
つまり、何事にもダンドリが大切なのです。

ブログを今見に来るような人はどんな人か

休みの日にこのブログに来るような人を対象としてお話を進めます。
勤務時間以外(まだ勤務もしていない)のに、華丸先生の連絡帳を読む方は、もう十分気合いも入っていて頑張っていると断言できます。
何も準備できていないと思っていても、大丈夫です。
なぜ、自分が準備できていないのに大丈夫といえるか

教育リソースのひとつとして華丸先生ブログを見ているという事実があるから

準備ができているかどうかは、知覚しているだけのことです。リソース(情報源)として、良質な情報を活用しているというかどうかが最も大切なのです。
もちろん前回紹介した小学校の先生の、新年度は決戦です。決戦前の最後の土日に何ができるのか?
で紹介した本を買うといった行為もリソースを手元に置く意味では最強といえるのです。
全力という自分の行動を起こす前に、必要な情報(リソース)を集めているといえるのです。
うーん、難しくなりましたね。

今のあなたのままで、いい感じで教師として新学期をこなすには逃げ道を確保することです

緊張していると笑顔もどこかぎこちないものになります。そんな先生に子どもは気をつかうことになるでしょう。破顔の笑顔なら、子どもは無邪気に近寄ってくれるものです。私は、後者の先生がいいと思います。この新学期前しかできない少しだけ余裕をもつリソースを紹介します。

新学期前しかできない教師がゆとりをもって指導するためのリソース 1位

自分だけの場所をもつこと
自分だけが知っている山、川、公園、カフェを再確認するツアーにでかけましょう。
できるだけ近場です。今日、出かけてみて、「やっぱり落ち着くなぁ」と思えば写真を撮って、インスタグラムにあげるか、手帳にメモをしておきましょう。
辛くなった時に、だいたい若い人はSNSを触りますから、自分のインスタグラムをみて思い出してそこに出かけます。手帳でもいいですけどね。

新学期前しかできない教師がゆとりをもって指導するためのリソース 2位

本を買いまくること。
いらないかなぁと思ったら「買いましょう」
職場で孤立したり、ここは聞けなかったりという場面は多数訪れます。
そのようなときに、本は友達!になります。

新学期前しかできない教師がゆとりをもって指導するためのリソース 3位

相談できる友達の確保
3位になっているのは、友達にも都合や用事、状況があります。
今は、話が聞けても忙しいときにむやみに友達に依存するのは危険です。
でも、この友達は大切にしていきたいな。と思い返す機会は今がベストです。

孫子「三面包囲」は教師の余裕のために最高の兵法である

人を打ち負かすイメージのある兵法です。自分の意見をおし通すために、相手に逃げ道が残る話をしなさいなんて、よく言われます。教育でそんなことはしなくていいと思います。
でも、自分に逃げ道を残しておくことが大切です。
教師は真面目です。真面目が故に訳のわからない言動に見えることがあります。
この原因は、自分が見えなくなるほど一生懸命になっていること
自分が見えなくなるを防ぐために先ほどの3つのお守りをここまで読んでくれた読者に授けます。

教師が新学期前にできることのまとめ

新学期前しかできない教師がゆとりをもって指導するためのリソース 1ー3位がポイントです。
焦らず、慌てず笑顔の先生でなるべくいられるような具体的な方法をお伝えしました。

楽しい教師生活を!
 

春は出会いの季節

school

今年から採用されて4月1日から学校に赴任する。
今年が転勤で新しい学校に赴任する。
色んなパターンがありますが、赴任先にいく初日はドキドキしますよね。
今日はその時のポイントを紹介します。

第1印象を大切に

清潔感が求められます。

○服装
business_kyouryoku

男性も女性も派手めなスーツは避けた方が無難です。
黒やネイビーやグレーなど

男性のネクタイの色も印象を決めるものですね。
赤→情熱的
黄→明るく
紺→冷静・クール
水色→爽やか

もちろん、初めから派手派手なものを着ていき、キャラ立ちさせるのも1つの作戦かもしれません・・。


○髪型

髪色は少し抑えたいですね。黒か暗すぎる印象になるのであればダークブラウン。
金髪すぎるとびっくりされるかもしれません。これは職場によってかなり差があると思いますので、初めは控えめにいきましょう。

ワックスなどで軽く整えるとより好印象でしょう。
ガチガチで決めすぎは悪くないですが、自然な感じがいいと思います。

おでこや耳を出すだったり、長いならまとめるだったりして、すっきりした髪型にしたいですね。

○持ち物
・印鑑と朱肉(色んな書類があるはず)
・筆記用具
・提出書類など(これは絶対忘れないように)
・ジャージ(職員作業があるかもしれません)
・クリアファイル
持ち物を忘れていると、借りることになり少し気まずいです。特に新任の方は持ち物がわからないこともあると思うので、上記のものは持って行っておきましょう。

何を話すか、どう振る舞うかを考える


○挨拶
簡単ではいいですが、その学校で頑張るという意志や、いろいろと教えてくださいと謙虚な挨拶をしっかりと考えておきましょう。何か色が出せることがあると面白いですね。特技や趣味で○○をしてきましたなど。色を出しておくことで、周りの人があなたにコミュニケーションを取りやすくなります。その場で考えるのでなく、春休みの間に考えておきましょう。

○表情や接し方
にこやかに過ごしたいですね
また風邪なら仕方ないですが、マスクなども初日くらいは外せるなら外した方が表情が見えていいですね。

丁寧にコミュニケーションを取りましょう。基本は敬語で同年代や年下の方には徐々に崩すくらいで丁度いいでしょう。
また、わからないことはたくさんあると思うので、どんどん聞いていきましょう。それが色んなコミュニケーションになると思います。その職場では新人と思って謙虚さを忘れずに。


 

↑このページのトップヘ