華丸先生の連絡帳

学校の先生の生活を豊かに 学校現場をもっと元気に 楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

学校の先生の生活を豊かに
学校現場をもっと元気に
楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

カテゴリ: 教員の日常

お誕生日会は楽しいけど、先生「ありがとう」にはならない

 お誕生日会を学活でする学級があります。低学年の子どもの目が輝く瞬間です。
「楽しい」もっと毎月してほしい。
授業はなくなる。遊んで過ごせる。
先生が授業のやりくりをして、準備を指示すればするほど、子どもの不満ともっとお楽しみ会をしてほしいとなります。
これは、子どもにとって、受け身的で楽だからです。
YOU TUBEを見るが如く、自分から動かなくても得られるからです。
他の授業でもそうです。
先生が必死に授業をすればするほど、子ども達は評論家のようになってしまうことがあります。


先生に「ありがとう」、みんな「ありがとう」になるコツ

みんなに感謝ができる子どもにするコツ。
「ちょっと手伝ってくれる人いますか?」「どうすれば、もっと盛り上がるかな」
この言葉に反応する子どもからまずはじめます。
そして、手伝ってくれた子や自分から進んで取り組む子どもに「ありがとう」と伝えます。
先生の言葉に「やってみようかな」と思って手をあげた子どもたち。
そういった子どもたちから、主体的に活動できる環境を作ります。
この環境づくりに大切なことは「・・さんが、手伝ってくれたからこんなに・・・になったよ。ありがとうだね」と学級で紹介していくことです。
こうすることで、主体的に手伝って運営していく自立心が育っていきます。
また、周囲も不満を言わなくなります。
もし、不満を言えば
一生懸命取り組んでいる子どもをdisっていることになるからです。
自分は手伝いもしていないのに、人のことを言い続けると
周りの子どもも「人のことばかり文句いっている」と黙っていられなくなるからです。

感謝の仕方も教える時代

「ありがとう」といいなさい。と押し付けがましい言い回しでは、子どもに感謝の定着は難しいでしょう。
先生が子どもにサービスすることもおやめなさい。
子どもの力があろうとなかろうとほんの少しだけ、背伸びしてできることを主体的に取り組ませる。
頑張っている子どもをしっかりと先生がそっと支える程度で十分です。
先生が感謝を教えるのではなく、子どもに感謝する場面を多く作る。
「このタイミングやこういったことをしてくれたら、ありがとうと言えばいい」
学校で、ここまで教えるのか・・・と思います。
しかし、おしつけられない「感謝」は成長したときに大切な姿勢で重点を置く指導項目だと思います。

ブラック待遇の行く末

厳しい環境に晒され続けた教育現場の行く末は、不眠、精神疾患、自律神経の不調となりがちである。
環境改善に務めなかった管理職や教育委員会の問題。
一番不幸は、悩みを抱えながら教育指導に専念できない先生・管理職と関わる子どもたち

これは想像通りの帰結です
臨床心理士でベテラン教員である私が見通す妙案
教員、教育委員会、子どもの三方良しとなる方法でしょう。
それは、教員も教育委員会も長く悩まず次にすすめる方法です。

教員間の自治体間移動の活発化

自治体同士で教員の希望が双方あるときなど条件が合えば、他自治体に移動ができる教員交換の仕組みをご存知ですか?
退職金の情報などが引き継げる方法です。
私は、全国の自治体に教員仲間がポツポツといますから自治体ごとの待遇の違いを理解しています。
教育委員長の方針によっては、教員を立ててくれる自治体もあります。
そして、教員がその地域の教育方針に合う・合わないもあろうかと思います。
職場ごとの雰囲気による課題はあっても、転勤で解決することもあります。
教員の移動の流動化が進めば、自分のライフスタイルとして1年毎に動きたい教員や転勤年まで異動しない教員など自由度が増します。
待遇改善がすすまない自治体からは、教員がどんどん流出しよりよい教員を獲得しようとする市場競争が起きることでしょう。

教育委員会も管理・指導が楽です

 業務が待遇改善や指導改善に務めることに集中できます。意にそぐわない教員が自ら去ってもらえるほうが、教育委員会の意図にそぐうように指導をするよりも望ましい。待遇改善された自治体であればおのずから倍率があがり優秀な教員が増えることでしょう。管理職や個人を指導しても説得の失敗は、おおいなる不信感につながります。
教育委員会が意図する指導が100%叶う自信がないのであれば、他地域にうつってもらえるように流動化をすすめたほうが関係もなくなり、指導の必要がありません。

教育委員会・管理職を信頼して教育活動をする教員が増えた方が、子どもにとって幸せです

ブラック待遇・ブラック労働と騒ぎ立てて現場改善を訴えて活動すると何が起きるか。

子どもに関わりのないところで、大きく教員、教育委員会のリソースが消費される。

最悪だと思うのは、訴訟をして得られる金銭や処分。これが一体教える子どもたちに何の利益があるのでしょうか。弁護士を立てる資金も税金、そんなことをしている暇や資金があるのであれば、子どもたちに少しでもメリットのある活動にリソースを使うべきです。

せっかく、制度として残っている教員の自治体間移動です。
新たに制度設計をしなくてもこの仕組みを、拡充すれば市場原理によって待遇が変わっていく。
今こそ
教員、教育委員会、子どもの三方良しとなるように教員の流動化をすすめる好機です。

コロナ禍を無視して学習を着実にこなす

 最近、投資などに記事を傾けていました。コロナ禍の中では、教員の意見が分かれやすくトラブルになるため教育記事を差し控えてきました。コロナ禍を転機にオンライン教育を進めている学校も多くあります。私もすっかり洗脳されていました。
「オンラインで授業って、それ本気?」

NHKや教育youtuberと自分が教育することの違いがわかりません

 巨大な資源を投下したNHKのビデオと何百万円を稼ぎ出すために人的資源をかけているyoutuberと1教師の1時間のコンテンツは、圧倒的に前者であり私たち教員の負けもあるでしょう。
もしも、それ以上の授業をできているという欺瞞を持っているなら相当世間知らずかと思います。
自分を客観視出来ないのが教師。
オンラインでどうこうと学校単位でしているのは愚策です。システムエンジニアやアプリケーション開発担当などでチャットボットを作るニーズなどに答えられるわけはありません。
昔の校長先生が放送室でしていたテレビ放送のオンラインがせいぜいです。
運動会の別室視聴なんて10年前からありますし、目新しさもないことを堂々と述べることに私は教育の時間を割くことはできませんでした。

学校の教師の勝負は個々の子どもにあわせた支援である

 授業力と言うのであれば、塾や家庭教師などでしっかりと進学成果を上げてから語るべきです。

KPI(重要目標達成指標)として教師の進学指導実績は無視できません。私は、学生時代に塾や家庭教師で成果を上げてきたのでそのノウハウを使いながら個々の子供の支援にあたります。

漢字指導は学校教育指導のKPIの1つとして有用である。

 コロナ禍中で、学校教育の学力保障を誰でも担保できる方法があります。
それは、漢字指導を早めて指導することです。
できれば2学期中に漢字指導を終えておくこと
3学期は1年間の漢字の定着指導を繰り返します。
このことで、漢字学習を終えていないことや未定着のリスクを低減することができます。

目先のDXばかり追いかけないで、一番大切な子供に目を向けて、地味でも丁寧に指導してあげてください。

ベンジャミン・フランクリンの徳とは

13ある。そして3点目の徳を習得、4点目へ

マスターした徳目3.規律
時間を決める。
→残業したほうがいいかなぁ・・・。ではなく、必要な時に残り用事の時は容赦無く帰りました。
片付け→これは、1度だけですが大きく整理しました。もう少し増やしたいところ

徳目4.決断
何かをしようと決めること
運動を取り入れる
→コロナ対応のために子供と一緒に運動をする。
睡眠をしっかりとる
→部屋からパソコンやタブレットをどけたいところ

第1、2の徳とアファメーション

□挨拶と一言はしっかりする。
・体重管理
□自分や相手にとってメリットのある話だけをする。
アファメーションは
「私は、心に太陽を持っている」(人に対して寛容な気持ち、自信がみなぎりました。やった!)
「私は、雑談を短く言って終える」
 とします。
これは快調。睡眠と体重が苦手な模様です。 

無駄遣いも幸せ

 たまには、贅沢をして過ごす。
贅沢なものを食べる。贅沢な空間で過ごす。
私は、環境問題解決志向で生きています。
サトリ世代のような生活をしています。
しかし、環境問題解決=質素な暮らしではないはずです。

最近は日頃より大きく見栄を張って過ごしています。
節制も大切です。人間らしさって贅沢からも湧き出るものです。
贅沢できるのも、日頃節制しているおかげ。
これはこれで、楽しい。

近所の公園をただ歩くだけでも幸せ

 最近は、出勤途中で少し休憩をしてから職場に行きます。
秋の終わりを告げる落葉。
ちょっとした滝、川のせせらぎでのんびり朝食をとります。
京都なら何円するのだろう。
そのような価値が無料で手に入る。
これは、公務員や地域のボランティアさんの維持の努力のおかげです。
何もないように見えることでも、感謝に変わる。

親と生きる幸せ

いろいろ不自由な点がある親と生きる幸せ。
親の人を押し退けないやさしい性格は、老後自分がそうありたい姿
丁寧に老いる
大事なことです。

最高の教え子たちと過ごす幸せ

 本当に子どもと関わる仕事ができて幸せです。
私の人生は、親の老後や介護など絶対介護問題と人生は関わる。
しかし、子どものあの成長力や指導すればするほど跳ね返る価値は何事にも変えがたいものです。
教え子と過ごす幸せもラッキーです。

素敵な人たちと過ごす幸せ

 私が培った人間関係は、生きてきた証というほど粒揃い。
ただ、そこにいてくれるだけでもありがたい。
いろいろあっても、多くても少なくても大切ですね。

というわけで、毎日楽しく過ごしており、更新をサボっております。
すいません。

↑このページのトップヘ