小学校教員、臨床心理士の華丸先生連絡帳

学校の先生の生活を豊かに 学校現場をもっと元気に 楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

学校の先生の生活を豊かに
学校現場をもっと元気に
楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

カテゴリ: 公務員の退職

戦略的に公務員を辞める方法

  これまでの記事では、退職日は月末に設定せよ!
早期退職金割増と事務員さんとの人間関係と手続きの方法→メモとカウンセラーへの相談でお得に退職金を受け取ろう。
トラブルの時は、このやりとりが生きてくる。
そして早期退職の罠にもご注意
退職後の必ず訪れる恐怖の大金出費はこれだ!
子どもを見捨てている、あの人のせいで(恨み)、人間関係の答え

ということでした。
どうしてこのような記事を書いているか

大切なことは、やめたいときに辞める。再開したくなればできる。そのような自由度を高めるための知恵を授けます。仕事を辞めたくなる原因の多くは、人間関係のトラブルです。辞めれば、また新たに人間関係ができる。自分の失敗もまた自身の成長の糧にできる。しかし、お金がなくて生活が破綻してしまうのは避けたいものです。今回の記事は、自分がより自分の意思でこの楽しい教員ライフを送る自己コントロール感を高めることができる行動や考えについて書いていきます。
金銭面

 辞めると明日から生活ができない。
→違う仕事を決めてから辞めましょう。
 給与が下がるのが嫌
→転勤で気持ちを切り替えて働き続ける。
 働きたくないけど、お金がない
→投資や家賃、印税収入など不労所得を増やしましょう。
 

戦略的に公務員を辞める方法

  これまでの記事では、退職日は月末に設定せよ!
早期退職金割増と事務員さんとの人間関係と手続きの方法→メモとカウンセラーへの相談でお得に退職金を受け取ろう。
トラブルの時は、このやりとりが生きてくる。
そして早期退職の罠にもご注意
退職後の必ず訪れる恐怖の大金出費はこれだ!

ということでした。
どうしてこのような記事を書いているか

大切なことは、やめたいときに辞める。再開したくなればできる。そのような自由度を高めるための知恵を授けます。仕事を辞めたくなる原因の多くは、人間関係のトラブルです。辞めれば、また新たに人間関係ができる。自分の失敗もまた自身の成長の糧にできる。しかし、お金がなくて生活が破綻してしまうのは避けたいものです。今回の記事は、自分がより自分の意思でこの楽しい教員ライフを送る自己コントロール感を高めることができる行動や考えについて書いていきます。
精神面からのアプローチ

 子どもを見捨てているようだ
→いいえ。気にせず辞めて下さい。子供が寂しいのはいっときです。気になるのであれば、保護者と人間関係を作って手紙のやりとりをしましょう。
 あの人に恨みがある
→離れれば他人です。慰謝料と気持ちの解決を相手にぶつけるのが最良かは難しい。辞めれば他人。辞めると決めれば、しっかり大人として対応ができます。
 仕事は楽しいけど人間関係が・・・
→辞めて違うところで働くのも手

大事なのは働いているあなたの意思です。無理をせず楽しく生きていきましょう。


戦略的に公務員を辞める方法

  これまでの記事では、退職日は月末に設定せよ!
早期退職金割増と事務員さんとの人間関係と手続きの方法→メモとカウンセラーへの相談でお得に退職金を受け取ろう。トラブルの時は、このやりとりが生きてくる。そして早期退職の罠にもご注意
ということでした。
どうしてこのような記事を書いているか

大切なことは、やめたいときに辞める。再開したくなればできる。そのような自由度を高めるための知恵を授けます。仕事を辞めたくなる原因の多くは、人間関係のトラブルです。辞めれば、また新たに人間関係ができる。自分の失敗もまた自身の成長の糧にできる。しかし、お金がなくて生活が破綻してしまうのは避けたいものです。今回の記事は、自分がより自分の意思でこの楽しい教員ライフを送る自己コントロール感を高めることができる行動や考えについて書いていきます。
退職後の急な出費はこれだ

翌年の税金は、最低100万、定年前なら200万は普通預金で置いておこう。
辞めたお金で豪遊して税金に苦しむのは大変です。
勢いで辞めて、急な出費に苦しむではなく
勢いで辞める時でも、辞める日時とお金の計算はしておくといいですね。


戦略的に公務員を辞める方法

  前回の記事では、退職日は月末に設定せよ!
ということでした。

このように、やめたいときに辞める。再開したくなればできる。そのような自由度を高めるための知恵を授けます。仕事を辞めたくなる原因の多くは、人間関係のトラブルです。辞めれば、また新たに人間関係ができる。自分の失敗もまた自身の成長の糧にできる。しかし、お金がなくて生活が破綻してしまうのは避けたいものです。今回の記事は、自分がより自分の意思でこの楽しい教員ライフを送る自己コントロール感を高めることができる行動や考えについて書いていきます。


公務員なら、早期退職金割増も見ておこう

地域によりきですが、
勤続15年以上から退職金2割増
50歳以上なら2割そこから毎年年を重ねるごとに10%ずつ減る。
55歳から10%で56歳で8%と減っていくパターン

早期退職の罠にご注意

退職3ヶ月前に申し出た場合のみ加算するなど
結構気を付けないとダメなパターンがあります。
事務員の方が意地悪な場合、付け届けをしないとそういった情報を出さない場合など地域によりそういったトラブルを聞いたことがあります。人間関係が悪化した(と思い込んでいる)から辞めたいのに、事務員の人との人間関係を考え不利益を受ける。こういった悪循環は本当に避けたいものです。
事務員さんが意地悪をしているのではなくて、自分の気持ちが追い込まれすぎてそのように見えてしまっている可能性を考えましょう。
解決策は、簡単。メモにして置いておきます。(コピーを取って)。
それでもうまくいかないと思うのであれば、カウンセラーなどと相談して事務手続きを損がないように確実にこなします。
思い込みとしなくてはいけない手続きを分離することができます。
思い込みでなかったとしても、メモにカウンセラーとのやりとりが証拠になり不利益は受けにくくなることでしょう。
悩む前にご相談を!
明日は、子どもに会える。
明日も楽しく過ごしていきましょう。


教師(公務員)辞めたいが頭をよぎる人たちへ

戦略的に公務員を辞める方法

 やめたいときに辞める。再開したくなればできる。そのような自由度を高めるための知恵を授けます。仕事を辞めたくなる原因の多くは、人間関係のトラブルです。辞めれば、また新たに人間関係ができる。自分の失敗もまた自身の成長の糧にできる。しかし、お金がなくて生活が破綻してしまうのは避けたいものです。今回の記事は、自分がより自分の意思でこの楽しい教員ライフを送る自己コントロール感を高めることができる行動や考えについて書いていきます。


退職日は結構重要
多くの自治体では、勤続年数の端数を切り捨てます。1ヶ月に満たない勤務期間(休職など)は退職金から切り捨てる場合があります。ですから、月の最終日までを退職日に決めてそこまで生きよう(年休の消化も加味して)

退職日のこと、これだけでも知っておけば、辞めるタイミングの参考になることでしょう。しばらく、続けていこうと思います。
今日も楽しく過ごしましょう。


↑このページのトップヘ