華丸先生の連絡帳

学校の先生の生活を豊かに 学校現場をもっと元気に 楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

学校の先生の生活を豊かに
学校現場をもっと元気に
楽しく平和な毎日を過ごすためのブログ

カテゴリ: 教員の日常

no1



パソコンの場合、記事の最初か最後。スマホの場合したの方にある、ブログランキングとかかれている四角い箱(バナー)を押していただくと、ランキングがあがります。
押していただけると応援になります。
にほんブログ村とランキング(赤色のもの)を一つずつ適当に押していただけるとランクがあがりたくさんの人にみていただけます。

そして、今回 1位になりました。
ありがとうございます。

めんどくさいとは思いますが、押してくださった方本当にありがとうございます。
応援してくれたブログのみなさんにもリンクや紹介できっと伸びていくことになると思います。

御礼として、先日掲載許可を取れた記事内容を年末までに掲載することをお約束いたします。


 



白熱電球を用い、火事になりなくなる人がでるなど悲しい事件が起こりました。
では、LEDなら大丈夫なのか?そうではありません。
機器を使いこなすためには、失敗しておくことも大事な学習になることがあります。
エジソンは10000通りの失敗があったとしても失敗といわなかい。

私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。
私はプロアクティブとして事前に失敗する体験が大事だと思います。
10回は自分でまず失敗して、安全性を確認してから示すことができれば悲劇は防げました。
それだけ試せば、火事になることに気づいたはず。

そして私たちは、この悲劇を繰り返さないために科学を子どもたちに学ばせていく必要性を感じます。
さて、本題です。
発光ダイオードも(規定の電圧をこえると)電流が流れすぎると熱をもって壊れます。
発光ダイオードが点で接触しているので、大きな電流が流れると接触がなくなってしまうから壊れる。
インスタグラムの動画は色のうつりかわりを示しています。 
はじめ緑色
led01のコピー
 
 
だいだい色
led02のコピー

 
最後が赤色
led03

 
壊れるのは熱が原因

 初任者の指導にあたって何年も経ちます。
初任者が助けてほしいと思っても、
困っているのだけど、どういえばいいか自分でも分からない。」
「そもそも何を助けとして求めているかが分からない。」
という悩みを聞きます。

この話は、新任教員として赴任して1ヶ月ほど経ったころに聞きます。

人は新しい状況のときによくこの状態に陥るようです。

人は頼み方によって助けてくれます。

助けてほしい人も頼み方がわかれば、楽になります。

頼み方を複数考えても解決が難しければ・・・・

頼む人をかえること(どう解決できる専門家に知り合うのか)・考え方をかえること

このような要素をお助けの技術と命名したいと思います。このお助けの技術をつかって、読めば真似ができるようにかければと思います。
どの先生も悩む日常の問題にも活用していきたいと思います。 

↑このページのトップヘ